FC2ブログ

    更新履歴

    さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2012年05月  】 

    なにが面白いのかわからない

    その他

    2012.05.05 (Sat)

     「ああ、君の小説だけど」 その編集者は、ばさっとぼくの原稿をテーブルに投げた。「どこが面白いのかさっぱりわからない」 ぼくは下を向いていた。「人間が描けていないんだ、人間が。人間に合わせる焦点がぼけているから、面白いことをしたと、仮に、だよ。仮に、面白いことをしたとしても、それが読む人間にまったく伝わってこないんだ。わかる?」「はあ……」「はあじゃないよ。で、肝心のストーリーも平坦。一本調子。メリハ...全文を読む

    PageTop▲

    わらしべ長者

    ユーモア

    2012.05.04 (Fri)

     (注意!)このショートショートの内容は、正常な神経を持つかたにとっては不快感を与えるものを含んでいる可能性があります。もし、コミケ、オタク、同人誌などに拒否反応を示されるようであれば、お読みにならないことをお勧めします。作者 即売会が終わった。おれは、手元に残ったチラシを手に取った。「一枚余っちまったな」 おれは、そのチラシを、隣で本を売っていたサークルの人に渡した。「あの、よかったら、これもらっ...全文を読む

    PageTop▲

    必要

    SF

    2012.05.03 (Thu)

      おれはとぼとぼと、自分の住むアパートから歩み出た。段ボール箱を抱えていたのは、別に夜逃げするわけじゃない。箱の中には、重くて固い原稿用紙が山ほど入っていた。どれもこれも、おれが描いた漫画の原稿だった。 何度出版社に持ち込んでも、ダメだった。ダメなままおれは三十路を越した。バイトで生計を立てながら、漫画を描いてはいたものの、ここらへんで覚悟を決めないと、おれは後戻りのできない身体になってしまう。 ...全文を読む

    PageTop▲

    日常のひとコマ

    SF

    2012.05.02 (Wed)

      何気なく過ごしているこの日常。しかし、見えているものだけが正しいのだろうか? そう書いて、ぼくは、うむむとうなった。モダンホラーというか、日常に不意に現れる奇妙なものをクローズアップした小説を書いてはネットに上げているのだが、こうして文章にすると、手垢のついた古くさいものに思えてしまう。これなら、安っぽいテレビドラマのイントロを聞いていたほうがはるかにマシだ。 ぼくは、「見えている」を消した。 ...全文を読む

    PageTop▲

    この村に電話はこれしかない

    ユーモア

    2012.05.01 (Tue)

      知る人ぞ知る秘湯を求め、山奥の過疎の村を旅行中におれは自動車事故を起こした。居眠りしたのか立ち木に突っ込んだのだ。 おれは無事だったが、妻のほうはひどいものだった。自動車はもっとひどく、廃車にするしかなかったが、妻のほうが心配だ。「骨折に伴う深刻な内出血じゃな。早く手術なりなんなりせんと、遅かれ早かれ腹膜炎じゃ」 といって、村にひとりしかいないという医者の老人は聴診器を置いた。途方に暮れるおれの...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2012年05月   ««    翌月

    Menu

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    FC2ブログランキング

    ランキング

    アルファポリス「第1回 ホラー・ミステリー大賞」にエントリーしました。 どうぞ読んでいってくんなまし。

    カウンター

    おきてがみ

    検索フォーム

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード