FC2ブログ

    ホームズ・パロディ

    瀕死の探偵

     ←○○ごの事件 →黄色いガーネット
     私、医学博士ジョン・H・ワトスンが、わが最大の友人である名探偵シャーロック・ホームズと、ベーカー街の住み慣れた下宿とから離れ、郊外の小さな診療所で、妻との落ち着いた暮らしをしていたときのことである。

     私が朝の新聞を読んでいると、妻が来客を告げた。

    「誰だと思う?」

     妻に対し、私は首を振った。

    「わからんね」

    「ホームズさんの下宿の大家さん、ハドスン夫人よ。すごく慌てていたわ」

    「それを早くいうんだ!」

     私は大急ぎで、その「慌てている」とかいうハドスン夫人を出迎えに行った。

     見てみると、ハドスン夫人は、顔色を真っ青にして、卒倒直前、というところだった。私は妻に、気つけのためのブランディーを持ってくるようにいい、ハドスン夫人に問いかけた。

    「なにがあったんです、ハドスン夫人? ただごとじゃなさそうですが……」

     そこまでいったとき、はっと私は思い当たった。

    「ホームズ! ホームズですね! ホームズになにか……よからぬことが起こったんですね!」

     わたしはハドスン夫人の肩を捕まえ、激しく揺さぶった。ハドスン夫人は、私の問いには答えなかった。

    「あなた、ブランディー……」

     妻が、ブランディーの入ったグラスと壜を持ってきた。

     私は、ハドスン夫人の肩から手を離すと、ぜいぜいいっているハドスン夫人の口元に、グラスを持っていった。

     ひと口、その燃えるような液体を飲んだハドスン夫人は、呼吸を整えると、私に恐ろしいことを告げた。

    「ワトスン先生、すぐにベーカー街にいらしてください。ホームズさんが、ホームズさんが、たいへんなんです。なにか恐ろしい熱病に冒されたらしくて、ベッドに臥せったまま、食事も摂らずに、かすれた声で、あなたをお呼びしろと繰り返すんです」

    「なんということだ。ハドスン夫人、遠路はるばる伝えていただいてありがとうございます。こうしちゃいられない!」

     私は旅装を調えると、一時間としないうちに、あのロンドンへ、あの懐かしいベーカー街の下宿へと向かう列車に身をゆだねていた。

     われらが天才、シャーロック・ホームズのような優秀な頭脳を失うのは、大英帝国ばかりではなく、全人類に対しての不幸であり災厄である。

     私は、ひたすら、列車が早く着くことを祈った。

     列車がロンドンに着くと、私は転がるように飛び出し、ベーカー街への辻馬車を拾った。

    「早くしてくれ。金貨ははずむ」

     御者は私の真剣なことを認めてくれたのか、単に一ポンド金貨がほしかったのか、猛烈な速度で馬車を飛ばしてくれた。

     私は金を御者に投げると、大急ぎで、あの下宿への階段を突っ走った。

     私は扉を開けた。

    「ホームズ!」

     慌てていたせいで、常人にはない馬鹿力が出てしまったらしい。私は、ドアの錠前を壊してしまっていた。

     それは後で鍵屋を呼んで直してもらうことにして、私はホームズの寝室につながる扉を開けた。

     そこで私が目にしたものは……。

     ああ、我が最高の友人が、なんという無残な姿になっていたことか!

     ホームズは、やせ衰えた身体で私を見ると、弱々しい声で「ワト……」といった。

    「しっかりしろホームズ!」

     私は臥している友人の肩を捕まえると、正気づかせるために、ホームズの顔に三十発の往復の張り手をかました。

    「どうしてこんなことに!」

     私はホームズの頭をがっしりとつかみ、めちゃくちゃに振り回した。

     そこまでしても、ホームズは意味あることはなにもしゃべらなかった。

     私は、絶望にかられ、友人の胸板に、やるせない拳を何度も何度も振り下ろした。

    「ホームズ! ホームズ!」

    「あの……」

     背後から、ハドスン夫人が私に呼びかけた。

    「ワトスン先生、ホームズさんの診察を……」

     私は我に返った。

    「ああ、そうだった」

     たしかに、ホームズの身体はひどいことになっていた。私は友の身体を思って嘆いた。

    「極端な栄養失調、それに重度の打撲、脳震盪。肋骨も二、三本折れているようだ。そのまま死んでいてもおかしくない。まったく、誰がこんなことを」

     ベーカー街にやってきたレストレードが、私をスコットランド・ヤードまで連行したのはその直後のことだった。

     いったい私がなにをしたというのだ。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【○○ごの事件】へ  【黄色いガーネット】へ

    ~ Comment ~

    Re: 秋沙さん

    医学博士ですから、ホームズとつきあってさえいなければそこそこ儲けて楽に暮らせたはずなんですがねえ。人生どこに罠が(あれ?)

    あたしも忘れてましたよ。
    ワトスンくん、あんた医者だったね・・・(^^;)

    Re: limeさん

    ネット知人の話では、わたしのホームズ・パロディを読んでいると、いしいひさいち先生のマンガの登場人物が浮かんでくるそうです。

    うーん、わたしとしては、ジェレミー・ブレットのつもりで……(←自重しろわたし(笑))

    いいなあ、このコンビ!
    可愛そすぎるホームズが、なんとも可愛いww

    ワトソンくん、いつか親友を失くすね^^;

    Re: レルバルさん

    いいのかわたしこんな小説書いて(笑)

    しかし新潮文庫版を読み返すと、ホームズってむちゃくちゃ面白いなあ。主人公コンビの勝利だよなあ。

    おい!
    気がつけよ、ワトソン君
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【○○ごの事件】へ
    • 【黄色いガーネット】へ