FC2ブログ

    「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    探偵エドさん(童話掌編シリーズ・完結)

    あとがき

     ←エドさん探偵物語:50 そしてまたどこかで →作品解題
    あとがき

     わたしがはじめてエドさんに会ったのは、ある童話の賞に応募するために、なんとかして原稿用紙五枚を埋めようとしていたときでした。

     しかし、いきなり、そのときのことを書いてもわからないでしょう。

     そのときのことを語る前に、ある本のことを話さなければなりません。

     その本の名は、あまんきみこ先生の「車のいろは空のいろ」という童話集でした。

     病院の本棚で、わたしは、なんとはなしにその本を手に取り、読み始めました。特に理由はありません。漫画に飽きたのか、読みたい小説がなかったのか、この本の題が気に入ったのか……。

     しかし、はっきりいえることは、読み終えたとき、わたしは完全にこの本のとりこになっていたということです。特に、主人公である、タクシーの運転手さんの、善意と良識に満ちた人間性に、深い感銘を受けました。

     童話賞の新聞広告を読んだとき、わたしの頭に浮かんだのは、その運転手さんの横顔でした。

     よし、こういう人を主人公にしよう、とわたしは決めました。しかし、そこまで決めたのはいいものの、なかなか書き出すことができません。

     ところで、わたしは、ミステリと呼ばれる小説が大好きです。そこに登場する探偵たちには、日ごろから憧れていました。

     わたしは思いました。この運転手さんのような、良識と善意に満ちた探偵を主人公にして書いてみたらどうだろう。小さなオフィスで、目立たないけれど、依頼された仕事は良識と善意に従い、きっちりとこなす探偵。

     それには、シャーロック・ホームズのような風変わりな探偵よりも、いわゆる、「ハードボイルド小説」に出てくるようなプロフェッショナルの私立探偵のほうが似合っているのではないか?

     そう考えたときに、エドさんという人物が、目の前に浮かんできたのです。

     わたしはワープロのキーを叩き始めました。ほんとうはパソコンのキーを叩きたかったのですが、その場には中古のワープロしかなかったのです。

     話はすらすらと、魔法のように湧き出てきました。三時間後には、わたしは「突然の依頼猫」の初稿を書き上げていました。

     六日かかって三篇を書き上げたとき、わたしは友達に見せました。アドバイスを受けようと思ったのです。

     そうしたら、友達から絶賛されました。

     気をよくしたわたしは、調子に乗って、心の中の「エドさん」が、こんな冒険もした、あんな冒険もした、というままに、ひたすら書きました。十篇も書いたら、受賞確率も高くなるだろうと考えたからです。

     欲張った心が悪いのか、わたしの投稿したこの話たちは、受賞にかすりもしませんでした。

     そのことを友達に話したら、「百篇書いて長編にしたらどうだ」といわれました。

     「百篇は無理だよ。できて五十篇だ」とわたしは答えました。あくまでも冗談のつもりでした。

     しかし、ブログを作って小説を発表し始めたとき、わたしの心の中の「エドさん」は、忘れないでくれ、心のどこかに留めておいてくれ、と叫び続けていました。

     わたしはエドさんを、百篇は無理でも五十篇を目標に書き始めました。長い長い中断もありましたが、わたしはがんばりました。

     そして……この最終回に至りました。

     感無量です。

     しかし、心の中で「エドさん」は、まだ話したいことがある、といい続けているのです。

     その「話したいこと」がなんなのかは、わたしもわかりませんが、形になったらまた発表したいと思います。

     そしてまたどこかで。そしてまた、いつかどこかで……。 


    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【エドさん探偵物語:50 そしてまたどこかで】へ  【作品解題】へ

    ~ Comment ~

    Re: 有村司さん

    ありがとうございます。

    わたしもここまで長くなるとは思いませんでした。

    その間の赤裸々な事情は、「作品解題」に書いてあります。

    続編の構想もあるのですが、まだヴィジョンが見えてこなくて……。

    まあぼちぼちやります。

    いやはやお疲れ様としか…

    こんにちはー。

    私が「原稿用紙五枚で起承転結のある物語を五十篇書きなさい」と言われたら…。

    泣いて土下座してお断りするか、置手紙を残して失踪だと思います(苦笑)
    そんな難行を達成し、見事「偉業」に変えられたポールブリッツさまの、この作品が、何故童話大賞でかすりもしないのか!?
    私はそのときの審査委員に背筋を正して小一時間は問いたい!!

    ですが…反面、十篇で終わりだったこのお話が、五倍に増えたのですから「エドさんファン」としては喜ばしいことでして…申し訳ありません^^;

    「エドさん詣」では、私の日課でしたので、次から何を読ませて頂こうか、本当に悩ましいところです。

    お疲れ様でした!

    Re: まりんママさん

    こちらも、「ひぐらし日記」いつも楽しく読ませていただいております。

    なにせ五十話の長丁場、ゆっくりご覧ください。

    一日に五分、一話ずつ読んで行くのも楽しいと思いますよ(^^)

    Re: limeさん

    いや、「エドさん」みたいな人を心の中に住まわせているとたいへんです。

    馬車馬のごとく酷使されてしまう(笑)。

    とりあえず今は充電期間です。

    Re: 蘭さん

    読者のかたに淋しがらせて終わるというのもまた作者冥利につきますね。

    しかし、ここで感動的に終わらせておけばいいものを、

    明日は内実元ネタを赤裸々に語ってしまう「作品解題」がUPされます。

    自分の露悪趣味がいやになりますな(笑)。

    作者がなにを考えて書いていたかを知りたければぜひどうぞ(^^;)

    はじめまして

    途中からですが楽しませていただきました。
    今度は最初から読ませていただこうと思います。

    またエドさんにお目にかかるのを楽しみにしています。

    NoTitle

    そうやって、心に住み着いてくれるキャラクターがいることは、幸せですよね。
    だれでもない、自分が生み出した人物。
    まだまだ語りたそうなエドさんを、そのままにしておいては可愛そうです。
    いつかまた、ひょっこり復活させてくださいね。

    子供が読む「童話」のくくりには入らないかもしれませんが、
    大人の癒しとして、私もこのシリーズが大好きです^^

    こんばんは^^

    お疲れさまでした^^

    「童話」という括りになるのかどうか私にはイマイチわかりませんが、探偵エドさんのお話、一話一話がとても読み易い形になっていたと思います。
    最終話を読んで、「とうとう年貢を納めるのね~」と思いつつ、「探偵まで辞める必要が??」とも思わされました。

    何か寂しい気もしますが、これがまたポールさんのステップアップとなる事を期待しつつ、お祝いのコメントと替えさせていただきますv-290
    本当にお疲れさまでしたe-405

    今、「アルファポリス」では8位ですね!
    頑張って下さい♪
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【エドさん探偵物語:50 そしてまたどこかで】へ
    • 【作品解題】へ