FC2ブログ

    更新履歴

    さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2020年03月  】 

    「愛情の都」見た

    映画の感想

    2020.03.13 (Fri)

      知る人ぞ知るメロドラマの傑作だそうだが、いやー、なんというか。時代というか。 カップルの男のほうの設定が最悪である。なにしろ、「女遊びを繰り返したうえ、いちばん最近の愛人であるレビューの踊り子、エリ子に子供ができたと知ったら堕胎を強要する」というクソ男なのだ。制作側は、「社長である父親が女中に産ませた子供のために、屈折した少年時代を生きてきたナイーブなところのある青年サラリーマン」として描こうと...全文を読む

    PageTop▲

    スピノザ「神学政治論」を思い返して

    哲学者になれなかった男の語る哲学夜話

    2020.03.13 (Fri)

      やっぱりスピノザは正しい。 祈りと信仰は真理に迫る手段でもなければスーパーナチュラルな力を持っているわけでもない、完全なるフィクションであるがゆえに、祈りと信仰がメジャーな世界は合理的な判断のみによって人が動く社会よりもより効率的に動くのだ。 「囚人のパラドックス」という思考実験がわれわれに教えてくれるのはまさにそういうパラドックスとしての真理である。...全文を読む

    PageTop▲

    海外ミステリ141位 ロウフィールド館の惨劇 ルース・レンデル

    東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎日更新)

    2020.03.13 (Fri)

      大学に入って、新しい人間関係に戸惑っているときに図書館で借りて読んだ。はてしなく救いのないストーリーに抑鬱的な気分になった。これだけでもルース・レンデルという小説家を避けるには十分だった。以降、ウェクスフォード警部シリーズですら読んでいない。あのあまりの暗さゆえ、本書を読むのはだいぶ度胸が必要だった。でも図書館に相互貸借を頼んでしまったからには仕方ない、覚悟を決めて、バーミヤンでドリンクバーを飲...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2020年03月       翌月

    Menu

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    FC2ブログランキング

    ランキング

    アルファポリス「第1回 ホラー・ミステリー大賞」にエントリーしました。 どうぞ読んでいってくんなまし。

    カウンター

    おきてがみ

    検索フォーム

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード