FC2ブログ

    更新履歴

    さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    2016 101234567891011121314151617181920212223242526272829302016 12

    【  2016年11月  】 

    荒野のウィッチ・ドクター(27)

    荒野のウィッチ・ドクター(長編ファンタジー小説・完結)

    2016.11.22 (Tue)

      27 失望「やってみるか」 テマは杖を構えた。「あたしが獣を解き放てば、お前らは全員……」「お前は獣とやらを解き放たない」 ポンチョの男は人差し指を振りながらいった。「なぜならここに、あの野蛮人とこの老いぼれがいるからだ。こいつらがいる限り、お前は獣を解き放つなどいう手段に訴えるわけがない。できるならやってみろ、だ」 事もなげなそのいいかたに、テマは顔を紅潮させたが、やがて力なく杖を下ろした。「こ...全文を読む

    PageTop▲

    荒野のウィッチ・ドクター(26)

    荒野のウィッチ・ドクター(長編ファンタジー小説・完結)

    2016.11.22 (Tue)

      26 真実『「精霊の恵み」は大脳の記憶を司る領域だけではなく、大脳全体を刺激することにより情報を伝達する。生まれつき遺伝子の一部……われわれは「記憶遺伝子」と呼んでいるが……に顕著なる変異を持った人間は……遺伝は劣性遺伝として顕れるため存在を突き止めることさえ難しく……千年前にこの地に漂着した祖先……人為的な、一種の優生学的思想に基づく選択と淘汰により……』 アトが切れ切れに口にする言葉を訳していたアグリコ...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2016年11月       翌月

    Menu

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    FC2ブログランキング

    ランキング

    アルファポリス「第1回 ホラー・ミステリー大賞」にエントリーしました。 どうぞ読んでいってくんなまし。

    カウンター

    おきてがみ

    検索フォーム

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード