FC2ブログ

    「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    探偵エドさん(童話掌編シリーズ・完結)

    エドさん探偵物語:23 美人コンテスト事件

     ←昨日飲んだウーロン茶はマズい(変奏曲そのX・矢端想さんいただきもの4コマ!) →エドさん探偵物語:24 階段の声
    美人コンテスト事件



    「エドさん、どう、似合う?」

    「ああ。よく似合ってるよ。そのドレスは君のデザイン?」

    「もちろん」

     私立探偵のエドさんに、ドレスアップした写真を見せた栗色の髪の女流芸術家は胸を張りました。

    『こんな奇抜なドレスを着ていて、それでいて調和して見えるんだからなあ。もとがいいのかなあ。それとも、わたしが現代芸術に目覚めてしまったのかなあ』

     エドさんはそんなとりとめもないことを考えていましたが、やることがありました。

    「それじゃ、わたしは仕事にかからせてもらうよ。まあ、君の出場するときには必ず戻ってくるからさ」

    「エドさん、ほんとに義理堅いのよね。そこがいいところなんだけど、仕事じゃね……」

     栗色の髪の女性と別れたエドさんは、ちょっぴり不安になりました。仕事に追われて、あの女性の晴れ舞台を見逃したら……。

     エドさんは激しく首を振りました。

    『いや、そんなこと考えている場合じゃない。現に、この美人コンテストに、脅迫状が届いているんだ。コンテスト終了時までに、恐るべき犯罪が行われるであろう、もし、警察に知らせたりすれば、さらなる恐ろしいことが起こる。これを防ぐことは、誰にもできない、という脅迫状が。あの人になにかあったら、わたしは……』

     エドさんの携帯が振動しました。

    「エドです」

    「なにか変わったことは?」

    「なし。そちらは?」

    「なし。定時になったらまた連絡する」

     警察に知らせられなくなった美人コンテスト開催者側は、大きな私立探偵事務所に依頼しました。その会社と提携している、個人の私立探偵がかき集められ、その中にエドさんも混じっていたのです。

     もとから、観客として見に行くつもりだったエドさんでしたが、仕事、となったら話は別です。ほんとうに、さっきかわした約束を守れるかどうか、不安でなりませんでした。

     ふとエドさんは、知り合いを見かけたような気がして、顔を上げました。反射的に携帯のボタンを急いで押すと、指揮を執っているベスター所長に連絡しました。

    「ベスター所長、『ナマズのケリー』を発見しました。どうします、泳がせますか?」

    「今、警備員を向かわせた。われわれの仕事は、あんなスリとは直接的な関係はない」

     エドさんは時計を見ました。

    「わかりました。会場の人間と交替しましょうか?」

    「今のところその必要はない。そのままの位置で待機していてくれ」

     エドさんは、悪態をつきたくなるのをぐっとこらえて、約束を破らなくてはならなくなったことを心の中で栗色の髪の女性に詫びました。

     そのとき……。

     エドさんの頭に真相がひらめきました。



     結局、捕まえた悪人は、『ナマズのケリー』をはじめとする、スリやかっぱらい数人に過ぎませんでした。

     あの脅迫状はいたずらだったんだ、ということでその場はお開きになりました。総指揮を取っていた、このあたりで最も大きな探偵社を率いる、老いてなおかくしゃくとしているベスター所長は、やれやれというように席から立ち上がりかけました。

     そのそばでエドさんはささやきました。

    「脅迫状の犯人は所長、あなたですね」

     ベスター所長は、目をむきましたが、一瞬後にはもとの頑固そうな表情に戻りました。

    「なにをいっているんだ、君は?」

    「他の探偵たちから聞いたところによると、所長、あなたは現場視察と称して、一度会場のホールに足を運んでいる。それと時間を同じくして、とある若い娘さんが、コンテストの舞台に出場している。所長の別れた奥さんと同じ姓のね。偶然の一致とは思えません」

    「なにをいいたいのだかわからんが」

    「あなたは、この探偵事務所の所長として、仕事第一というイメージを作り、それが事務所の信頼になっていた。孫娘の晴れ舞台に、仕事を休んで駆けつけるようなことができないくらいにまで。もし、コンテスト会場に、警察は絡まないような形の、老所長が自ら最前線で指揮を執っても疑われないような重大事件をでっち上げることができれば……」

    「なにが望みだ?」

     数日後、四人の男女が、ボリスの料理店で談笑をしていました。一方は年の差があるふたりの男で、もう一方は、奇抜なドレスに身を包んだふたりの美しい女性でした。


    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【昨日飲んだウーロン茶はマズい(変奏曲そのX・矢端想さんいただきもの4コマ!)】へ  【エドさん探偵物語:24 階段の声】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    これは見目麗しい女性に最先端ファッションのドレスを着せたくて書きましたキリッ(`・ω・´)

    後悔はしてません(笑)

    エドさん優しい

    仕事と家庭の両立は大変ですよね。男の人はなおさら、「仕事を優先して当然」みたいに思われますからね。
    所長さん、大切な物を大切にできる生活が少しずつできるようになるといいですね!

    なんてこった!

    その奇抜なドレスをfateも見たかったのに!!!

    美人コンテストなんて、一度で良いから参観したいわ~
    衣装もスゴイんだろうな~
    良いな~~~

    Re: YUKAさん

    エドさんもやるときはやるのです(笑)。

    将を射んとすればまず将を射よ(違)。

    こんばんは^^

    お!
    今日は、ちょっと狡猾なエドさんでしょうか?
    それでもお食事代だけなのが、らしいのかしら^^

    自分もそうだから気が付いたという~~^^

    Re: 有村司さん

    このシリーズはたいていほのぼのとした話です。

    中にはハードでシリアスな話もありますが……(^^;)

    この所長はもっと何かで使おうかと思っていたけれど使うチャンスがありませんでした(^^;)

    それにしてもやはりミステリはいいですな(^^)

    ああーシリーズになると…

    なんかこう、愛着がわきますね^^

    ボリスの店で仲良く食事しながら談笑…いいラストだなあ。

    このお話、最初にざっと目次に目を通した時から気になっていたのですが、こんなほのぼのした終わりになるとは思ってもみませんでした。

    所長、可愛い^^

    Re: limeさん

    ねえ、だってそりゃねえ。エドさんも男性ですからねえ(^^)

    たまにはみんなハッピーで終わる話を書きたくもなります。

    50話か100話の暁には……などと考えておりますが、ほれ幸せになりたかったらしゃきしゃき働かんかいエドさん(鬼)。

    Re: ぴゆうさん

    やっぱり孫はかわいいわけですな。

    ワーカホリックでハードボイルドな私立探偵でも。

    NoTitle

    エドさん、なかなか抜け目ない。

    みんな、幸せな気分で終われて、良かったです^^

    ナマズのケリーは残念。

    NoTitle

    なんか本当にありそう。
    にくめない爺ちゃんでした。
    v-398
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【昨日飲んだウーロン茶はマズい(変奏曲そのX・矢端想さんいただきもの4コマ!)】へ
    • 【エドさん探偵物語:24 階段の声】へ