FC2ブログ

    更新履歴

    さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01

    【  2019年12月  】 

    海外ミステリ118位 消えた玩具店 エドマンド・クリスピン

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

    2019.12.28 (Sat)

      早川の実際の本のタイトルでは「消えた玩具屋」だった。しっかりしろ文春編集部。浪人生のときに図書館で読んだような気がする。内容はとっくに全部忘れた。「お楽しみの埋葬」は少しは覚えていたのだが。新鮮な気持ちで読む。 エドマンド・クリスピンは、近年の国書刊行会の精力的な訳出を読み、一気にファンになった。「ハムレット復讐せよ」のマイケル・イネスもそうだが、イギリス人の大学関係者がミステリを書くと、みんな...全文を読む

    PageTop▲

    海外ミステリ118位 密使 グレアム・グリーン

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

    2019.12.21 (Sat)

      浪人生だったころ、松戸の図書館で接近遭遇し、借りはしたが窓際の観賞用オブジェにしかならず、読まずに返した作品。だから初読である。追いつ追われつ型スパイ・スリラーの古典的傑作といわれているが、はたしてどうか。バーミヤンでマーボー豆腐で一杯やりながら読んだ。つくづく、店にとっては嫌な客であろう。 感想だが……たしかに追いつ追われつのスリルはあったが、それ以前に、「ものすごく苦い」小説であった。第二次大...全文を読む

    PageTop▲

    「SHERLOCK ピンク色の研究」見る

    映画の感想

    2019.12.15 (Sun)

     どうせキワモノだろう、とこれまで敬遠して見ていなかったのだが、見るものがなかったので図書館で借りてきて見た。ホームズファン感涙ものの、実によくできたドラマだった。これを見逃していたのは痛恨の極みである。ほんとうに面白かった。ではあるが、キズというか、どう考えても、最後の対決シーンは「両方とも毒薬」だろう。狡猾なあの犯人はあらかじめ解毒剤を服用していたに違いない、と思うのだが。その可能性くらい考えろ...全文を読む

    PageTop▲

    海外ミステリ114位 約束の地 ロバート・B・パーカー

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

    2019.12.14 (Sat)

      この企画の海外28位で再読した「初秋」があまりにもクソ作品だったのであきらめて読んだ。いちおう、大学のころに読んだので、再読、である。 感想だが、この作家のスペンサー・シリーズはあきらめていたが、読んでみると意外と面白いハードボイルド小説であった。1976年度MWA受賞作というのもうなずける。家出した妻を探せ、という導入部から、依頼を完璧にこなしたうえでそれ以上のことまでやってしまう私立探偵スペ...全文を読む

    PageTop▲

    仕事は済んで日が暮れてなべて世は事もなし

    ささげもの

    2019.12.11 (Wed)

      船のバー。 紅恵美は、今は、その名の通り緋色のイブニングドレスを着て、フローズン・ダイキリを楽しんでいた。12月だというのに、この娘は。わたしは、なんとなく、シーバス・リーガルな気分だったので、バーテンダーに頼んでストレートのまま適当にグラスに入れてもらい、肩ひじ張らずに好きに楽しむことにした。「所長」「なあに?」「いい加減、この状況をもたらしたトリックを、もうちょっとわかりやすく教えてください...全文を読む

    PageTop▲

    海外ミステリ114位 特別料理 スタンリイ・エリン

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

    2019.12.07 (Sat)

      最初にこの作家とこの短編集を知ったのは、小学生のころであった。あの悪名高い藤原宰太郎の推理クイズ本である。たしかワニ文庫という、一回り小さいサイズの文庫本だったな。安くて内容が充実していて面白く、わたしは毎日のように読んだものだ。内容が充実していて面白かったのも当然で、この著者の推理クイズ本は、古今東西のミステリの名作のトリックを、片っ端からネタバレしていくことで成り立っていたのである。おかげで...全文を読む

    PageTop▲

    「テン年代映画ベスト10」に参加してみました

    映画の感想

    2019.12.05 (Thu)

     1.映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて(2019年日本、田中裕太監督)2.シン・ゴジラ(2016年日本、庵野秀明総監督)3.パシフィック・リム(2013年米、ギレルモ・デル・トロ監督)4.この世界の片隅に(2016年日本、片渕須直監督)5.ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年米、マイケル・ドハティ監督)6.ちいさな独裁者(2017年独、ロベルト・シュヴェンケ監督)7...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2019年12月       翌月

    Menu

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    FC2ブログランキング

    ランキング

    アルファポリス「第1回 ホラー・ミステリー大賞」にエントリーしました。 どうぞ読んでいってくんなまし。

    カウンター

    おきてがみ

    検索フォーム

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード