FC2ブログ

    「ショートショート」
    その他

    黒いふくの男

     ←落ちる →神田夏美さんお誕生日プレゼントショートショート!
     ある日、けんたくんは、家でるすばんをしていました。

    「あ~あ、たいくつだなあ。だれか、おしゃべりできる人かなにかが、あそびにこないかなあ」

     まい日あそびすぎて、ゲーム機も、テレビも、コントローラーを取りはずされてしまっていたのです。

     おかあさんは、「べんきょうするか、本をよみなさい」といって、パートのしごとに行ってしまいました。

     マンガはぜんぶ、あきるほど読んでしまったし、むずかしい本は、ちっともおもしろくありません。

     けんたくんは、ぶつくさもんくをいいながら、ひとりでぼおっとしているしかありませんでした。

     なんとなく、うとうとしかけたとき……。

     けんたくんは、ふと、なにか、あかるい光を放つものが、すぐそばを飛んで行ったような気がしました。

     はっと、そちらを見ると、手の上にのるほどの大きさの、ぼんやり光るかたまりが、ふわふわとういていました。

    「なんだろう?」

     けんたくんは、そちらに手をのばそうとしました。

    「あぶないっ!」

     けんたくんは、うしろから、いきなり手がひっぱられてびっくりしました。

     うしろを見ると、まっ黒なふくをきた、うすきみわるい男が立っていました。

    「あぶないところだったね」

     男は、けんたくんに、どこかぶきみな声でいいました。

    「おじさんは、だれ?」

    「あれを追いかけているものさ」

     男は、手をのばすと、逃げようとする光のかたまりを、むんずとつかみました。

    「それは、なに?」

     男はふくみわらいをもらしました。

    「電気のせいれいだよ。ただしくは、たいき電力のせいれいさ」

    「たいき電力?」

    「そうだよ。こいつは、ふだんは、電せんや電気きぐの中にすんでいるんだが、きみたち人間が、電気をむだに使っていると、ふわふわとこうして外へ出てくる……これにさわったら、きみみたいな子供は、びりびり、しびれてしまうんだ」

    「それだけなの?」

    「もちろん、それだけではないさ」

     男は、くわっと、耳までさけた大きな口を開けました。

    「こいつは、われわれ、じごくのあくまのたべものになるんだ。人間がむだづかいした電気ほど、おいしいものはほかにないからね」

     男は、光るかたまりを、口の中にぽいと放り込み、もぐもぐとあごをうごかすと、それはそれはおそろしい声でわらいました。

    「きみたちが、電気をむだに使ってくれればくれるほど、わたしたちはまんぷくになるんだ。そうすれば、よりいっそう、わるいことをする力がわいてくるというものさ」

     男のからだがぐうっとふくらんで、けんたくんをつつみこみ……。

     けんたくんは目をさましました。

     ぼーん、と、時計が時を打ちました。四じはんになったところでした。

     おかあさんは、まだ帰ってきません。

     けんたくんは、こわくてこわくて、しくしくとなきだしました……。



    「あれでよかったんですか、電気のせいれいさん」

     夕やみがおおいはじめた、ほかにはだれもいないろじうらを、さっき、けんたくんをおどろかせた黒いふくの男と、光りながらふわふわ飛んでいくぼんやりとしたかたまりとが、ならんでおしゃべりをしながらあるいておりました。

     光のかたまりは、澄んだ声で、黒い服の男にいいました。

    「ええ。こどものうちからあのくらいおどかさないと、人間は、電気をむだにつかうことをやめることはしないでしょう。やみのせいれいさん、あなたが助けてくれて、わたしたちは、ほんとうにかんしゃしています」

    「電気や光がないと、やみはやみでなくなってしまいますからね。でも、わたしがあなたを食べるふりをするのは、もう、つづけたくないですよ。あなたを口におしこむと、わたしのからだが、びりびり、しびれてしまうんですから。なんとかがまんしていますけれど、もっとほかに、人間のこどもをおどかすほうほうは、ないんですか。じごくのあくまだなんて、まったく、いやなやくだなあ」

    「いやなやくでも、おねがいします。電気のむだをなくすために、つぎのこどもの家に、いそぎましょう。わたしたちには、あまりじかんがないんですから」

    「人間たちが、それに気づけばいいですけれどね。あああ、わりのあわない、しごとだなあ」

     ふたりのせいれいは、まがりくねったみちを、どこかべつのまちへとむかっていくのでした。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【落ちる】へ  【神田夏美さんお誕生日プレゼントショートショート!】へ

    ~ Comment ~

    Re: 秋沙さん

    これでナマハゲまでやってしまったら……。

    闇のせいれいさんがハマりそうなことを教えないでください(笑)

    先日、とあるギャグサイトに、こんな言葉がありました。

    「いきなり家にあがりこんできたナマハゲが、使っていないコンセントを抜いて出て行きました。」

    闇のせいれいさん、この方法もありますよ(^^)

    Re: 西幻響子さん

    この、闇の精霊さんのノリノリの演技から見て、文句はこぼしているけど実はやる気まんまんだったとか(笑)。

    「悪い子はいねがぁ~」(笑)

    もしくは、

    「もったいねえ~」(笑)

    Re: 飛翔掘削さん

    うっ、書いた本人としてもそこを突かれると弱い(笑)

    今日は早く寝よ……(^^;)

    読んだあとに思わずにっこりするような、ほんわかしたいい話でした ^^

    「黒いふくの男」という文字を見たとたん思わず「笑うセールスマン」を想像してしまったのですが、、、

    「じごくのあくまだなんて、まったく、いやなやくだなあ」なんて言っちゃう、実はとても可愛らしい男のひとだったのですね(笑)

    ネットなどして無駄に時間と電力を消費しないで早く寝なさい、という事でありますね(苦笑)!
    おやすみなさい!

    Re: るるさん

    確かに一理あるけれど、人間は「易きに流れる」性質がありますからねえ。

    うむむ。

    でも電気を消して、またつけつるときに必要な
    電力が云々……。

    Re: ぴゆうさん

    うっなんと返せばいいかわからん(笑)

    たまには教訓話めいたものも書かなくては、と。

    とはいえ日本人は「喉もと過ぎれば」を地で行く忘れっぽい民族だからなあ。

    あたちも節電しなくちゃ!
    v-389
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【落ちる】へ
    • 【神田夏美さんお誕生日プレゼントショートショート!】へ