FC2ブログ

    趣喜堂茶事奇譚(うんちく小説シリーズ)

    趣喜堂茶事奇譚/ミル・ボーン(その1)

     ←トオリマ →趣喜堂茶事奇譚/ミル・ボーン(その2)
     雨だ。暑いのがしばらく落ち着くのはうれしいが、湿気が多くて気持ち悪くてしかたがない。

     バイトも休みだし、ひさかたぶりに本かマンガかゲームでも楽しみに行くとするか。

     ぼくは『趣喜堂』の扉を開けた。がらんがらんがらん、と鐘が鳴った。

    「いらっしゃいませ」

     舞ちゃんが、ぼくを認めて声をかけてきた。

    「傘は、そこの傘立てに入れてくださいね」

    「買ったんだ」

     ぼくは、傘立てに傘を入れ、身体から水滴を払った。

     電力消費のピークの時間は過ぎていたので、クーラーがついていた。乾いて涼しい空気。生き返る気持ちだ。

     テーブルの隅では、井森が本を読んでいた。

    「よっ」

    「なにを読んでいるんだ? ランサーがモンテに挑んでいるのか? ホンダがレースにカムバックしたのか?」

    「ロータリーがインディで咆えているんだ。もうすぐ読み終わるぜ」

     井森のやつ、すっかり高齋正先生のファンになってしまったらしい。まあ面白い作品だから当然だけど、たまにはかたい本も読まないと、今後のレポートに差し障るのではないかと思う。

     まあ、ぼくとしては、こうして落ち着いた喫茶店でゆっくりとできれば、それでいいんだけど。

    「ツイスト博士、なにか面白いものありますか?」

     ぼくは、本のつもりで聞いた。

    「ああ、井森さんがあと五分くらいであの本を読み終えるはずですから、ちょっと楽しいゲームでもと」

    「ゲーム?」

    「レースゲームなんかどうかと、店長が」

     レースゲームか。レースゲームというと、普通のゲーム分類では、すごろくを指す。コマを動かして、いちばん最初に「あがり」のマスにたどりついたプレイヤーが勝ち、というのがその主なスタイルだ。

    「すごろくですか、博士」

     たまには童心に帰ってサイコロを振るのもいいかもしれない。

    「ヘビとはしごかなにかですか?」

    「ああ、そっちのレースゲームじゃなくて、文字通りのカーレースのゲームです。もうつぶれてしまいましたが、アバロンヒルの……」

     アバロンヒルでカーレース?

    「スピードサーキットですか? いや、あのゲーム、楽しいけれど、ルールを教えるのがたいへんですよ。ここだけの話ですが、井森のやつ、麻雀のルールを覚えるのにもえらい苦労を」

    「してねえよ」

     井森が本を閉じた。マツダはインディで勝ったらしい。顔つきがレーサーみたいになっていた。ヤクザ映画を見た後で肩をいからせて帰る、というのは聞いたことがあるが、カーレースの本を読んだ後でこんな顔になるとは。やつはいちおう、免許を持っているが、ここまで思い込みが激しいとしたら、やつの車に乗るときには注意したほうがよさそうだ。

    「スピードサーキットじゃなかったら、なんですか?」

    「ミル・ボーンです」

    「ああ、あれですか! モンスターメーカーのもとになったカードゲームですね」

    「プレイされたことは?」

    「初めてです。あれの、アバロンヒル版があるんですか?」

    「いや、アバロンヒルの名前を出したのは、そちらのほうが有名だと思ったからです。今回プレイするのは、最近別な会社から出たバージョンです」

    「ミル・ボーンってどういうゲームなんだい? そもそも、ミル・ボーンって、なんなんだ?」

     井森がぼくに聞いた。

    「ミル・ボーンっていうのは、英語でいうマイルストーン、日本語でいう里程標だ。何マイル進んだかが書かれている標識だな。ゲームの内容は、フランス国内でのキャノンボールだ」

    「ああ、交通ルールを無視してどんどん飛ばすゲームなんだな」

    「いや、交通ルールはしっかり守ってもらう。レースというより、ドライブのゲームだな。それでいながら、生粋のレースゲームだ」

    「なんだそりゃ?」

     井森は首をひねった。

     ツイスト博士が、カードを切りながら説明を始めた。

    「このゲームは四人のプレイヤーが、二人ずつのペアになって行うゲームです。二人用や三人用、六人用のルールもありますが、ペアを組んで四人で戦うのがいちばん面白いでしょう」

    「じゃあ、組を決めようぜ。じゃんけんで勝った人間が、好きな相手を指名するということで。それ、じゃんけんぽん……」

     勝ったのはぼくだった。ペアの相手にはツイスト博士を選んだ。ぼくだって友達の心がわからないほど野暮で非道ではない。

     舞ちゃんとチームが組めたことに、レーサーみたいな顔をさらにレーサーっぽくしている井森をほっといて、ぼくはツイスト博士……捻原さんの説明を聞いていた。

    「基本的に、距離カードを出して、ぴったり1000マイル走ったチームの勝ちです」

    「妨害があるんでしょう?」

     ぼくはにやりとした。

    「妨害だって?」

     井森がきょとんとした。

    「まず、青信号というカードがそのペアの場に出なければ、走り出すことはできません。ペアで、一台の車を走らせていると思ってください。それから、ここが大事ですが、他のチームから妨害カードが出されることがあります。パンク、事故、ガス欠、速度制限、そして赤信号。それらが出されたら、対応するカードを出さなければ一歩も進めなくなります。基本的には、パンクにはスペアタイヤ、事故には修理、ガス欠にはガソリン、速度制限には速度制限解除。赤信号にはもちろん青信号。忘れやすいことですが、パンクや事故やガス欠を処理したら、また新たな青信号カードを待たなければ進めません」

    「なんかすごく難しいゲームに見えるんですが……」

     説明してくれた舞ちゃんに、井森は眉根を寄せながらいった。

    「一回ゲームをやれば、すぐに飲み込めます。それから、さらに防御効果の高いカードがあるのですが」

     井森は我慢の限界に来たらしかった。

    「説明聞くより、一回、ルールを覚えるためのゲームを始めようぜ! 詰まったら、どんなカードを出せばいいのか、教えてくれればそれでいいからさ!」

     まあ、たしかに、ぼくが雑誌で読んだ記事によれば、ルールは単純そのものだったから、井森がいったことが正しいのかもしれない。

    (この項つづく)
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 読書日記
    【トオリマ】へ  【趣喜堂茶事奇譚/ミル・ボーン(その2)】へ

    ~ Comment ~

    Re: ねみさん

    本やゲームで持っているやつは挿絵とか写真とか入れたいのですが、挿絵は絵心がないし、写真は著作権が怖いし……。

    すみません(汗)

    NoTitle

    たまに思うのですが
    ポールさん、ポールさん。

    挿絵とか入れてみませんか?
    ルールなんかを説明されても
    難しくて・・・。

    でしゃばったマネごめんなさい。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【トオリマ】へ
    • 【趣喜堂茶事奇譚/ミル・ボーン(その2)】へ