更新履歴

    さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    2014 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 06

    【  2014年05月  】 

    夢鬼人 ノゾミ 2-1

    夢鬼人

    2014.05.31 (Sat)

      2 ノゾミ ぼく、青啓高校二年生である西連寺望は、生まれてから十六年という短い年月の中で、それなりにさまざまな人間を見てきた。 しかし、その中でも、迫水のおじさん……迫水さんのお父さんである武博さんほど振幅が激しい人は見たことがない。「あきらあっ!」 武博さんは顔をぐしゃぐしゃにして、涙を流しながら、愛する娘に抱きついていた。「さびしいぞおっ、おとうさんはさびしいぞおっ」「わかったから、父さん、離...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 アキラ 1-4

    夢鬼人

    2014.05.30 (Fri)

      ぼくは地上に放り出された金魚のように、口をぱくぱくさせた。「と、父さん……本気でいってるの?」「迫水のおじさん、うちの時形流は」 ぼくと西連寺くんは抗議したが、父さんはぴしゃりとはねつけた。「晶、お前には、小さな池ではなく大海が必要だ。学校のようなものではなく、もっと広く深く危険な海が」「でも……」「そこを泳ぎきるための術はもう伝えてあるはずだ。鹿澄夢刀流目録。それさえあれば、たいていのことには対処...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 アキラ 1-3

    夢鬼人

    2014.05.29 (Thu)

      西連寺くんが、座りなおしたぼくにささやいた。「なにが起こったの?」 ぼくもささやき返した。「高木さんの隙に、父さんが視線で攻撃をかけたんだ。それも何十度も……何百度も」 あるレベルを超えた人間になると、視線を交わすだけで、互いの腕がわかるものだ。ぼくにはふたりの間で交わされた攻防が見えた。父さんの攻撃の前に、高木氏はなすすべもなく、一方的にやられていた。あれだけ殺気を受けたら、高木氏でなくても脂汗...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 アキラ 1-2

    夢鬼人

    2014.05.28 (Wed)

      ぼくは二、三秒の間、いったい相手がなにをいっているのかわからなかった。脳細胞が言語を噛み砕いて理解するまでそのくらいかかったのだ。これが真剣勝負の場なら、ぼくは一刀のもとに両断されていてもおかしくはない。「なんだって!」「迫水さん……」 立ち上がりかけたぼくを、西連寺くんが手を引っ張って止めようとした。ぼくは反射的にその手を握り返し、腕を取って投げようとしたときに自分がなにをしているのかに気づいた...全文を読む

    PageTop▲

    「三大怪獣地球最大の決戦」見る

    映画の感想

    2014.05.24 (Sat)

     ブログDEロードショーの今月のお題は「ファミリー向け映画」だった。わたしは迷わずこの「三大怪獣地球最大の決戦」を選んだ。どこからどう見てもファミリー向け映画である。文句ある人。で、酒と肴を用意して準備万端で見たのであるが。先に謝っておく。ごめん。制作年代を抜きにしても、昨晩見た「マジンガー」映画のほうが面白かった。これは上映時間の問題が大きいだろう。「マジンガー」映画が40分という制限ゆえに、ロボッ...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 アキラ 1-1

    夢鬼人

    2014.05.21 (Wed)

      1 アキラ その人品いやしからぬ紳士は、この六月の暑い日だというにもかかわらず、スーツの上下をびしっと着こなして汗ひとつかいていなかった。「時形のところから参りました、高木と申します」 父の前に正座した紳士は、頭を下げてそういった。頭を下げたとはいっても、目は父からそらしてはいなかった。案内されてきた足の運びひとつをとっても、たしなみ程度ではなく、かなりの武術の心得があるとぼくには思われた。 奥...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 サヤカ A

    夢鬼人

    2014.05.17 (Sat)

     夢鬼人 ~夢逐人 第二部~サヤカ あたしは今、京都に来ていた。ひとり古都を訪れるなんてことは、恋に破れた中年女性がやってこそ絵になるもので、傷心の高校生が、学校を休んでふらふらしていても、俗悪なパロディにしかならない。 夏休みまではまだ一か月ある。期末テストを受ける気はない。受ける気がない以上、留年は確定だ。 だが、あたしはそれでよかった。 そのくらいのことをしなければ、埋まらないような心の痛みが...全文を読む

    PageTop▲

    みんしゅしゅぎ

    その他

    2014.05.13 (Tue)

      ぼくとそうたくんとがんちゃんがこうえんにあそびにいったとき、みちのとちゅうでこしをさすっているおばあさんとであった。そばにはおおきなにもつがあった。「どうしたの?」 ぼくがたずねると、「てしがわらさんのところへいくとちゅう、みちにまよって、にもつがおもくて……」「てしがわら?」「あっ、そのいえ、おれ、しってる。むずかしいじをかくうちだよね」 がんちゃんがいった。 そうたくんはめがねをずらした。「じ...全文を読む

    PageTop▲

    怖い

    ホラー

    2014.05.08 (Thu)

      恐怖。それはどこにでも転がっている。 例えば今日、わたしはスーパーの休憩コーナーで、安いアイスクリームを食べた。 隣のテーブルでは、親子連れがアニメの絵本を手に、なにやら楽しそうにしていた。 アイスは甘くてうまかった。 平和なひとときであった。 そんな日常が、わたしは怖い。こんなわたしが、どうしてこんな穏やかなひとときを過ごしていられるのだ。 われわれは、この平和に対して、いつか請求書を叩きつけ...全文を読む

    PageTop▲

    自炊日記・その28(2014年04月)

    自炊日記(ノンフィクション)

    2014.05.07 (Wed)

     4月1日 10:00起床。それでも死ぬほど眠い。もうどうでもよくなる。 朝食のメニュー 米飯 ポトフ レタスのサラダ 生卵 なめ茸 低脂肪乳 ヨーグルト はっさくジュース(白米1/2カップ、ポトフ1/5量、レタス、卵1個、なめ茸、低脂肪乳200ml、ヨーグルト90g、はっさく1個) 食べ終わり、薬を飲むと眠くなる。寝る。 14:00ごろ起き上がる。 昼食のメニュー フリーズドライかに雑炊 間食 チョコミントアイスバー(78kc...全文を読む

    PageTop▲

    マナーを大切に

    SF

    2014.05.06 (Tue)

      おれはパソコンを立ち上げて、サイトを開いた。 注意事項、という欄を見る。『本サイトはリンクフリーです。ただし、アダルトサイトは除きます。なお、一報してくだされば、こちらからもリンクいたします』 まあ、普通なら当然だよな。最低限のマナーというやつだ。だけど……。『本サイトのコンテンツを無断で引用したり改変したりすることを禁じます』 盗用はいかんからなあ。でも、時と場合によっては無断引用もありなんじゃ...全文を読む

    PageTop▲

    二十分間の手記

    SF

    2014.05.05 (Mon)

      今、時計は午後十一時四十分を指している。 そして、あたしはあと二十分間しか生きられない。 世界についての一般常識はある。しかし、自分についての記憶はない。 あと十八分。その間に、あたしはなにをすればいいのだろう。完全に世界の中に投げ出された、あたしは孤独だ。 二十分間の生に、はたして意味などはあるのか。 あたしは考える。考えざるをえないから考える。 もし、あたしがいなくても、誰も困りはしないはず...全文を読む

    PageTop▲

    残念な男の五月三日

    残念な男の事件簿(二次創作シリーズ)

    2014.05.03 (Sat)

      わたしが暮らしているこの日本という国では、五月三日になると面白い見世物が始まる。片方は五千人集めて「少ない」と文句をこぼし、もう片方は五百人集めて「大盛況」といっているのだ。 だが、わたしは……。 ………… 一九四五年五月三日。 わたしはシベリアの大地をさまよっていた。雪解けもひと段落したシベリアは、ある意味冬よりもさらに歩きにくい土地になっていた。氷が溶けると水になる。行き場がない水は水たまりを作る...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2014年05月       翌月

    Menu

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    FC2ブログランキング

    ランキング

    アルファポリス「第9回 絵本・児童書大賞」にエントリーしました。 どうぞ読んでいってくんなまし。

    カウンター

    おきてがみ

    検索フォーム

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード