FC2ブログ

    「ショートショート」
    ミステリ

     ←家 →ちょっとしたミスなどするもんか
     おれが生まれた家は田舎にあった。田舎も田舎、ど田舎だ。
     信じられるかどうかわからないが、家には蔵などというものまであった。たいしたものは入っていない。むしろ、がらんとしている。
     幼いころは悪さをしでかすたびに、ここに閉じ込めると親におどされたものだ。ときには実際に閉じ込められた。あのなんとも嫌なかびくささと、光がまったく入ってこない暗闇、そしていつ出られるともしれぬ焦燥感……。おれに閉所恐怖症の気があるのは、そのせいではないかと思っている。
     時が流れ、いつの間にかおれは、犯罪者になっていた。

     極道でこそないが、まったくひどいプロの犯罪者だったと自分でも思う。覚醒剤密輸に関してフリーランスの実働部隊をやっていたのだ。
     人間いつまでも悪いことはできない、とはよくいったもので、おれは公道上を警察のパトカーと鬼ごっこするはめになった。パトカーに包囲されてはかなわない。飛び降りて紛れ込むのにぴったりの雑踏を探していたところ、おれはハンドルを切りそこなった。
     ものすごい勢いで壁が迫ってきたところまでは覚えている。

     気がついたとき、おれは真っ暗な中にいた。
    「助かったのか……?」
     身体を起こそうとした。起きられなかった。
     身動きが取れない!
     パクられたのか。おれの背筋に冷たいものが走った。
     しかし……それにしても、ここはどこだ?
     どこか懐かしい臭いもするが。
     その瞬間、おれは自分が今いるところをまざまざと理解した。
     蔵だ! おれは、あの蔵にいるのだ!
     おれは恐怖に震えた。身をよじろうとしたが、かなわない話だった。
     おれは絶望的な叫びを上げようとしたが、それは声にはならなかった……。

    「先生。この患者は?」
     制服をつけた長身の警視から先生と呼ばれた白衣の男は、ベッドに横たわるやせ衰えた老人の身体を見下ろして答えた。
    「最新の医学の成果です。これまで二十年ほど、植物人間を続けていましたが、画期的な治療法により、ようやく脳機能の回復にだけは成功しました」
    「普通の人間みたいに動けるようになるんですか?」
     白衣の男はかぶりをふった。
    「いえ。この患者が事故当時受けた外傷はひどく、五感のほとんどは回復しないままでしょうね。運動なんて、考えるだけ無理ですよ」
    「脳だけが生きている感じ、ということですか。ははあ。で、こいつは、どんな夢を見ながら眠っているんですか?」
    「さてね」白衣の男は首を振った。「いい夢を見ていたら、この患者に泣かされた人々は納得できないでしょうな」
    「それじゃ、今日はいろいろと患者を見せていただいてありがとうございました。しかし、この部屋、妙にかびくさいですな」
    「そうですか? 掃除はさせているつもりなんですが。まあ、税金で養っているんですから、この患者にもかびくささくらい我慢してほしいものですね」
     二人の男は談笑しながら地下室を出て行き、扉は重く閉ざされた。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【家】へ  【ちょっとしたミスなどするもんか】へ

    ~ Comment ~

    Re: ぴゆうさん

    肉体は牢獄だ、といったのはギリシア人でありますが、動かない身体に閉じ込められるなんて想像もしたくないであります。

    人間の思考速度を数千万倍に上げる薬、というのを考えたことがあります。
    そうすると、身体がついていかないからわずか1秒の刑でも無期懲役刑よりきつい刑罰だよな、と思ったのですが、より上には上がいるもので、その薬を飲む前に、麻薬を飲んじまえば、陶酔がものすごく長く続く、ということに気づいてショートショートにしようとしたがうまくいきませんでした。

    このショートショートはそのボツ案を改造したものであります。

    NoTitle

    これはイヤだな。
    脳だけ回復させた意味が刑罰だとしたら、成功しているよね。
    五体が動かない恐怖、考えるだに恐ろしい。
    悪い事はしないように。

    >神田夏美さん

    目覚めることのない悪夢はおっかないものであります。そういう悪夢世界を描かせると抜群にうまかったのがP・K・ディック先生ですが、最近読んでないなあ。
    主人公が感じていた罪悪感については、考えもしませんでした。なるほど、そう考えればこの男も悔い改めるだけの素質を持っていたのであり、この悪夢は無限の地獄ではなくていつかは終わる煉獄だと読めなくもないですな。おおっ、将来に向けて希望が出てきたぞ。(^^)
    作者も気づかなかった新たなる読み方を見つけてくれてありがとうございます~。m(__)m

    奇跡的に脳は回復しながらも、もう二度と動くことも叶わず、悪夢を見続ける犯罪者。ある意味究極の罰かもしれませんね。
    しかし、こんな夢を見るということは、この犯罪者の中にもやはり罪を犯したことへの罪悪感があったのでしょうか。最後に重く閉ざされた扉が、現実の非情さを教えてくれる気がします。

    >マイマイカブリさん

    ようこそいらっしゃいました!

    拙い作品ばかりですが、またおいでください~。

    マイマイカブリさんのジオログのほうも楽しみにしております~♪

    こっちにコメントするのは初めてだね。
    短編で一番最初にみたこの作品に記しておきます。
    それではまたね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【家】へ
    • 【ちょっとしたミスなどするもんか】へ