FC2ブログ

    「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    探偵エドさん(童話掌編シリーズ・完結)

    エドさん探偵物語:37 孤独なスポーツ

     ←夏コミ情報 →エドさん探偵物語:38 ある日の車窓
    孤独なスポーツ



     海の上は、うららかな上天気でした。私立探偵のエドさんは、シャツ姿も涼しげに、クルーザーの上で釣り糸を垂れていました。釣り糸といってもテグスではなくワイヤーで、そしてこれは遊びではなく仕事でした。

    「まったく、最近の連中と来たら、探偵と便利屋の区別がついていないんじゃないのかなあ。まあ、わたしにお金を払って休暇をくれる、というのも同然だし、わたしとしては別にいいけど……」

     エドさんはそう思いながら釣り糸のリールに手をかけていました。

     依頼人の要求は奇妙なものでした。まず、引いてきたらしばらくはリールのモーターを止めて、なにがあってもその状態を保たなくてはならない。

     それでいて、いったん、引きが弱まったら、その瞬間にモーターのスイッチを入れ、思い切り引き上げる。

    「奇妙だと思うかね? しかし、人生、孤独なスポーツというのもあるのだよ」

     依頼主は、神妙な顔で釣竿に向かうエドさんのほうを見て笑いました。

    「あなたは、やらないんですか?」

     エドさんは尋ねました。孤独なスポーツだったら、自分でやればいいじゃないか、という気持ちだったのです。

     依頼主はよく冷えたカクテル、ダイキリに口をつけてひとすすりしました。

    「わたしは、孤独なスポーツに向かい合っている人間を見るのが好きなんだ。特に、スポーツの緊張の頂点となるその一瞬を、プレイヤーがどんな顔で迎えるかのほうに興味がある。ほら、こうしてカメラも持ってきた。一眼レフのデジカメだ」

     金持ちの趣味はわからん、エドさんは首を振って、そのときが来るのをひたすら待ちました。釣りは孤独なスポーツなのです。

     しかし、奇妙な釣りでした。まるで、獲物に逃げられてから、竿を上げろ、とでもいいたいような条件です。なにがあるのか、エドさんは胸騒ぎを感じていました。

     太陽が雲にかげったそのとき……。

     エドさんは、竿にものすごい力がかかるのを感じました。イシダイどころではない、常識を超えた引きです。

     エドさんはリールのスイッチを入れ、身体がシートベルトに固定されていることに感謝しながら、竿を支えました。エドさんは腕力には自信はそれほどなかったのですが、いざ依頼がかかっているとなると、普段は出てこない力が出てくるものなのです。

     謎の相手との力比べは延々と続いたようにエドさんには思えました。

     もう竿が折れる! と思ったとき、いきなり引きが弱くなりました。エドさんは、急いでモーターのスイッチを入れ、リールを巻きました。

     やがて、糸のあったところにさざ波が立ち……。

     ワイヤーをつかんだ「手」が海の中から姿を現しました。

     エドさんはびっくり仰天しました。

    「な……な……な……」

     依頼主の富豪は、そんなエドさんの顔に向かって、シャッターを切り続けました。

    「な、なんなんです、これ!」

     そのときには、うろこだらけの肌を持つ、指に水かきのついた、どこからどう見ても半魚人としか呼べないヒューマノイドが、ワイヤーを握ったまま船にまで泳いできて、甲板に上がりました。依頼人の富豪は、半魚人と握手を交わしました。

    「これで三期連続のチャンピオンだな、ギョエールくん」

    「ありがとうございます。やはり、スポーツは、根本的なところで孤独なものですね」

    「あの……どういうことなんですか?」

     まだ動転しているエドさんは、二人に尋ねました。

    「わたしの仲間が、海上から吊り下げられたワイヤーに、決められたところからいっせいにつかまるんです。そこから、一生懸命に上を目指して這い上がるんですが、ワイヤーはあるところで、切れるようになっているんです。切れる前に、最初に登りきったものが勝利です。素晴らしいスポーツですよ。われわれの仲間では、プロのリーグまでできています。テレビ放映もされるんです」

     エドさんは、呆然としてなにもいえませんでした。

    「わたしは、この『優勝者』と対面したときのスタッフの顔を写すのが好きでなあ。焼き増ししたら、君に送ろう」

     数日後、三人の姿が映った記念写真が送られてきました。エドさんはゴミ箱に放り込むと、事務所でひとり、客を待ちました。

     探偵業こそ孤独なスポーツなのです。


    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【夏コミ情報】へ  【エドさん探偵物語:38 ある日の車窓】へ

    ~ Comment ~

    Re: YUKAさん

    まったくもうエドさんのいい人ぶりといったら、作者のわたしとはまるで逆で(^^)

    願望充足小説だなあ、ほんと(^^)

    こんばんは♪

    なるほど。。。

    上手いつくりだなぁとひたすら感心。
    こういう話が書けるから、私はポール・ブリッツさんを敬愛してやみません^^

    相変わらず、エドさんはいい人だなぁ~
    でも探偵さんは、意外となんでも屋だと思いますけどね^^

    Re: 有村司さん

    気に入っていただいて嬉しいです。

    元ネタはもちろん、芥川龍之介先生の「蜘蛛の糸」ですが、裏ネタとして、海からロープが伸びてくるという、一読忘れがたいホラー小説がありまして……(^^)

    ギョエールくんのモデルは、もちろんラヴクラフトのインスマスの魚人間ですが、ギョエールという名前はもがもがもが(なぜか沈黙)

    これまた!

    逆転の発想!!

    釣り(?)の描写も素晴らしかったですが、アイディアが秀逸です^^

    好きだなあ、こんなお話。
    ギョエール君…ウルトラQに出てきそうです^^
    エドさん、まあそうくさらずに…。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: 土屋マルさん

    ちなみにこの競技の名前は、「蜘蛛の糸」といいます(笑) ウソです決めてません(^^;)

    レイトン教授は、ゲーム機を持っていないのでよくは知りませんが、昔の子供向けの本って、こういう大人の人、よく出てきたような気がします。無鉄砲な子供を見守り諭す、大人が……。

    NoTitle

    ちょっと体調が持ち直したので、さっそくエドさんに会いに来てしまいましたwww

    孤独なスポーツ(*´∀`*)ノ
    勝手にスタッフにされたエドさん、ご愁傷様ですwww
    何とも言えない妙な味わいに、やたらにやにやしてしまいました。
    半魚人のためのスポーツだったのですねwww

    近頃エドさんを読むと、チープな発想なのですが、なぜかレイトン教授をイメージします。
    紳士な態度、知的な台詞、腕っぷしはあまり自信がない、というところなど‥‥
    短い童話風のお話の中に、それだけのものを詰めることができる技量に、いつも勉強させていただいています。
    エドさん、好きだなあ(*´ω`*)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【夏コミ情報】へ
    • 【エドさん探偵物語:38 ある日の車窓】へ