クリスタルの断章

    そのクリスタルは、無限とも思える情報を記録できる情報媒体だった。現代にこぼれ落ちた微細なかけらには、小説のようなものが記録されていた……。オリジナル小説ブログです。

    ブログ月刊誌「Stella」を読もう!

    ブログ月刊誌「Stella」を読もう!

    揃った実力派執筆陣!

    八少女 夕

    山西 左紀

    TOM-F

    ポール・ブリッツ


    通巻35冊の伝統!




    最新号はここから読めます。

    http://monthlystella.blog.fc2.com/


    奇数月初旬更新!

    無料!
    スポンサーサイト

    ▲PageTop

    日本ミステリ7位 本陣殺人事件 横溝正史

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

     小学生の時に春陽文庫版を押入れから掘り出して、夢中で読んだ。和様式の建築物や調度品の名前をよく知らない小学生には訳が分からない描写が多々あったが、謎の「三本指の男」の処理の仕方や、密室に使われた物理的トリックの面白さ、それになんといっても名探偵金田一耕助の魅力にすっかりやられてしまった。当時は「八つ墓村」と「犬神家の一族」が大ヒットしていて、金田一耕助には興味があったが、ホラー映画のような演出の映画は怖かったので見る気がしなかった。本なら大丈夫だろうと思って読んだら大丈夫だったが、これもすごかったなあ。なにしろ琴がコロコロシャンである。

     まあ基礎教養みたいなものだろうな、と思ってその後ひさしく読んでいなかったが、三十五年ぶりに再読してみることにした。

     面白かった。というよりもびっくりしたのが、横溝正史がこの小説において、「あれ」を読者に対して試みていたことである。戦前の作品で「あれ」をやっていた作品が記憶にないが、意図的に「あれ」を前面に押し出していたのはこれが初めてではないか。もしかしたら、横溝正史がほんとうにやりたかったのはディクソン・カーばりの密室トリックではなくて、「あれ」だったのではないだろうか。とすると、もし戦後の物資難がなく、紙の配給が潤沢にあって、この小説が初期構想通りの長さの長編として成立していたら、「あれ」に関する作者のこだわりも、もっと徹底していたかもしれない。はなはだ残念である。

     この「本陣殺人事件」をしみじみ読むと、たしかに「獄門島」がドラマの面ですさまじい傑作に思えてくる。「本陣殺人事件」も「獄門島」も、どちらも殺人の動機が変、というか少々イカれているのだが、それにリアリティを持たせる、あるいは不自然さを隠蔽するためにはこれくらいの日本の恐怖の閉鎖社会ぶりを利用しなければならなかったのだろう。

     つくづく時代の理不尽さを考えさせられる。太平洋戦争時の政府による「探偵小説の禁止」がもたらした、ミステリに対する異様なまでの飢餓感が本書と「蝶々殺人事件」と「獄門島」に結実したのだとする論理は正しいと主張するのと同じ論法で、今のアニメ・漫画・ゲームに対する表現規制法の動きを弁護する人物が今後出てくるかもしれない。理性はそんな表現規制の無意味さとバカバカしさを理解できるのだが、現にこういった戦後初期の名作・傑作群のタイトルを眺めると……。いや、あの戦争と人心の荒廃がなかったら、現代のミステリはもっと多様でもっと豊饒な世界を作っていたに違いないのだ。あの「失われた数年間」を、アニメや漫画という違いはあれど、今の日本で繰り返す愚はなんとしてでも避けたいものである。日本人の悪癖で、一度規制が入ると自分から、想定の範囲を超えて、徹底的に規制を遵守してしまうからなあ……。

    ▲PageTop

    イベント参加のお知らせ

    懇願

    来る10月15日、土浦市の亀城プラザで「亀城祭(仮)」にサークル参加いたします。

    スペース№35「クリスタルの断章」です。

    エドさんのコピー誌をぼそぼそと売ります。

    ポール・ブリッツの面が見たいという、行動半径内に土浦市が入っている方はぜひいらしてください。

    展開次第では夜にでも飲みましょう(←脂肪肝だろお前)

    詳しくはこちら

    http://kijosai.mikosi.com/top.html (PC)

    http://kijosai.mikosi.com/topm.html (モバイル)

    ▲PageTop

    日本ミステリ6位 ドグラ・マグラ 夢野久作

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)


     高校生のころに一度読了し、わかったつもりでいた。それから何度か挑戦しかけてはやめていたが、今回ずいぶんとひさしぶりに読了。

     読んでみると、1935年、昭和十年に書かれたとは思えない恐ろしいまでの社会派ハードSFであった。しかもことは精神医学である。そこでハードSFをやってしまうのである。夢野久作という作家が、本当に百科事典を読んでの独学だけでこれを書いたのならば、たとえ完成まで十年かけたとしても、その科学的・哲学的センスは、とても余人の及ぶところではない。小栗虫太郎と並んで称されるが、小栗虫太郎は徹底的に「詩人」だったのに対し、夢野久作は自分は認めなかったであろうが「SF作家」であった。本作「ドグラ・マグラ」には、たしかに荒唐無稽なところはあるが、「支離滅裂」なところはひとつも存在しない。すべてのパーツが、ひとつひとつ計算された場所に落ち着き、あとは「あなたはこの『事実』を認めるか、どうか」という決断を読者に求めてくる。

     読者を選ぶ小説であることは確かだ。この「ドグラ・マグラ」は、遠くデカルトを悩ませた「自分が今夢を見ていないとどうしていえるのか」という哲学的な疑問を「リアルなもの」として「真剣に」考えたことがない人間には、面白くもなんともあるまい。夢野久作は、この難問を解くために、ありとあらゆる手段を講じる。それは、「狂人の解放治療」と「精神医学批判」という(おそらく、フランスの医師で精神病院改革者のフィリップ・ピネルの影響だろう。百科事典で読んだのだろうか)科学的な道具だてであり、「胎児の夢」「脳髄論」という、驚嘆すべきハードSF的アイデアであり、この問題に取りつかれた人々の苦悩それ自体である。

     夢野久作がこの問いを完全に解いたかといわれれば、それは無理だといわざるを得ない。だが、夢野久作は自分の問いを明確にすることには成功した。「我々の認識しているこの世界が、ひとつの『ブウウウーン…』に還元され得ないということは証明可能か」という問いである。

     まあ、そういう小説なのだからしかたがない。これは、ひとりの人間が、その問いに対し、ミステリという手法を使って、認識自体をひとつの『ブウウウーン…』に還元してみせた実験の詳細な記録である。この実験がもたらした結論は驚くべきものである。その内容が知りたかったら、角川文庫の表紙イラストにもめげず、この上下巻一五〇〇枚の長編に取り掛かってもらいたい。ちなみに伝説的な煽り文句の「本書を読んだものは一度は精神に異常をきたす」というのは大嘘である。「精神に異常をきたすタイプの人間はこの小説を好む傾向にある」というだけだ。健闘を祈る。

    ▲PageTop

    日本ミステリ5位 黒死館殺人事件 小栗虫太郎

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

     犯人の名前まで思い切りネタバレしています。未読の人は心せよ。

     中学生のころ創元の「小栗虫太郎集」で読んだのが最初。当時、さっぱりワケがわからず、ミステリじゃなくてファンタジー小説ではないか、と思った。しかしこいつはそのまま忘れてしまえるような軟弱な作品ではなく、それから二十年後、病気がひどいときに図書館で借りて読んだ。すると、意外と面白かった。なんだ、普通の謎解きミステリじゃないか、と思ったのだ。それから何回か読んだ。家で使っている電子辞書の「書籍」に、この小説も全文収録されていたのだ。青空文庫おそるべしである。

     あるときはバカミス、ある時はホラーと、読むたびに様々な色合いを呈してくれて、まあよくも小栗虫太郎という作家はこんな変な話を書いたものだと思っていたが、今回の企画でまた再読し、そこで新たな面を見出した。

     この小説、「ラブロマンス」じゃないのか。

     一度そう思い出すともう止まらない。この小説は、紙谷伸子という、奥底に得体のしれないデモーニッシュななにかを抱えた女に魅了されてしまった名探偵法水麟太郎が、なんとか彼女を呪われた屋敷と殺人の連鎖と絞首台の運命から解放しようと、ありとあらゆるペダントリーと詭弁を駆使したものの、伸子の暴走を止めることはできず、名探偵の生涯を賭けた忍ぶ恋は不発に終わりました、という悲恋物語なのである。だって常識的に考えたらごく最初の時点で、犯人は伸子以外にいないことが誰にだってわかりそうなものじゃない。ワトスン役にだってわかるんだもの、名探偵が気付かないわけがない。もうこれは恋だ。恋に目がくらんだ名探偵は、司直の手から愛する伸子を守るため、詭弁、詭弁、詭弁の連鎖によって、確信的に事件を複雑化させ、サボタージュを試みたのだ。よく、超論理、なんていわれるけれど、当たり前だよわざとやってるんだもの。しかし伸子は法水の配慮に気づいてるんだか気づいてないんだか、己が血の衝動に基づいて、次から次へとヘンテコリンな殺人を繰り返すという始末。なんとかソフトランディングできるかな、とひと安心したところで次の犠牲者が死ぬことの繰り返しには、法水麟太郎、ほんとうに頭を抱えたと思う。伸子犯人説に固執する支倉検事や熊城捜査局長からはイヤミをいわれるし、真実だから抗弁もできず、必死に話題をそらそうとする法水の努力には涙を禁じ得ない。結末、せめてもの思いで伸子の名誉だけは守ってやろうとする法水麟太郎、あんた、頭でっかちのインテリだけど、男だねえ。

     そんな読み方も許容することからも、確かにこれは古典だ。また暇ができたら読もう。

    ▲PageTop

    自炊日記・その69(2017年9月)

    自炊日記(ノンフィクション)

    9月1日

     朝食のメニュー
     トースト
     ソーセージ
     野菜炒め
     プルーン
     チーズ
     ミルクティー
     ヨーグルト
     いちじく
    DSC_0519_20170930200218438.jpg

     昼食のメニュー
     塩むすび
     おから
     中華サラダ
     冷ややっこ
    DSC_0520_201709302002202e1.jpg

     夕食のメニュー
     米飯
     ステーキ
     温野菜
     生野菜サラダ
     スープ
    DSC_0521_201709302002217ac.jpg

    9月2日

     朝食のメニュー
     トースト
     ソーセージ
     ザワークラウト
     野菜炒め
     プルーン
     チーズ
     ミルクティー
     ヨーグルト
     ブルーベリー
    DSC_0522_20170930200223101.jpg

     昼食のメニュー
     かきめし
     味噌汁
     寿司
    DSC_0523_20170930200224953.jpg

     夕食のメニュー
     都内の中華料理屋で餃子などをたらふく

    9月3日

     朝食のメニュー
     トースト
     ハムサラダ
     チーズ
     プルーン
     ミルクティー
     ヨーグルト
     ブルーベリー
     りんご
    DSC_0524_201709302002258a0.jpg

     昼食のメニュー
     チャーハン
     味噌汁
     ローストチキン
     生野菜
     まくわうり
     いちじく
     とうもろこし
    DSC_0525_2017093020022872c.jpg

     夕食のメニュー
     うな丼
     味噌汁
     焼きなす
     生野菜
    DSC_0526_201709302002286af.jpg

    9月4日

     朝食のメニュー
     カップ焼きそば
    DSC_0527_2017093020022976d.jpg

     昼食のメニュー
     会社でデンジャラスなお弁当

     夕食のメニュー
     麻婆豆腐
     小ライス
     スープ
    DSC_0528_20170930200231e94.jpg

    9月5日

     朝食のメニュー
     米飯
     味噌汁
     レバー炒め
    DSC_0529_20170930200232914.jpg

     昼食のメニュー
     カップ焼きそば
     低脂肪乳
    DSC_0530_2017093020023453e.jpg

     夕食のメニュー
     米飯
     味噌汁
     冷ややっこ
     レバー炒め
    DSC_0531_20170930200322729.jpg

    9月6日

     朝食のメニュー
     カレーライス
    DSC_0532_20170930200323d01.jpg

     昼食のメニュー
     カレーライス
     冷ややっこ
    DSC_0533_20170930200325bd7.jpg

     夕食のメニュー
     カレーライス
     低脂肪乳
    DSC_0534_20170930200326152.jpg

    9月7日

     朝食のメニュー
     カレーライス
    DSC_0535_20170930200328fe1.jpg

     昼食のメニュー
     カレーライス
    DSC_0536_20170930200329bd8.jpg

     夕食のメニュー
     そうめん
    DSC_0537_20170930200331de5.jpg

    9月8日

     朝食のメニュー
     カップ焼きそば
    DSC_0538_201709302003327a7.jpg

     昼食のメニュー
     そうめん
    DSC_0539_20170930200334809.jpg

     壁に血液検査結果を張り出す。
    DSC_0540_2017093020033548f.jpg
     
     夕食のメニュー
     米飯
     味噌汁
     エビチリ
     ゴーヤ炒め
     きゅうりとくらげの和え物
     大根と練り物の煮物
     きんぴらごぼう
     浅漬け
    DSC_0541_20170930200337d46.jpg

    9月9日

     朝食のメニュー
     トースト
     ソーセージ
     野菜炒め
     チーズ
     プルーン
     ミルクティー
     ヨーグルト
     桃
    DSC_0545_20170930200338847.jpg

     昼食のメニュー
     冷やし中華
     まくわうり
    DSC_0546_201709302003405c5.jpg

     夕食のメニュー
     レバーの四川風炒め
     小ライス
    DSC_0547_20170930200341280.jpg

    9月10日

     朝食のメニュー
     トースト
     ハムサラダ
     プルーン
     チーズ
     ミルクティー
     ヨーグルト
     りんご
    DSC_0548_20170930200343869.jpg

     昼食のメニュー
     そうめん
     天ぷら
     ゆで卵
     桃
    DSC_0549_20170930200503dbf.jpg

     夕食のメニュー
     米飯
     味噌汁
     マグロ刺身
     焼きなす
     ゴーヤ炒め
     梨
    DSC_0550_201709302005042bc.jpg

    9月11日

     朝食のメニュー
     弁当
     レモンティー
    DSC_0551_20170930200505343.jpg

     昼食のメニュー
     会社でデライトフルなお弁当

     夕食のメニュー
     野菜炒め
     小ライス
     スープ
    DSC_0552_2017093020050866e.jpg

    9月12日

     朝食のメニュー
     シチューかけご飯
    DSC_0553_20170930200508a6b.jpg

     昼食のメニュー
     シチューかけご飯
    DSC_0554_201709302005108cd.jpg

     夕食のメニュー
     シチューかけご飯
    DSC_0555_20170930200511afd.jpg

    9月13日

     朝食のメニュー
     シチューかけご飯
    DSC_0556_20170930200513252.jpg

     昼食のメニュー
     シチューかけご飯
    DSC_0557_20170930200514741.jpg

     夕食のメニュー
     シチューかけご飯
     ツナ缶
    DSC_0558_2017093020051754c.jpg

    9月14日

     朝食のメニュー
     焼きおにぎり
     ツナ缶
    DSC_0559_20170930200518c7b.jpg

     昼食のメニュー
     焼きおにぎり
     低脂肪乳
    DSC_0560_2017093020051968b.jpg

     夕食のメニュー
     回転寿司屋で優雅な458円

    9月15日

     朝食のメニュー
     ヨーグルト
     りんご
    DSC_0561_20170930200520560.jpg

     昼食のメニュー
     焼きおにぎり
     低脂肪乳
     ツナ缶
    DSC_0562_20170930200522d63.jpg

     夕食のメニュー
     米飯
     味噌汁
     さんま塩焼き
     ゴーヤ炒め
     お浸し
     きんぴらごぼう
     トマト
    DSC_0563_20170930200523c23.jpg

    9月16日

     朝食のメニュー
     塩パン
     ハムサラダ
     チーズ
     イチジクの砂糖煮
     ミルクティー
     ヨーグルト
     りんご
    DSC_0564_20170930200526221.jpg

     昼食のメニュー
     かつ重
     味噌汁

     夕食のメニュー
     米飯
     味噌汁
     イワシの包み揚げ
     焼きなす
     冷ややっこ
     ゴーヤ炒め
     ぶどう
    DSC_0565_201709302005275cc.jpg

    9月17日

     朝食のメニュー
     トースト
     ソーセージ
     野菜炒め
     プルーン
     チーズ
     ミルクティー
     ヨーグルト
     りんご

     昼食のメニュー
     サイゼリヤで豪華なミラノ風ドリア
    DSC_0566_20170930200528aea.jpg

     夕食のメニュー
     とんかつ弁当
     味噌汁
     トマト
     水まんじゅう
    DSC_0567_20170930200529bac.jpg

    9月18日

     朝食のメニュー
     弁当
     ダイエットペプシ
    DSC_0568_201709302005318ef.jpg

     昼食のメニュー
     会社でありがたいありがたいお弁当

     夕食のメニュー
     野菜炒め
     小ライス
     スープ
    DSC_0569_20170930200616b37.jpg

    9月19日

     朝食のメニュー
     天かすうどん
    DSC_0570_20170930200617db8.jpg

     昼食のメニュー
     そうめん
    DSC_0571_20170930200619ff0.jpg

     夕食のメニュー
     麦とろ定食
     コロッケ
    DSC_0572_201709302006208df.jpg

    9月20日

     朝食のメニュー
     焼きおにぎり

     昼食のメニュー
     天かすうどん
    DSC_0573_201709302006223ac.jpg

     夕食のメニュー
     かつ丼

    9月21日

     朝食のメニュー
     カレーパン
     ダイエットペプシ
    DSC_0574_20170930200623b83.jpg

     昼食のメニュー
     天かすうどん
    DSC_0575_20170930200625531.jpg

     夕食のメニュー
     米飯
     味噌汁
     納豆
     レバー炒め
    DSC_0576_20170930200626883.jpg

    9月22日

     朝食のメニュー
     米飯
     味噌汁
     納豆
     レタスのサラダ
    DSC_0577_20170930200628837.jpg

     昼食のメニュー
     天かすうどん
    DSC_0578_20170930200629bd1.jpg

     夕食のメニュー
     米飯
     味噌汁
     納豆
     レタスのサラダ
    DSC_0579_201709302006312ba.jpg

    9月23日

     朝食のメニュー
     焼きおにぎり
    DSC_0580_20170930200632971.jpg

     昼食のメニュー
     スパゲティナポリタン
    DSC_0581_20170930200634c67.jpg

     夕食のメニュー
     米飯
     味噌汁
     お惣菜
     アジの南蛮漬け
     トマト
    DSC_0582_201709302006358d2.jpg

    9月24日

     朝食のメニュー
     トースト
     ソーセージ
     野菜炒め
     チーズ
     プルーン
     ミルクコーヒー
     ヨーグルト
     マンゴー
     りんご
    DSC_0583.jpg

     昼食のメニュー
     チャーハン
     味噌汁
     サラダ
     梨
     おはぎ
    DSC_0584_20170930200638d71.jpg

     夕食のメニュー
     炊き込みご飯
     味噌汁
     焼きなす
     ゴーヤ炒め
     しめさば
     ぶどう
    DSC_0585_201709302006402e0.jpg

    9月25日

     朝食のメニュー
     カップ麺
    DSC_0586_20170930200641db0.jpg

     昼食のメニュー
     会社でマーベラスなお弁当

     夕食のメニュー
     焼きそば
    DSC_0587_201709302008531af.jpg

    9月26日

     朝食のメニュー
     冷製スープ
     ドリア
    DSC_0588_201709302008546e7.jpg

     昼食のメニュー
     かつ丼
    DSC_0589_20170930200857647.jpg

     夕食のメニュー
     米飯
     味噌汁
     塩鮭
     大根と練り物の煮物
     ゴーヤ炒め

    9月27日

     朝食のメニュー
     トースト
     野菜炒め
     ソーセージ
     プルーン
     チーズ
     ミルクコーヒー
     ヨーグルト
     りんご 

     昼食のメニュー
     焼きそば
    DSC_0590_20170930200858dc1.jpg

     夕食のメニュー
     天とじ丼
    DSC_0591_20170930200859107.jpg

    9月28日

     朝食のメニュー
     スパゲティナポリタン
    DSC_0592_20170930200900bbc.jpg

     昼食のメニュー
     焼きそば
    DSC_0593_20170930200902e26.jpg

     夕食のメニュー
     米飯
     味噌汁
     マグロ刺身
     ゴーヤ炒め
     フライ
     大根の煮物
     栗の渋皮煮
     ぶどう
    DSC_0594_20170930200903bdc.jpg

    9月29日

     朝食のメニュー
     トースト
     ソーセージ
     ザワークラウト
     野菜炒め
     プルーン
     チーズ
     ミルクコーヒー
     ヨーグルト
     梨
    DSC_0595_201709302009052df.jpg

     昼食のメニュー
     会社で有意義なお弁当

     夕食のメニュー
     米飯
     ステーキ
     スープ
     温野菜
     生野菜サラダ
     ラッキョウ漬け
     ぶどう
    DSC_0596_201709302009061b6.jpg

    9月30日

     朝食のメニュー
     トースト
     野菜炒め
     目玉焼き
     プルーン
     チーズ
     ミルクティー
     ヨーグルト
     りんご
    DSC_0597_201709302009080c9.jpg

     昼食のメニュー
     うどん
     梨
     柏餅
    DSC_0598_201709302009099ea.jpg

     夕食のメニュー
     うな丼
     味噌汁
     お浸し
     ぶどう
     栗の渋皮煮
    DSC_0599_201709302009119a3.jpg

    ▲PageTop

    日本ミステリ4位 不連続殺人事件 坂口安吾

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

     徹底的にフェアプレイを貫いた謎解きミステリのひとつの到達点。奇抜な物理的トリックもなければ、時刻表も関係しない、読者に名探偵と同様の分析力と判断力さえあれば、誰にでも犯人を指摘することができる小説なのだが、残念なことに読者は名探偵のような頭脳を持ってはいない、ということを痛烈に思い知らせてくれる小説。

     読むのはこれで何度目だろうか。最初に読んだのは小学生の時で、わけも分からず読み、名探偵巨勢博士の推理をふむふむと聞くだけだった。次に読んだのは中学生の折である。創元の坂口安吾集で読んだが、そのときは犯人を知っていたので、むしろ稚気たっぷりの安吾の毎回の読者への挑戦の方が面白かった。その後「堕落論」に魂を震わせては読んで、「風博士」ににやにやしては読んで、まあ何度となく読んでいる。

     今回腰を据えて読み直してみると、作者の入念なまでのフェアプレイぶりと、偽の手がかりのばらまきかたとに感動してしまった。作者の坂口安吾本人が語るとおり、論理的に考えると解くことができるが、「消去法では絶対に解けない」ミステリなのである。それでいて伏線は目に見えるように堂々と張っていて、巧妙に突いてきた心理的な盲点が明かされたときの、世界が逆転して見えるかのような爽快感は、ミステリファンのみが味わえる興奮体験である。

     登場人物は奇人変人ぞろい、誰が誰を殺してもおかしくない状況で着々と犯人の計画が進んでいくところのブラックなユーモアとサスペンスは、「獄門島」を凌駕するのではないかと思えてならない。現に、第2回日本探偵クラブ賞を、「獄門島」と競り合った末に受賞している。

     この「不連続殺人事件」があまりにも出来が良すぎたせいか、小学生の時に押入れから掘り出して読んだバージョンでは、安吾のその他の推理短編も収められており、長いこと「坂口安吾という人は論理的なミステリを書くタイプの推理小説作家なんだ」と信じて疑わず、文学全集で「桜の森の満開の下」を読んだときは、その幻想性とわけのわからなさに頭を抱えてしまった懐かしい思い出もあるが、今考えてみれば、「不連続殺人事件」のような推理パズルを作れるだけの論理的な思考能力がなければ、真に幻想的な世界というものは作れないのではないだろうか。そんな感じがする。

     現在、青空文庫で出回っているバージョンには、先ほども書いた、安吾が雑誌連載時に書いた読者への挑戦状エッセイも含まれているため、推理に飢えている未読の方は、挑戦してみてはいかがだろうか。安いし。

    ▲PageTop

    「ダンケルク」見てきた

    映画の感想

    IMAXで見た。

    感想。

    死ぬかと思った。

    ウンコちびりそうになった。

    戦争怖い。死ぬ。


    そういう「戦争体感映画」である。「ハート・ロッカー」なんぞとはモノも覚悟も違う。

    もう一度見たいけど、

    もう一度見たら死ぬ。

    ▲PageTop

    日本ミステリ3位 点と線 松本清張

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

     最初に読んだのは中学生の時か。意外と面白かったのを覚えているが、そのころには新潮文庫の「張込み」にある短編を読んでいたので、印象としてはそちらのほうが強かった。「顔」「鬼畜」「声」「地方紙を買う女」「一年半待て」……どれも読後感がヘビー級だったなあ。

     ひさかたぶりに再読。意外と面白かったが、物語としての読後感は、「長い短編」というところであった。これは、作品のほとんどが刑事によるアリバイ崩しの描写に充てられており、崩しては壁、崩しては壁という面白さはあるものの、「犯罪を犯すまでに追い詰められた人間があがきにあがく、そのあがきぶりを執拗にまで描く」という、本領である物語作家としての松本清張色が希薄なゆえではないか。この小説の人気が高いのも、その「アクの薄さ」ゆえに「程よい味」になっているからだろう。読みやすい作品なのだ。

     それにしても「四分間」というトリック、トリック自体としてはあまりにも不自然で『意図がありありと見えすぎる』欠陥があると思っていたが、読み直してみるとそうではないことに気づいた。あれは「存在することすら気づかれないことを目的に作られた」トリックなのだ。そう考えると、ごく平凡な日常を過ごしていると、その日常の中に埋没して、誰からも気づかれないでいる、という、松本清張の描く犯人らしいトリックである。裏を返せば「気づかれた時点でアウト」であり、あの四分間に命を懸けた犯人は、あまりにも捨て身にすぎる。殺人というハイリスクハイリターンもいいところのぎりぎりの戦いに、ある意味脆弱すぎるトリックで挑まなくてはならない理由も思い浮かばないが、当時の戦後復興のただなかの日本人としてはリアリティがあったのだろう。「四分間」の後に続く日本を縦断してのアリバイトリックとアリバイ崩しは、面白いことは面白いのだが、なんというか、『消化ゲーム』の色合いが強いような感じを受けた。それほどまでに、「四分間」は秀逸ではあるが異常なトリックである。そこだけ別な小説のような雰囲気すらする。

     もしかしたら、松本清張はこの「四分間」を、「短編」に使うつもりだったのではないだろうか。「短編」として使いあぐねた結果、『点と線』という「長い短編」として完成させたのではないだろうか。犯人側の描写が非常にあっさり目なのは、本来は「短編」の登場人物だったからではないか。そんなことを考えるのは短編好きとしてのバイアスがかかっているのかもしれない。

     読後のなんともいえないもやもや感も含めて、松本清張らしいのではあるが、かなりライトだ。「けものみち」とか、人間の権力欲と金銭欲と色欲と、猖獗を極める社会悪に憤る松本清張のダークでヘビーな話を読みたくなってきた。でもまずはその前に、読みかけの松本清張の伝奇小説巨編「西海道談綺」を読まなくちゃなあ……。

    ▲PageTop

    しばらくミステリの感想記事のみになります

    その他いろいろ

    よその小説サイトで別PNで、「ポールさんとうとう頭がおかしくなったんじゃないか」とでもいうような作品を書いて新人賞狙ってます。

    昔と比べてそれほど頭がおかしくなっているわけじゃないので安心してください。

    というわけで、小説の更新休みます。

    ▲PageTop

    Menu

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    FC2ブログランキング

    ランキング

    アルファポリス「第9回 絵本・児童書大賞」にエントリーしました。 どうぞ読んでいってくんなまし。

    カウンター

    おきてがみ

    検索フォーム

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード