更新履歴

    さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2014年09月  】 

    これで2014年も半分を回ったわけだが

    年末特別企画「このブログ記事がアツい!!」

    2014.09.30 (Tue)

      そろそろ今年イチオシの傑作ブログ記事の目星もついてきたころだろうか? 今年もやるぞ年末企画! 「第2回 このブログ記事がアツい!」 なに? 忘れてた? 大丈夫だ! わたしも忘れていた! ということで、オススメのブログ記事を募集します。細則については、昨年末をそのまま踏襲します。 自ブログが「リンクしている」ブログの「2014年の」記事で、これは! と思うものを3つ選び、投票してください。いくら面白くて...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月30日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.30 (Tue)

      ツイート読み返すひどい惨状である...全文を読む

    PageTop▲

    荒野のウィッチ・ドクター(2)

    荒野のウィッチ・ドクター(長編ファンタジー小説・完結)

    2014.09.30 (Tue)

      2 呪術医師テマ「ここがその成金の家なのか」 砂漠の中に建つ不釣合いな大きさの石造りの屋敷……いや、宮殿を見て、アトはあきれたようにいった。高い塀に巨大な門。その前には、外来人のふたりの門番が、槍を構えて立っている。「成金は成金だが、あたしたちの金づるには違いないだろ。それに、いくら奴隷貿易であこぎに儲けたからといって、持っている金貨が、真鍮に変わるということもない。いいか、しばらく口はつぐんでろ...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月29日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.29 (Mon)

      けくけくと笑うほどにはおちついた夜...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 ノゾミ 8-1

    夢鬼人

    2014.09.29 (Mon)

      8 ノゾミ「い、痛たたたた、痛い!」 陽が沈んで、真っ暗になってしばらくした後。冴子おばさんに打ち身の膏薬を貼ってもらいながら、ぼくは激痛にうめいた。「まったく情けない。けさがた、晶の前でいった言葉と根性は、いったいどこに置いてきてしまったんじゃ」 そばで見ていた迫水さんのおじいさんは、あきれ顔だった。「そもそも、どうしても形稽古がしたい、といいだしたのは、お主ではないか。木刀もまともに振れんよ...全文を読む

    PageTop▲

    ダメ子さんより晶&沙矢香イラスト!

    いただきもの

    2014.09.28 (Sun)

      「ダメ子の鬱」のダメ子さんに、無理を承知でリクエストしたら描いてくださいました! ああ青春だなあ……(^^) ありがとうございます!!! ダメ子さんのブログは個性あふれる少女たちの個性あふれる日常を描いた漫画で人気です。 あなたに似た人がきっといるはずです。ぜひ訪問して彼女たちとお友達になってあげてくださいね~。 画像はクリックで大きくなります!...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 アキラ 7-4

    夢鬼人

    2014.09.28 (Sun)

      ノゾミちゃんは、ぼくから視線を逸らすと、祖父のほうへと顔を向けた。「大丈夫。ぼくは大丈夫だから。迫水さん、いつかはきみを守れる強い男になるから、今はこのままにしてくれないか」 ぼくの視界に映るノゾミちゃんのシルエットが、にじみ、歪んだ。 祖父はぼくにいった。「この小僧のいう通りじゃな。だから晶、小僧の修行の邪魔をするでない。お前はお前の修行をするんじゃ。わかったら、さっさと帰れ!」 ぼくの修行……...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 アキラ 7-3

    夢鬼人

    2014.09.27 (Sat)

      神社の長い石段を下りていくと、そのすぐ近くに、駐車場にもならないまま放り出されている草ぼうぼうの空き地がある。 そこに、ふたりの人間が見えた。鹿澄夢刀流の稽古着を着た、ぼくのよく知る人間たちだった。それならまだわかるが、その人間たちはそれぞれ、手に木剣を握って向かい合っているのだった。「な、なにをやっているの、ノゾミちゃんも、おじいちゃんも!」 ふたりは、ぼくが知っている、鹿澄夢刀流の最初の形を...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月26日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.26 (Fri)

      公道を走る夜の痛車痛たた...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 アキラ 7-2

    夢鬼人

    2014.09.26 (Fri)

      あの悪夢を思い出し、ぼくはぐっと唇を噛んだ。 夢の中で、ぼくはノゾミちゃんとふたりきりでいる。 周囲は漆黒の闇。 ぼくは怖くなり、ノゾミちゃんに話しかける。 だが、ノゾミちゃんはぼくの言葉に答えてくれない。 ただ……。 ただ、ぞっとするような深いさげすみの視線が、ぼくをすくませるのだ。 思い当たることがあったのはもちろんだ。ぼくは、あの朝、生徒会長の『ゆめちゃん』先輩に、なんといったのか。 ぼくは...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月25日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.25 (Thu)

      締め切りに苦しむアマチュアのくせに...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 アキラ 7-1

    夢鬼人

    2014.09.25 (Thu)

      7 アキラ 日本舞踊というものがあれほど難しくて奥が深いものだなんて考えたこともなかった。いや、難しいことは理解していたけど、頭でわかっているのと実際に身体でわかるのとでは、質的にまったく違うのだ。 一度見てわかれ、というのにも限度がある。稽古の時間以外にも、覚えた動きを反復練習する必要があるし、小さいころから身についている鹿澄夢刀流の動きが邪魔をすることもあるし、学校の宿題だの予習復習などの時...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月24日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.24 (Wed)

      みつはしちかこの深き迷宮快し...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 サヤカ D

    夢鬼人

    2014.09.24 (Wed)

      サヤカ「なにもあれほど大笑いすることはなかったじゃないですか」 あたしは、オレンジジュースのストローに口をつけ、良寛さんを睨んでみせた。「ごめん、ごめん、昨日はきみの説が、あまりにもぼくの無防備なところを突いてきたので、つい笑いがこみ上げてしまったんだ。この通りだ。すまない。謝る」 良寛さんは自分のコーヒーカップをどけると、笑顔で頭を下げた。「もう」 あたしとしても、本気で怒っているわけではない...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月23日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.23 (Tue)

      右も左も脳内アンチショッカー同盟...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 ノゾミ 6-4

    夢鬼人

    2014.09.23 (Tue)

      身体は痛いし、遅刻はしそうになるし、みんなは冷たい目で見るし、ぼくがなにをしたのだろう。「西連寺」「は、はい、師匠!」 急に当てられたぼくは、反射的に立ち上がってこういった。 教室中が笑った。いわゆる冷笑というやつである。「この問題を解いてみろ」 黒板には、やたらと厄介な数式が書いてあった。普通だったら手も足も出ないところだ。教師からも悪意を感じる。 運がいいことに、その式の解き方は、転校前の学...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 ノゾミ 6-3

    夢鬼人

    2014.09.22 (Mon)

      変化に気づいたのは、何回斬られ、首を取られたときだったろうか。 ぼくは、恐ろしい相手の武士が、ぼくの動きをある一定の方向に動くよう誘導しているように感じた。 斬られるのがいやだったらそう動くしかない、という方向へ、身体が動くようにさせられているのだ。 その動きは……。 ぼくになじみのある動きのようなのだが……。 ぼくが動きやすい動き……。 正体に気づいて、ぼくは拍子抜けする気がした。 なんだ、ぼくが教...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月22日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.22 (Mon)

      ハピプリそういうのもあるのか声が井之頭五郎...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月21日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.21 (Sun)

      ハチャプリのストレスすらも耐えられずテレビ消す...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月20日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.20 (Sat)

      ゲームとツイートだけでは懺悔室か...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月19日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.19 (Fri)

      非常袋にドイツゲームひとつ...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月18日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.18 (Thu)

      三分でだれてもいいから第一世代RPG恋し...全文を読む

    PageTop▲

    自炊日記・特別編「友遠方より来る有り」

    自炊日記(ノンフィクション)

    2014.09.17 (Wed)

      昨日(16日)のお昼、相互してくださっているハト倶楽部の青井るいさんから突然コメント欄に投稿が来る。内容を読んだわたしは仰天した。「今、東京にいます。会いたいです」 文章をとっくりと読んだわたしはリハビリ施設の中を見回した。いくらわたしがヒマだといっても、リハビリわのプログラムを受けているからには少なくとも午後三時半までは施設にいなければならない。 昨日のうちに連絡してくれれば、施設を休んでそれな...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月17日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.17 (Wed)

      地頭もちちしりふとももには勝てぬ...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月16日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.16 (Tue)

      ひとりダイスを振ってみる五個...全文を読む

    PageTop▲

    「A・I」見る(注意:もろのネタバレあり)

    映画の感想

    2014.09.15 (Mon)

      ブログDEロードショー、今月は「A・I」だった。スピルバーグの作品である。ちらりとレンタル屋であらすじを読んでみたが、少年ロボットが主役の感動ロードムービーのようだ。まあ見てみるだけ見るか……とDVDをセット。 最初の感想。まあ、つまらなくはなかったが……面白いというには、このあまりの「イヤな感じ」はなんだろう。 一晩寝て、うだうだうだうだ考え続けて、ようやくわかった。この映画は、主人公のロボットに感情...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月15日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.15 (Mon)

      GB単位ダウンロードより8KBのゲームのほうが面白い日...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月14日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.14 (Sun)

      大人になれない金もない...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月13日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.13 (Sat)

      オタクがオタクを売りブロガーがブロガーを売り買うは一時の安心...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 9月12日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2014.09.12 (Fri)

      ジャアクキングと対話しながら哲学...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2014年09月       翌月

    Menu

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    FC2ブログランキング

    ランキング

    アルファポリス「第9回 絵本・児童書大賞」にエントリーしました。 どうぞ読んでいってくんなまし。

    カウンター

    おきてがみ

    検索フォーム

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード