FC2ブログ

    更新履歴

    さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    2019 031234567891011121314151617181920212223242526272829302019 05

    【  2019年04月  】 

    「マイマイ新子と千年の魔法」見た

    映画の感想

    2019.04.29 (Mon)

      感涙映画祭の一環として、土浦のいまだに「この世界の片隅に」をかけていることで有名な映画館でリバイバル上映を見た。志操堅固な映画館、と思っているむきもあるらしいが、「近場のイオンのシネコンに客を全部持っていかれて、こんなことでもしないと客がまともに入らないから」という切実な理由があることを土浦市民は全員知っている。 さて、この「マイマイ新子千年の魔法」であるが、相互リンクしてくださっているmiriさん...全文を読む

    PageTop▲

    日本ミステリ85位 人間の証明 森村誠一

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

    2019.04.27 (Sat)

      質量ともに森村誠一の代表作といっていい小説である。大学を中退してしばらくぼんやりとしているときに読んだ。意外と面白かった。ひさしぶりに再読。 読んで思ったのだが、この本、面白いことは面白いのだが、「ミステリ」と呼んでいいのだろうか? つまり、「プロットで犯人を追う」タイプの小説は、広義のミステリではあるにせよ、「狭義のミステリ」には入らないのではないか? そんな感じを覚える。複数の視点で進む物語...全文を読む

    PageTop▲

    日本ミステリ85位 暗い落日 結城昌治

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

    2019.04.20 (Sat)

      大学のころ、行動範囲内の古本屋で、「真木」シリーズ全巻と、「佐久」シリーズ全巻を買ってひたすらむさぼり読んだ。もちろん、旧版の講談社文庫版である。「真木」も「佐久」も、主人公の私立探偵の名前である。基本的に姓でしか呼ばれない。最近では、原尞の「沢崎」なんかがその系列に当たる。ハードボイルド書きだったら一度はやってみたい文体だ。内容はすばらしかった。特に、「真木」シリーズ第二巻の「公園には誰もいな...全文を読む

    PageTop▲

    「男と女」見た

    映画の感想

    2019.04.14 (Sun)

     今回のブログDEロードショーのお題は「感涙映画」だそうだ。けっこう難しいぞこれ。山ほどある映画の中から「自分の涙腺にジャストミートする作品」をチョイスするわけだが、わたしの涙腺のストライクゾーンはけっこう狭いんじゃないかという気がする。今回も図書館のDVDコーナーで、延々迷った末、フランスの恋愛映画なら泣けるだろう、と安易に考えて「男と女」を選んだ。なんせカンヌ映画祭のグランプリだし、そうとう人の心...全文を読む

    PageTop▲

    日本ミステリ84位 蘇える金狼 大藪春彦

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

    2019.04.13 (Sat)

      大学のころ読んだ。気分が落ち込んでいたせいか、けっこう面白かった覚えがある。しかし、「野獣死すべし」が想像以上の「俺TUEEEE!」小説で、ストーリーとは別な意味でオモシロい怪作だったので、いま読み返して面白いかどうか……とりあえず覚悟を決めて読んでみた。 感想。面白い。大藪春彦、「野獣死すべし」とは天地の開き、というくらいに小説がうまくなっている。まあ結局はこの小説も「俺TUEEEE」小説ではあ...全文を読む

    PageTop▲

    深夜アニメをさらに見て詠める

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2019.04.10 (Wed)

     サイバーも手垢まみれし夜半過ぎ...全文を読む

    PageTop▲

    深夜アニメを見て詠める

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2019.04.09 (Tue)

     かっこよくアクションしすぎて嘘くさい...全文を読む

    PageTop▲

    日本ミステリ83位 三重露出 都筑道夫

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

    2019.04.06 (Sat)

      高校生の頃、毎日のように通っていた古本屋で発見して読んだ。それほど感銘もしなかったのを覚えている。自分好みの話のはずなんだがなあ。どうしてかなあ……と思いながら図書館にあった光文社文庫版を再読。 読んで思ったのだが、この小説のタイトル「三重露出」は、まさに「言い得て妙」のタイトルだった。これ以上書くとネタバレになるのでよしておくが、この小説、アホなことばかりやっているようで、実はものすごく「苦い」...全文を読む

    PageTop▲

    ニュースより

    未分類

    2019.04.01 (Mon)

     (2019年4月1日 ロイター) スウェーデン王室アカデミーは、「ノーベル賞」を時代に合わないものとして廃止することにしました。ダイナマイトの発明によって、人類の文明を向上させるよりも戦争の惨禍を悲惨なものにした罪悪のほうが大きいと考えてです。 しかし、「ノーベル賞」自体のコンセプトは評価していたため、2020年度より、新たに「プリキュア賞」として再発足させることになりました。武器は振るえど人は殺さず、悪し...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2019年04月       翌月

    Menu

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    FC2ブログランキング

    ランキング

    アルファポリス「第1回 ホラー・ミステリー大賞」にエントリーしました。 どうぞ読んでいってくんなまし。

    カウンター

    おきてがみ

    検索フォーム

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード