更新履歴

    さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2015年04月  】 

    荒野のウィッチ・ドクター(9)

    荒野のウィッチ・ドクター(長編ファンタジー小説・完結)

    2015.04.30 (Thu)

      9 ヒカリゴケ「水の滴る洞窟か」 デムは顔をしかめた。水に濡れた中で、探索の手段として犬の嗅覚を使うことは問題外である。である以上、地図を作り、ひとつひとつ枝道をつぶしていくしか、この中に潜んでいる人間ふたりに接近する方法はないということだ。「火をつけろ」 絶対に脱出不能だったはずの状態からテマとアトに逃げられるという大失態により左耳をつぶされた巨漢、デムは短くいった。「いぶり出すんで?」 わか...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 アキラ 19-3

    夢鬼人

    2015.04.29 (Wed)

     「そこまで大胆なことはあたしもいってないわよ」 沙矢香はペットボトルのふたを開け、お茶をひと口飲んだ。「じゃが、沙矢香ちゃんの考えを徹底すれば、少年のいった結論にたどり着く。それに、わしら夢逐人や夢鬼たちが、そうしたミームの『乗り物』だという考え方にも、ある種の根拠、実証があるじゃろう」「実証?」「……鹿澄夢刀流であり、時形流の舞踊じゃ。あれが何年間、歴史の流れに抗して持ちこたえてきたか、晶、お前も...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 アキラ 19-2

    夢鬼人

    2015.04.28 (Tue)

      祖父はひとつひとつ言葉を吟味するようにしていった。「足利義教の魂は……魂でいかんかったら、精神活動を司っておるところは、夢の世界に居場所を移して、八百年近くを過ぎた今でも、いまだに生き残っている、と、そういいたいんじゃな?」 沙矢香はうなずいた。「その通りです」 ぼくは首をひねった。「そんなこと、できるのかなあ? いくら夢の世界がぼくたちにとってよくわかっていないことだらけとはいえ、ひとりの人間の...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 アキラ 19-1

    夢鬼人

    2015.04.27 (Mon)

      19 アキラ 沙矢香は思ったより元気そうだった。 ノゾミちゃんはペットボトルのお茶を冷蔵庫から持ってきた。「聞かせてほしいんだけど、どうして、京都なんかに行こうとしたの?」 ぼくの質問に、沙矢香は真剣なまなざしで答えた。「夢を見たのよ」「夢?」「そう。夢の中に、誰だか、老人が出てくるの。嫌な声をしていた」「そいつは、なんていってたの?」 沙矢香は目をつぶった。「探せ……って」「なにを?」「娘を探せ...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 サヤカ J

    夢鬼人

    2015.04.26 (Sun)

     サヤカ 友原市に帰ってくるのはひさしぶりだ。しかし、市も有名になったものだった。もっと有名になっているのは、いまあたしがその場にいる鹿澄神社であり、迫水家だった。 マスコミが十重二十重に囲む中を潜り抜け、あの石段を放送機材を担いで登ったであろうヒマラヤ登山のシェルパのような撮影スタッフに呆れつつ、あたしは玄関のブザーを押した。「…………!」 戸口の向こうから聞こえてきた足音へあたしが何かいう前に、引き...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 ノゾミ 18-4

    夢鬼人

    2015.04.25 (Sat)

     「もし、父と兄が、必至の手を打っていたとしたら、ぼくたちにはどんな形で王手をかけてくるとお考えですか」「手は山ほど考えられる」 才蔵おじいさんは手を開くと、指を折って数え始めた。「ひとつ、夢鬼による精神世界への波状攻撃。いわゆる正攻法じゃな。旅順要塞に正面から歩兵の飽和突撃を何度も何度もかけた乃木将軍みたいな真似じゃが、わしらは三人なのに対し、相手は何人、いや、何百人いるのかすらもわからんから、こ...全文を読む

    PageTop▲

    いつの間に(追記あり!)

    その他いろいろ

    2015.04.24 (Fri)

     いつの間にか、相互させていただいてわたしもファンだった西幻響子さんが本を出しておられた!ロックンロール・ヘイズ 愛と渇望の歌がきこえるhttp://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%98%E3%82%A4%E3%82%BA-%E6%84%9B%E3%81%A8%E6%B8%87%E6%9C%9B%E3%81%AE%E6%AD%8C%E3%81%8C%E3%81%8D%E3%81%93%E3%81%88%E3%82%8B-%E8%A5%BF%E5%B9%BB-%E9%9F%BF%E5%AD%90/dp/4...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 ノゾミ 18-3

    夢鬼人

    2015.04.24 (Fri)

     「あやつらの親であるあの爺ですら、わずかな期間であれほどの狂信的な手下をそろえたのじゃぞ。やつらの地元である京都に、どれだけのつてがあるかを考えてみい」 ぼくは考えた。「時形流にはそれなりの歴史があります。弟子も多いです。社会的信頼もあります。政界、財界……」「政界、財界、町内会、じゃな。すまん、くだらんこといった。ということはつまり、警察の打つ手は相手のほうにまるわかり、という可能性があることを示...全文を読む

    PageTop▲

    「ビューティフル・マインド」見る

    映画の感想

    2015.04.24 (Fri)

      今月の「ブログDEロードショー」、お題は「泣ける映画」をリストの中から選んで見る、ということで、図書館に置いてあった「ビューティフル・マインド」にしてみたのだが。 いやさ、だいたいのあらすじは知ってたんだけどさ……。 怖いよ! 似たような病気を持つ人間には本当に怖いよ!(^^;) 主人公のジョン・ナッシュの行動、いちいち思い当たるよ!(^^;) 焼きそばだよ!(違) ネタバレになるけれど、主人公が妄...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 ノゾミ 18-2

    夢鬼人

    2015.04.23 (Thu)

      ぼくは開いた口がふさがらなかった。 才造おじいさんは呵々大笑した。「……ま、そういうわけじゃ、少年。お前もまったく捨てたものではないぞ。長生きすれば、わしみたいになれるかもしれんからな。まあ精進することじゃ」 どこまでほんとうなのかわからない。あっけにとられていると、迫水さんが急に肩を震わせた。「迫水さん?」「……く、くく、くくく、そうだよね!」 迫水さんは笑っていたのだった。「ノゾミちゃん、長生き...全文を読む

    PageTop▲

    夢鬼人 ノゾミ 18-1

    夢鬼人

    2015.04.22 (Wed)

      18 ノゾミ ……いってしまった。 ぼくはかつて同じようなことを言って、武博おじさんに首根っこを押さえつけられてしまったことを思い出し、硬直した。 だが、才造おじいさんはただひとことしかいわなかった。「そうか」 それだけだったが、それはぼくの耳にはなによりも重く響いた。「ぼく……ぼくは」「天地宇宙の進行の前では、そんな悩みなど、どれほどのこともない、という視点に立つ余裕を持つことも、これからの長い人...全文を読む

    PageTop▲

    創作するのが大好きな新入生のみなさんへ

    ホラー

    2015.04.20 (Mon)

      みんなー! こんにちは~!! 新しい学校生活にはもう慣れましたか~!? そういうみんなに忠告だよ~! 一度しかいわないからよく聞いてね~! テストやレポートの直前になると、アイデアが次から次へと浮かんでくると思うんだ~! でもね、そのときは、士郎正宗先生のマンガに出てくるバトーさんの顔をして、「そいつはアイデアじゃねえ。『死神』ってやつだ」 と、渋くつぶやいて自分の置かれた状況を考え直してみてね...全文を読む

    PageTop▲

    そして天使は飛んだ

    ファンタジー

    2015.04.19 (Sun)

      黒ずくめの女の子だった。ゴミ捨て場のひさしの下で、雨をよけて泣いていた。 こういう女の子を見つけたら、採れる手段はふたつ。無視して通り過ぎるか、傘を差し掛けて声をかけるかのどちらかだ。 ぼくは愚かにも後者を選んだ。「肺炎になるぞ。家出でもしたのか。だったらついてこい」「……ふえ?」 女の子は涙と雨粒でぐしゃぐしゃになった顔を上げた。好みのタイプだったが、あいにくと危険牌に手を出す趣味は持っていない...全文を読む

    PageTop▲

    空白

    その他

    2015.04.18 (Sat)

     「さて」 円卓に、十二人の男たちが座っていた。最年長の男は指を鳴らした。「ここで問題が出てきた。誰が責任を取るかだ」 右隣に座った男は眉をひそめた。「天皇……」 最年長の男は首を振った。「陛下には責任を取らせることは無理だ。現有憲法に書いてある。陛下はそれでも責任を取ろうとするかもしれんが、宮内庁の連中は声をひとつにして抗弁するだろうな。天皇は象徴にすぎず、政治には一切参加できない。政治に参加してい...全文を読む

    PageTop▲

    自宅のワードに残っていた手記

    ホラー

    2015.04.17 (Fri)

     四月三日 腹が減った。 空を見ると太陽が真上に来ていた。昼飯時である。道理で腹も減るわけだ。なじみの店があったらそこへ飛び込むところだが、あいにくと出張中の身である。うまい店は自分のカンで見つけるしかない。おれは適当な路地を曲がった。うまい店というのは、たいてい、大通りからひとつ外れたところにあるのだ。「おっ」 その看板を見て、おれは驚いた。学生時代、さんざんお世話になったラーメン屋の、なじみの字...全文を読む

    PageTop▲

    ちなみに

    その他いろいろ

    2015.04.17 (Fri)

     わたしの愛用しているデンタルフロス。(^^)(クリックで大きくなります)...全文を読む

    PageTop▲

    きれいな歯

    ホラー

    2015.04.16 (Thu)

     「床屋へ行くんだって?」 なんということもないホテルの部屋。ことが終わって歯を磨いていたぼくの言葉に、麻里江はむくれた。「床屋じゃないわよ、美容院。床屋なんか、この年で行けるわけがないじゃない」 デンタルフロスを使い、ぼくは奥歯から取り掛かった。歯と歯の間から、歯垢というものはたまってくる。めんどくさいが、虫歯になりたくないので、やるしかない。「床屋には違いないじゃないか」「男の人にとってはそうか...全文を読む

    PageTop▲

    あめのひ

    ホラー

    2015.04.13 (Mon)

      あめがふっている。なまりいろのそらから、やむことなくあめがふっている。 ぼくはいえへかえろうとしている。あめのせいで、とてもあるきづらい。 ふっているあめのせいで、ぼくはかさをさせなくなってしまった。かさがとてもおもくなってしまったからだ。 かさをなげすてたぼくは、あしもとにからみつき、べたべたとからだにからみつくあめのなか、いっぽいっぽすすんでいる。 ともだちのはなしだと、むかしあめりかで、と...全文を読む

    PageTop▲

    ふとんを干して

    ホラー

    2015.04.12 (Sun)

      天気のいい日だったので布団を干すことにした。わたしのアパートのベランダでは、物干しざおが二重に架けられるようになっていて、使っているふとんを全部干すことができる。 サッシ窓を開け、えっちらおっちらとふとんを干してから、わたしはひと息ついてテレビを見ることにした。 テレビのスイッチを入れてから、窓を閉じようと外を見ると、ひらひらと蝶が飛んできたところだった。「春だねえ……」 わたしはつぶやいて、テレ...全文を読む

    PageTop▲

    外国人投資家と呼ばれるひとびと

    ユーモア

    2015.04.11 (Sat)

      現在の日本の好景気と株価を底支えしているといわれる謎の一団、「外国人投資家といわれるひとびと」。われわれPBZテレビ取材班は、その正体をさぐるためチームを組んで、この経済のジャングルへと潜入することにした。 まず、われわれはその道の専門家であり、このことにくわしい人物から話を聞くことにした。 その人物、仮にカトウ氏としておくことにしよう。彼は、われわれの質問にこう答えた。「外国人投資家と呼ばれるひ...全文を読む

    PageTop▲

    免除

    ホラー

    2015.04.10 (Fri)

      記事によれば、中高年の自殺が増えているそうだ。わたしは首をぶるっと振ると、立ち読みしていた週刊誌を本屋の棚に戻した。まったく、ひとごとじゃない。 テレビでは景気がいい景気がいい、株価は二万円の大台だ、とかいってるが、現実を写しているのはいったいどっちだか、考えてみてもよさそうなものだが。 しかし……。 どうして自殺なんかしたがるんだろう。考えただけで痛そうだし苦しそうだし、進んで自分の身体を傷つけ...全文を読む

    PageTop▲

    自炊日記・その39(2015年3月)

    自炊日記(ノンフィクション)

    2015.04.07 (Tue)

     3月1日 朝食のメニュー ピザ サラミソーセージ 生野菜サラダ ピクルス プルーン とうもろこし ミルクティー ヨーグルト りんご スーパーへ買い物。帰ってくるなりロボに逃避。 昼食のメニュー 和風スパゲティ プリン コーヒー パソコンの前で怠惰に過ごす。 夕食のメニュー 米飯 味噌汁 豚焼肉 もやし ほうれん草お浸ししらすあえ ミニトマト ししゃも デコポン まんじゅう アパートに帰ってきてから...全文を読む

    PageTop▲

    「きっと、うまくいく」見た

    映画の感想

    2015.04.05 (Sun)

      先月の「ブログDEロードショー」はインド映画がお題であった。 というわけで、先月の終わりにそのうちの一作、インド映画「きっと、うまくいく」を見たので感想をば。 最初の三十分は、わたしは「失敗した……」と思った。エンジニアを目指す三人の大学生の大学生活とその後を描いた映画だとは聞いていたが、ギャグやくすぐりにさっぱり笑えず、これは地雷を踏んだかと思った。なにせ3時間の作品である。 裏を返せば、3時間の作...全文を読む

    PageTop▲

    独ソ戦舞台裏では火の車(一句)

    ウォーゲーム歴史秘話

    2015.04.04 (Sat)

     1941年6月。共産主義によるユートピアを目指して日夜奮闘するわたし、鉄の男スターリンのもとに恐ろしい知らせが届いた。相互不可侵条約を結んでいたドイツが、突如わが祖国ソヴィエト連邦に攻め込んできたのである。国境付近の守りを薄くしていたことが災いし、わずか二週間としないうちに戦線は突破され、前線の部隊(実際は、このゲームは「軍」を単位として行なうが、そう書くとミリタリーファン以外にはわかりづらいので以降...全文を読む

    PageTop▲

    100000ヒット御礼・その2・矢端想さん

    ささげもの

    2015.04.03 (Fri)

     「キャップ! あ、あれはなんですか! あんなもの、これまでに見たことがありません!」 ○デ隊員の言葉に、わたしはうなった。「うーむ」 そこにいたのは、巨大な怪獣だったのだ。凶暴なまでに太く白いミミズのような身体が、UFOの底にたまった泥のような黒い粘液から伸びている。「とりあえず、このままビー○ルで様子を見よう。今のところ、攻撃してくる様子もない」「わかりましたキャップ。しかし、ハ○タのやつ、どこい...全文を読む

    PageTop▲

    100000ヒット御礼・その1・八少女 夕さん

    ささげもの

    2015.04.02 (Thu)

      えー、人間、日ごろから悪いことばかりして恨みを買うなんてことはやるべきではないのでございまして。と、落語家ならマクラをふるだろう。そしてそれは正しいのである。 100000ヒット記念のショートショートのお題として、八少女 夕さんが送ってきたテキストがすごかった。「さて、今回の記念リクエストだが、現在開催中の『オリキャラのオフ会 in 松江』に『働く男』のポールを派遣してくれたまえ。ポールの使命は、20...全文を読む

    PageTop▲

    エイプリルフール

    その他いろいろ

    2015.04.01 (Wed)

      今日は早く寝るぞ!...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2015年04月       翌月

    Menu

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    FC2ブログランキング

    ランキング

    アルファポリス「第9回 絵本・児童書大賞」にエントリーしました。 どうぞ読んでいってくんなまし。

    カウンター

    おきてがみ

    検索フォーム

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード