FC2ブログ

    更新履歴

    さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2015年08月  】 

    やったぜ!(笑)

    雑記録ファイル

    2015.08.15 (Sat)

     ……とほほ。...全文を読む

    PageTop▲

    こんにちは囲碁の時間です

    その他

    2015.08.15 (Sat)

     「こんにちは囲碁の時間です。今日は『隅の寄せかた』をいっしょに学びましょう。解説は武律六段です。よろしくお願いします」「よろしくお願いします。盤上の様子ですが、黒が二石を取り返せるか、という問題です」「黒は、国際司法裁判所、という手があるように見えますが」「白は、それに対してはここに打って、無視、という一手になります。よく出てくる形ですから、覚えておいてください」「集団的自衛権、という手があるので...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 8月15日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2015.08.15 (Sat)

      二十年してもプリキュア見て笑えるしぶとい爺になってやる...全文を読む

    PageTop▲

    (番外編)黒衣の男

    ノイズ(連作ショートショート)

    2015.08.14 (Fri)

      卓上でサイコロが振られた。 向かい合う若者はいった。「あんたの親だぜ……」 ざわ。 老人は手牌を見た。目の覚めるような好形。「青木しけるとかいったな。若造、わしをなめると後悔するぞ」 一筒を切る。 ざわ。 ざわ。 この麻雀勝負は、事実上アオギと老人のふたりだけの戦いだった。残りのふたりは単にゲームを成立させるため、そしてアオギか老人のどちらかを援助するために座っているだけにすぎない。 老人の配下の...全文を読む

    PageTop▲

    偉大な男のものがたり 100,000日目 2

    偉大な男のものがたり(長編児童文学・完結)

    2015.08.13 (Thu)

      無理もなかった。相手の船がブリッツ砲を搭載しているかどうかを確認するよりも、ブリッツ砲の射撃が相手方に届く方が早いのだ。すべての船の探査能力よりも、ブリッツ砲の射程距離のほうが長いのだ。この時間と距離のわずかな差が、悲惨な状況をもたらしていた。今存在を確認した船は、非武装の船を装った武装船ではないか? そのような疑心暗鬼が宇宙のありとあらゆるところにまで広がっていた。自分が宇宙のわずかなこだまの...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 8月13日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2015.08.13 (Thu)

      牟田口よりも愚劣指揮官が実在とは...全文を読む

    PageTop▲

    偉大な男のものがたり 100,000日目 1

    偉大な男のものがたり(長編児童文学・完結)

    2015.08.13 (Thu)

      100,000日目「敵船捉えました。撃ちます!」 タモツはすばやく思考した。 圧縮されたポール・ブリッツが一気に解放され、光の速度など軽々と超える精神波の速さで奔った。 奔るうちに拡散された精神波は、相手の船をその影響圏内に巻き込んだ。 タモツには何が起こったかが見えるようだった。 ブリッツ砲を食らった船のアストラル・ボディが破壊され、それにより焦点核が連鎖的に消滅していく。そのエネルギーは果て...全文を読む

    PageTop▲

    ぱさ。

    ノイズ(連作ショートショート)

    2015.08.11 (Tue)

      ぱさ。 佐藤翔吾ははっと目を覚ました。 急行はまなすのB寝台だった。反射的に時計を見る。青森発二十二時十八分。途中で函館に停車し、札幌着は明日の……今日の六時七分。 どこの誰だか知らないが、人の眠りを妨げるとは無粋なことをするやつだ。 佐藤は目をつぶった。 ぱさ。 また聞こえた。 本のページを繰るような音だった。だが、そういってしまうには違和感があった。 なんだろう、この違和感は……。 一度気になる...全文を読む

    PageTop▲

    偉大な男のものがたり 1,000日目 4

    偉大な男のものがたり(長編児童文学・完結)

    2015.08.10 (Mon)

     「天体としても残っているのは恒星だけ、という状況になったことは知ってます。知識としてだけですが」「そのときになって、知的生命は自分たちのしでかしたことをようやく理解したのよ。焦点核の発見が、コミュニケーションすら難しかった知的生命との間をつないだのも戦争の終末にひと役かった」「二等航海士どのは、そのときのことを覚えているんですか?」 ウェブは苦笑したらしい。「まさか。先祖から聞いたのよ」「先祖?」...全文を読む

    PageTop▲

    偉大な男のものがたり 1,000日目 3

    偉大な男のものがたり(長編児童文学・完結)

    2015.08.10 (Mon)

      部屋に戻ったところで、できることはなにもなかった。寝椅子に横になり、考え事をするくらいしかない。パッチとのあの無言の酒盛り以来、なにを食べても味など感じなくなっていた。もっとも、アストラル・ボディになった身体は、その気になれば食事などしなくても半永久的に……きまじめなニードルが珍しくいった冗談交じりの言葉を借りれば『宇宙の週末まで半永久的に』……精神をそのままで保っておけるということだが、あまり嬉し...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 8月10日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2015.08.10 (Mon)

      特売5ボタンマウス手になじまぬ...全文を読む

    PageTop▲

    偉大な男のものがたり 1,000日目 2

    偉大な男のものがたり(長編児童文学・完結)

    2015.08.10 (Mon)

      船長から、ブリッツ砲を載せる、そして砲手はきみたちだ、といわれたあのとき、保は耳を疑った。 それはパッチも同じだったらしい。『船長どのの決断ならしかたがない。わかりました。でも、その前にひとつお聞かせください。どうして、おれとタモツ三等航海士なんです? タモツ実習生は知りませんけど、おれは、こんなぶっそうな兵器がこの自由なはずの船に載せられるのには断固反対なんですけどね』『きみたちだから選んだ』...全文を読む

    PageTop▲

    自炊日記・その43(2015年7月)

    自炊日記(ノンフィクション)

    2015.08.09 (Sun)

     7月1日 朝食のメニュー シリアル ラタトゥイユ 薬を飲むとうとうとしてきたのでしばし寝る。起きて気がついた時、そうだ今日からアルファポリスのミステリー大賞ではないか、とチェックしたら大いに出遅れていたことを知る。とほほ。 昼食のメニュー 焼きそば ラタトゥイユ 仕事をする。休憩時間にスマホを用いて宣伝記事を更新。たいへんだ。 夕食のメニュー 米飯 味噌汁 ラタトゥイユ 生卵 ヨーグルト ネットと...全文を読む

    PageTop▲

    偉大な男のものがたり 1,000日目 1

    偉大な男のものがたり(長編児童文学・完結)

    2015.08.07 (Fri)

      1,000日目「警戒解除」 保は身体からほっと力を抜いた。パッチが額の汗をぬぐった。 照準スクリーンからゆっくりと消えていく相手の船の画像データを見ながら、ふたりは目を見かわした。「くそっ、なんでおれたちがこんなことしなくちゃならんのだ」「しかたないんじゃないですか。三年前のことを考えると」「運命を呪うしかほかにできることがないとはまったくくやしいね」 パッチと保は、慣れた手つきで発射装置に閉鎖...全文を読む

    PageTop▲

    伏塚

    ホラー

    2015.08.07 (Fri)

     (この手帳は、当年八月七日、掃除がてら犬の散歩をしていた当県当村在住の農業である伏見作蔵(78)により拾得され、署に届けられたものである。表紙裏にクレジットカードが挟まれており、照会が求められる。手帳に書かれていた全文は以下の通り) 身体がかゆいとこぼしたら、妻にいつもいつも家でごろごろしていてそんなつまらない本ばかり読んでるから、身体が退屈してるんですよ、涼しい山へでも行ってフィトンチッドでも浴...全文を読む

    PageTop▲

    「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」見る

    映画の感想

    2015.08.07 (Fri)

      今回のブログDEロードショーは夏のきもだめし大会である。みんなでホラー映画を見ようという企画で、「怖いもの」を映像や音声で盛り上げられると腰を抜かしてしまうわたしのような精神力の弱い人間には過酷な試練である。文章だと平気なんだがなあ。 というわけで、ホラー映画を借りてくることにしたのだが、グロシーンゴアシーンが多発するような映画は借りるにもちょっと手が出ない。そんな中で、なんとかこれなら見られる...全文を読む

    PageTop▲

    偉大な男のものがたり 100日目 4

    偉大な男のものがたり(長編児童文学・完結)

    2015.08.05 (Wed)

      パッチはぐるりを見渡した。「そうだろ? ここにみんながこうして雁首を揃えているのは、それをわかっているからだろ?」 否定の言葉はどこからも出なかった。パッチはうっすらと笑うと、保に……これは保に向かっていった。「そういうことさ。タモツ実習生、これまで、『戦争』は割に合わない行為だった。そのみんな忘れてた『戦争』が、過去の記録からもう一度引っ張り出されてきたってわけだ。一度捨てた肉体をもう一度捨てる...全文を読む

    PageTop▲

    偉大な男のものがたり 100日目 3

    偉大な男のものがたり(長編児童文学・完結)

    2015.08.03 (Mon)

     「納得できないようね。質問があるの?」 保は考え考えいった。「……はい。二等航海士どの、焦点核を破壊することはできないのですか?」 ウェブは苦笑いしたらしい。「まったく、タモツ実習生、あなたの乗っていた船ではどういう教育がされていたのかしら。まず、焦点核は貴重品よ。だから、奪うことをまず考えるのが普通の反応、ということね」 ウェブの口調は、当たり前のことを話しているとしか思えなかった。保はなんとなく...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 8月3日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2015.08.03 (Mon)

      マサチューセッツ州アーカムだけでときめけた中学校図書館...全文を読む

    PageTop▲

    偉大な男のものがたり 100日目 2

    偉大な男のものがたり(長編児童文学・完結)

    2015.08.03 (Mon)

     「どうして圧縮しなかったのか、か。なるほど、きみの視点は面白い」 船長は少し考えているようだった。「……つまりだ。誰もポール・ブリッツをそこまで圧縮しなかったのは、する必要を誰も感じていなかったからだ」 スクリーンの一部に桃色のグラフのようなものが浮かんだ。「ポール・ブリッツはわれわれにとって、ごく当たり前にあるものすぎた。そこから情報を引き出すこと以外の価値を見出していなかったのだ。……誰も。グラフ...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 8月2日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2015.08.02 (Sun)

      ツイッターでエキサイトして書かずに寝る夜ひとり...全文を読む

    PageTop▲

    偉大な男のものがたり 100日目 1

    偉大な男のものがたり(長編児童文学・完結)

    2015.08.01 (Sat)

      100日目 ひとつの岩塊が、光とともに吹っ飛んだ。「目標物、破壊。精神衝撃波来ます」 パッチが暗い声でいった。「スカル三等航海士、衝撃波の程度は」 カエルの骨組みだけが直立して動いているようなエイリアンが、かちかちと音を立てつつ答えた。「はっ、船長どの、特に問題なしと思われます。船体を変形させる必要すらありません」「そうか……」 報告に対して船長が答える声も、日ごろの前向きで陽気なところが欠けてい...全文を読む

    PageTop▲

    オタ句 8月1日

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2015.08.01 (Sat)

      日の丸君が代というよりそれをシンボルにして無謀でアホな戦争やらせた当時の日本軍プレイヤーを思い出すのが嫌なのであって...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2015年08月   ««    翌月

    Menu

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    FC2ブログランキング

    ランキング

    アルファポリス「第1回 ホラー・ミステリー大賞」にエントリーしました。 どうぞ読んでいってくんなまし。

    カウンター

    おきてがみ

    検索フォーム

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード