FC2ブログ

    更新履歴

    さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2011年04月  】 

    紅蓮の街 第三部 12-4

    第三部 殺戮の春

    2011.04.05 (Tue)

      ナミは指を空に突き出し、風を読んだ。「『セラーラの恵み』よ……明日は強い南風が吹くわね」 船は終末港を取り囲む暗礁地帯に近づこうとしていた。勘と技術とで、夜間にもかかわらず狭い暗礁の入り口を越えようというのだから、その度胸のよさと自信はたいしたものだとしかいいようがなかった。 ナミが鼻歌でも歌うように、節をつけてひとことつぶやくのが、ゲイロの耳にも入ってきた。「あたしの舌には毒がある……」 ナミはふ...全文を読む

    PageTop▲

    紅蓮の街 第三部 12-3

    第三部 殺戮の春

    2011.04.04 (Mon)

      ゲイロは舟を小型艇……もとはイルミール家のものだったものを、飢饉前にいささかの金貨で買ったものだったが……に横付けした。 これまで、ナミが隠れていたのも、この小型艇の中だった。歯を食いしばるような冷気さえ我慢すれば、この小型艇は隠れるのに絶好の存在だった。 自分の明日食べる食物すらわからない状況において、浜辺にある無数の小型艇の場所がちょっとばかり動いたところで、誰が気にするというのであろうか? 後...全文を読む

    PageTop▲

    紅蓮の街 第三部 12-2

    第三部 殺戮の春

    2011.04.03 (Sun)

     「ゲイロ」 ナミは、全てを見透かしたような声でこのスワルヴェ族の男にいった。「あたしを疑うのなら、その腰の剣であたしを襲ってみたら?」 ゲイロはナミを見、その殺気を感じ、ぶるぶると首を振った。「それでいいのよ」 ナミは殺気を消した。 ゲイロは額にじっとりと汗が浮かんでくるのを感じた。「舟をこぎなさい。余計なことを考えたりしないで」「ナミ様」 ゲイロはいった。「お聞きしてもよろしいですか?」「なによ...全文を読む

    PageTop▲

    紅蓮の街 第三部 12‐1

    第三部 殺戮の春

    2011.04.02 (Sat)

     12 ナミは上機嫌だった。 夜の闇の中、揺れる小舟の上で、ゲイロはそんな主人……いや、君主のそばにものもいわずに控えていた。「わかっているわね」 ナミの言葉に、ゲイロはうなずき、なめらかな帝国共通語で答えた。「わかっております、ナミ様」 ゲイロは艪を一突きして、小舟を岸から離した。向かう先は、停泊中の小型艇である。そこには、すでに同族、いや、意を同じくする同志たちの何人かが乗り込んでいた。 それに乗...全文を読む

    PageTop▲

    卯月 朔さん誕生日おめでとうショートショート!

    ささげもの

    2011.04.01 (Fri)

      ぱぁん! クラッカーが鳴った。 テーブルの上には、大きな、贅をこらしたフランス風のチョコレートケーキ、ブッシュ・ド・ノエルが置いてある。 教育者としてだけでなく、家政婦としてもパーフェクトな仕事をこなす、範子いうところのミス・バカロレアの異名をとる宇奈月家専属の家庭教師、大上先生の魂のこもった舌もとろけるようなケーキであった。 ホールと見まごうがごとく広い部屋には、紅恵高校もと2‐A、4月の始業式...全文を読む

    PageTop▲

    まあそりゃあそうである

    その他いろいろ

    2011.04.01 (Fri)

     花園大学と京大のチームが、「低コストの革新的な冷房技術の開発に成功した」というのは、「四月馬鹿の大ウソ」ですから!というか、「心頭を滅却すれば火もまた涼し」くらいの言葉は、常識だろうおい(笑)。ちなみに作ったもとの四月馬鹿ウソニュース。ダマされた人は……いないだろうなあ……今年ははじめからギャグ狙いだからなあ……。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~酷暑の夏に低コスト新冷...全文を読む

    PageTop▲

    紅蓮の街 第三部 11-4

    第三部 殺戮の春

    2011.04.01 (Fri)

     「そうであることを願います」 エリカの答えを聞き、ナミは満足そうにうなずいた。「さ、ふたりとも」 アクバとガスはのろのろと、ナミとゲイロを先導してバルテノーズ邸の廊下を歩き出した。「ナミ」 ガスがいった。「なあに?」「お前がいっていた、終末港の外に陣取っているとかいう第十三軍団、あれ、お前のついた嘘だろう?」 ナミは口の端を軽く上げた。「そう思いたいのなら、そう思ってもいいわ。すべては明日、陽が昇...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2011年04月   ««    翌月

    Menu

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    FC2ブログランキング

    ランキング

    アルファポリス「第1回 ホラー・ミステリー大賞」にエントリーしました。 どうぞ読んでいってくんなまし。

    カウンター

    おきてがみ

    検索フォーム

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード