FC2ブログ

    更新履歴

    さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

    【  2020年11月  】 

    自炊日記・その107(2020年11月)

    自炊日記(ノンフィクション)

    2020.11.30 (Mon)

     11月1日 前日の大混乱によって体重戦線は総崩れとなり、83.4kgまで総撤退を余儀なくされた。 参謀総長は辞任を考えたが、作戦参謀の説得により思いとどまった。 朝食のメニュー(写真なし) 雑炊 昼食のメニュー スパゲティペペロンチーノ生卵のせ 夕食のメニュー スパゲティペペロンチーノ生卵のせ「綱紀粛正が必要だ。当分は、レトルトカレーとスパゲティと雑炊以外完全禁止。これでいくしかない」「戦争ですか...全文を読む

    PageTop▲

    睡眠時無呼吸日誌 7 「見せてもらおうかポータブル電源の実力というやつを」

    睡眠時無呼吸日記

    2020.11.29 (Sun)

      いろいろなしがらみもあり、まだ倒れたりするわけにもいかんので、CPAP機を停電時でも動かすためのポータブル電源を、涙の出る思いで諭吉さんを溶かして購入した。 SuaokiのS670である。電池容量720Wh。120WhのCPAPを6時間使用可能。CPAPの加湿機能を切ればもっと長時間使用できるらしい。ぎりぎりまで機能を下げれば、カタログ的には38時間使えるそうな。 購入先はアマゾン。電気店に行って買ってもよかったのだ...全文を読む

    PageTop▲

    苦学した成功者の論理

    X氏の日常

    2020.11.27 (Fri)

      苦学して東大を出て弁護士になり、そして政治家になったような人びとの言動を見ていると、 合理的に勉強することで出世した、政治家を含めた普通の人びとには、 学問や芸術が、 「取るに足りない」「失敗に終わった」「無駄でしかない」事例を、 後生大事かつ偏執的にひとつひとつ収集し蓄積する、という行為の上にしか、 進歩というものが成り立たない存在である、 という事実について根本的に盲目なのだろう。 彼はそれ...全文を読む

    PageTop▲

    睡眠時無呼吸日誌 6 「深夜の保険にポータブル電源」

    睡眠時無呼吸日記

    2020.11.26 (Thu)

      どれだけ手入れがめんどくさいといっても、同じCPAP機をまあ毎日1ヶ月も使えば、機器の操作にも慣れるし、部品の洗浄にも慣れる。めんどくさいが。 これを使ってれば、夜中に息が突然止まることはないわけだ……、と思っていたが。 こないだの茨城北部震度5弱地震である。 東日本大震災では、2日間くらい停電が続いたこともあったなあ、などとお茶をすすりながらテレビを……。 停電? そんなときのためにポータブル電源...全文を読む

    PageTop▲

    朝日は東方より

    X氏の日常

    2020.11.25 (Wed)

      朝日が西から昇りさえすればこの世のすべての問題が一気に片付き、至福の世界が人類に訪れるとしても、朝日は頑迷に東から昇ることをやめないであろう。 しかし、朝日が西から昇ったときに人類は絶滅よりもさらに恐ろしい過酷な運命に見舞われるとしたら、朝日は明日にでも西から昇るに違いない。 そんなことを彼は考える。...全文を読む

    PageTop▲

    pixivに初めて絵を投稿して

    自炊日記(ノンフィクション)

    2020.11.24 (Tue)

      我ながら果てしなく下手くそなどうしようもない絵でも、 一個ブックマークがあるだけでうれしい物だね、という気分になったから、 今のところはこれで良し。...全文を読む

    PageTop▲

    また抑鬱的になって詠める

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2020.11.23 (Mon)

      怒っている方が妙に安心できる善良なオタクである...全文を読む

    PageTop▲

    小型ロボット

    その他いろいろ

    2020.11.22 (Sun)

     「SF作品には小型ロボットがいくつも出ているが……」「はあ。たしかにいくつもありますね。ナノロボットなんて、もう顕微鏡サイズですしねえ。おもちゃでも、ミクロマンシリーズのロボットなんて、好きでしたなあ」「その限界はどこにあるのだろうか」「限界? ナノテクノロジーってことですか? さすがにクォークレベルともなると」「違うわっ! お前は、日本アニメ界が誇る、あの二足歩行ロボットを知らんのか!」「二足歩行ロ...全文を読む

    PageTop▲

    結婚生活

    X氏の日常

    2020.11.21 (Sat)

      なんとかいう政治家が、 「結婚生活の苦労ばかりいう風潮」に、 文句をつけたそうだ。 「もっと結婚生活の希望を語れ」だとか。 彼はぐったりする。 「どこからどう見ても明らかなウソ」には国民はダマされるが、 「どこからどう見ても説得力がないウソ」には、国民はダマされはしないのだ……。...全文を読む

    PageTop▲

    一週間振り回されて詠める

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2020.11.20 (Fri)

      今週のプリキュアをまだ見ていないことに気づく金曜深夜...全文を読む

    PageTop▲

    むしゃくしゃして詠める

    X氏の日常

    2020.11.19 (Thu)

     1820年のベルリン大学でショーペンハウアーを聴きに行ったやつの気持ちがよくわかる夜である...全文を読む

    PageTop▲

    「情事の人びと」読んだ

    読書日記

    2020.11.18 (Wed)

      ベン・ヘクトという作家がいる。日本では作家というよりはむしろ映画脚本家としての評価が高い。ウィキペディアでそのかかわった作品の数々を見ると、あまりのきら星のようなタイトル群にびっくりすること請け合いである。むろん、作家としても評価が高く、たとえば、江戸川乱歩の選になる短編ミステリの秀作を集めた日本独自の名アンソロジー「世界推理短編傑作集」(創元)にも、「十五人の殺人者たち」という、一種の安楽椅子...全文を読む

    PageTop▲

    オスカー・シンドラー

    X氏の日常

    2020.11.17 (Tue)

      オスカー・シンドラーはナチスに取り入ろうとした、銭の亡者のくそ野郎だ。 それは彼も認める。 だが、そんな銭の亡者のくそ野郎が、運命に流され自分自身でも意図はおろか想像もしていなかった偉大なことをやる、 そこにオスカー・シンドラーを語り継ぐ意味があるのだ。...全文を読む

    PageTop▲

    「消えた乗組員」読んだ

    読書日記

    2020.11.16 (Mon)

      いやー、この前から初期西村京太郎作品をぼそぼそ読んでるが、まあ、こんなスケールが大きくて趣向に満ちたミステリよりも、今の「十津川警部なんとか鉄道」のほうがより売れて読まれているなんて信じられん、というくらい、もろにわたし好みの作品だった。 今回の十津川警部が扱うのも、「海の事件」である。今回の事件は、海洋での謎事件といえば最初に俎上に上がるであろう「マリー・セレスト号」事件。現代日本に(とはいっ...全文を読む

    PageTop▲

    遊戯と言語とゲームと

    哲学者になれなかった男の語る哲学夜話

    2020.11.15 (Sun)

      ロジェ・カイヨワの遊議論を読んで、ゲームについて考えていたのだが、 なんとなく引っかかっていたものの正体がわかった。 遊戯に関する分析を読んでゲームの本質について考えるのは、順序が逆なのだ。 ほとんどすべての遊議論では、「ゲームは遊戯の限定された一形態」ということが当たり前のこととして前提されているが、 むしろ「遊戯とはゲームの極めて限定された一形態」と考えるべきなのだ。 そう考えることによって...全文を読む

    PageTop▲

    「赤い帆船」読む

    読書日記

    2020.11.14 (Sat)

      ご存じ西村京太郎の初期作品である。これまたご存じ十津川警部補(この頃はまだ昇進していないのだ)が活躍するシリーズであるが鉄道じゃなくて海洋もの。西村京太郎は初期は海洋ミステリを主にしていたのだ。 というわけで相互リンクしてくださっている面白半分さんの推薦で読んだのだが、いやー、まことにダイナミックなスケールのアリバイ崩しものだった。中盤で予想もつかないひねりがあって犯人がひとりに絞られてからは、...全文を読む

    PageTop▲

    自分がSFファンでしかないことを呪いながら詠める

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2020.11.13 (Fri)

      この小説ブラックホールなめとんのか...全文を読む

    PageTop▲

    リアルロボットアニメの戦争

    X氏の日常

    2020.11.12 (Thu)

      リアルロボットアニメにおける戦争は、 「永遠に終わることのない、部活動だけの学校生活」なのだ、 と気づいて、彼はたまらない嘔吐感を覚える。 どうでもいい目的を、さながら全宇宙のように感じながら、 「日常」のことなど考えることなく、全体力をその目的のためにすりつぶす……。 「ガンダム」や「マクロス」だけにはとどまらない。 終わることなき部活動のユートピアは、 ほとんどすべてのアニメやゲームやラノベに...全文を読む

    PageTop▲

    ストーリーがヒストリーとなるとき

    X氏の日常

    2020.11.11 (Wed)

      長編漫画につけられた「これは漫画ではない、すでに歴史だ」という評を読み、 なるほど、もう作者は作中の問題になんの解決もつけずに放り出しても、 誰からも文句を言われない、ということか、得だな、 と彼は思わずにはいられない。...全文を読む

    PageTop▲

    アマ○ンレビュー

    ユーモア

    2020.11.10 (Tue)

     ☆☆☆☆☆ 傑作この作者のファンなら絶対読め! 命令!……………………レビューを書き終えて送信ボタンを押した彼はつぶやいた。「つまり、ファンだとでもいうわけでもなければ、読まない方が賢明だ、ということだよ、この本……」...全文を読む

    PageTop▲

    きみの小説の感想

    ユーモア

    2020.11.09 (Mon)

      友人へ。きみの本を読んだ。 きみは批判が嫌いみたいだから、素晴らしかったところだけ書く。 「完」という文字にたどり着いたときの、フルマラソンを走りきった後のような「やり遂げた感」は最高だった。 そこくらいかな。...全文を読む

    PageTop▲

    プロパガンダ

    X氏の日常

    2020.11.08 (Sun)

      「どうしてあのような冷静で合理的な判断ができる人がプロパガンダなんかにひっかかってしまうのか」 という感慨は、最初から立脚点を間違えている、と彼は考える。 「冷静で合理的な判断ができる人間」から最初に引っかけるために作られているのがプロパガンダというものなのだ。 馬を射んとすればまず将を射よ、 それが宣伝相の基礎となる思考法である。...全文を読む

    PageTop▲

    「映画 プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日」見た

    映画の感想

    2020.11.07 (Sat)

      というわけで感想を書きたいのだが、「ネタバレ」せずにどこまで書いていいものか迷う。 ざっくりとしたことしかいわないことにしよう。 映画館には午前中の上映時間に行ったのだが、まあ、子供がわんさか来ていた。だが、その子供たちが向かう先は、同時間に上映の「鬼滅の刃」のほうなのであった。シネコンの悲劇というか……。土曜の午前中だというのにがらがらの館内で鑑賞。 で、感想だが、去年のように『泣かせる』タイプ...全文を読む

    PageTop▲

    まだ判然としないアメリカの選挙速報を見て詠める

    一日一自由律オタ俳句(やけくそ企画)

    2020.11.06 (Fri)

      トランプが勝ってもバイデンが勝ってもいいから戦争だけはやめてくれプリキュアが途切れる...全文を読む

    PageTop▲

    「プロシア参謀本部~モルトケの功罪」読んだ

    読書日記

    2020.11.05 (Thu)

     書物ではなくネット記事ではあるが、この数日、小説も書かず日記も書かず、ひたすらプロシア参謀本部~モルトケの功罪https://ncode.syosetu.com/n3872bm/を読みふけっていた。自分にとっての普仏戦争とは、天才的な戦略家である大モルトケと、強国プロシアが、一年ちょいでフランスをワンサイドゲームでたたきのめした、まさに「勝つべくが勝った」単調なものだ、というイメージがあった。だからこの記事を見たときも、そう書くこ...全文を読む

    PageTop▲

    大モルトケとプロシア陸軍すごいのう……

    更新できなかったよごめんなさい記録

    2020.11.04 (Wed)

      くそ、「普仏戦争」の記事をネットで読んでるが、むちゃくちゃ面白ぇ。 面白すぎて更新に割く時間すら惜しい。 図書館で本を借りてこようか……。...全文を読む

    PageTop▲

    自炊日記・その106(2020年10月)

    自炊日記(ノンフィクション)

    2020.11.02 (Mon)

     10月1日 前日の報道が効いたのか、前線の兵は大奮闘し、戦線を82.5kgの地点まで押しやった。 参謀総長は肩をすくめるだけだった。 朝食のメニュー もやし入り雑炊 昼食のメニュー スパゲティペペロンチーノ生卵のせ 夕食のメニュー スパゲティペペロンチーノ生卵のせ10月2日 参謀総長の予想していた通り、敵の大規模な反撃に遭い、体重戦線は83.7kgにまで後退。「これからさ」 参謀総長はそういったの...全文を読む

    PageTop▲

    鋼鉄少女伝説 23 旅立ち

    鋼鉄少女伝説

    2020.11.01 (Sun)

        23 旅立ち 時間が早すぎたせいか、駅にはあまり人影はなかった。 駅の端末で、ICカードに、ユメちゃんが作っていた予定表どおりに買っておいた特急券のデータが入っていることを確認してから改札をくぐった。行く先の空港の様子がよくわからないので、重いスーツケースをごろんごろん転がしてだ。旅って脚力だけではなくて腕力も使うらしい。 中には先客がいた。スカイブルーのシャツにジーンズというラフな格好に、...全文を読む

    PageTop▲

    前月     2020年11月       翌月

    Menu

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    FC2ブログランキング

    ランキング

    アルファポリス「第1回 ホラー・ミステリー大賞」にエントリーしました。 どうぞ読んでいってくんなまし。

    カウンター

    おきてがみ

    検索フォーム

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード