FC2ブログ

    「ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)」
    扇風機盗難事件(完結)

    扇風機盗難事件 3‐2

     ←扇風機盗難事件 3‐1 →扇風機盗難事件 3‐3
     女はオートマティック・ショットガンを捨てて屈みこむと、肩にくくりつけていたばかでかいナイフを抜いて、我輩の大好物のスルメの干物でも裂くように、シャーリー嬢をくくりつけていた革ベルトを切った。

    「なるほど、さすがにパラダイスも空の銃しか渡していなかったということか」

     女は肩をすくめた。

    「あたしが、散弾ではこの機の外壁を抜くのはまず無理だといくら説明しても、信じてくれなかったのよ。だから、シャーリーさん、といったわね。銃を拾ってあたしを撃とうだなんて考えないほうがいいわよ。それから、後ろから襲おうなんてことも。あたしは、あんたより凶暴な生物が背中から襲ってくるような体験を何度となく経験しているんだから」

    「ふふふ」

     我輩の笑い声に、女は眉を上げた。

    「落ち着いているわね」

    「我輩のベルトを切ってくれれば、もっと落ち着くのだがな」

    「あっそ。じゃ、やめた」

     女は右手にナイフを構えたまま、我輩の後ろに立った。いつでも、首の血管を断ち切れる位置である。

    「よく考えたら、あんたは縛られていたほうがまだ安全よね」

     ナイフの刃が、我輩の喉に当てられた。

     我輩は……。

     笑い出した。

    「ふふふ……ははは。あはは……ははは!」

     シャーリー嬢は、そんな我輩を見て呆気にとられた顔をしていた。

    「ぎゃははははは、ぎゃあっはっはっは!」

     我輩は、今のテレビ番組で主流の、バラエティーショーなどで出てくる笑いなどは及びもつかぬ、大声で笑い続けた。

    「おかしくなったのね」

     女は、ナイフを握ったまま静かに呟いた。

    「探偵さん! ……ザリグさん!」

     シャーリー嬢が、笑い続ける我輩に、絶望と悲嘆の目を向けた。

    「恐怖はわかるけど、ここでおかしくなってもらうわけにはいかないのよね」

     女は我輩の横へ回ると、我輩の顔を左手で平手打ちしようとした。

     我輩の両手が縛られていないでいることに女が無頓着になっていたのは幸いだった。

     我輩の両手が女の伸びてきた腕を捉え、一撃のもとにひじ関節をぼきりと折った。

     事態が意外すぎたのか、女が反射的にひじを手でかばおうとした。

    「ぎゃーはっはっはっははは!」

     我輩は笑い続けながら、その右手からナイフを奪い取り、貫手をその胸元に突きこんだ。貫手とは、指先を錐のように揃えた、手で作る槍のようなものである。

     女は、ひと声うめくと崩落れた。

    「錯乱寺拳法、『杵搗』の型、変の第三」
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【扇風機盗難事件 3‐1】へ  【扇風機盗難事件 3‐3】へ

    ~ Comment ~

    Re: ねみさん

    我輩こと、プリンス・ザレゴット・ダイスキー殿下は、デブで時代遅れのカイゼル髭ですが、やるときはやるし、強いし、カッコいいのです。はじめからそういう人物として描いたつもりです(^^)

    飛行機着陸の描写を入れるため、2-4を書き直しました。

    NoTitle

    吾輩かっけぇええっ!

    あ、飛行機は空中戦艦にでも
    収容されたんでしょう。
    だから着陸の記述がない・・・と。

    なるほどなぁ。(うそです)

    Re: ぴゆうさん

    あっ「飛行機が着陸した」という文をいれるの忘れた(汗)

    これはいかん。

    というわけで現在飛行機は着陸してますm(_ _)m

    NoTitle

    うへ
    どこに着陸する気ダァーーー
    物語も飛行機も・・・

    錯乱坊、ポール。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【扇風機盗難事件 3‐1】へ
    • 【扇風機盗難事件 3‐3】へ