FC2ブログ

    「ショートショート」
    その他

    新釈童話 続・裸の王様

     ←がつがつ姫とやせ薬の昔話 →マヤ暦の終焉
     子供に「王様は、裸だ」といわれて、世間の笑いものになった王様は、復讐の一心のあまり、四方八方に追っ手を放ち、あのにっくき仕立て屋を捕えようとしました。

     三か月後、仕立て屋は捕えられました。

    「そちは、よくもありもしない衣服を、『利口な人にしか見えない服』だなどといって騙して売りつけたな」

     仕立て屋はびっくり仰天しました。

    「そんなことはございません。わたくしは、王様のために、珍重される素材を使って、『利口な人にしか見えない服』を仕立てたのでございます」

     王様は怒りました。

    「ええい、そんな服が、どこにあるというのだ」

     仕立て屋は答えました。

    「その、部屋の隅にございます。もし見えずとも、触ってごらんなさい。確かに『ある』ということがわかるはずでございましょう。そうでもなければ、服を着ても暑さ寒さをしのぐことはできませぬ。いや、『服を着る』ということ自体ができませぬ」

     王様は、うさんくさそうに部屋の隅に歩いていくと、手を伸ばしました。

     あります。仕立て屋のいうとおり、手触りだけならたしかに感じられます。しかし、王様の目には、その衣服がまったく見えないのでした。

    「仕立て屋」

    「はっ」

    「嘘をつけ! ここには、なにもあらぬではないか!」

    「えっ! しかしたしかに……」

     仕立て屋は抗弁しようと立ち上がりかけましたが、おつきの衛兵に取り押さえられました。

    「大臣、こやつがあるといった服が、見えるか?」

    「いいえ。わたくしには全く見えませぬ」

    「博士、お前には?」

    「見えませぬ」

    「そうだろう。このものの罪状は明白。今すぐここで、首を打てい!」

     首切り人が、斧を持って現れました。

     取り押さえられた仕立て屋は、最後の力を振り絞って叫びました。

    「この……この国の連中は、国王以下、年端もゆかぬ子供まで、全員、『バカ』だったのか! この国には、『利口な人』は、ひとりもいなかったのか!」

     斧が一閃し、仕立て屋の首は、飛びました……。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【がつがつ姫とやせ薬の昔話】へ  【マヤ暦の終焉】へ

    ~ Comment ~

    Re: ダメ子さん

    寓話のつもりで書いたのですが、いろいろとあらが(^^;)

    正論が通じると考えたとは、この仕立屋もバカだったりして。(^^;)

    仕立て屋さん服は見えても
    王様が馬鹿だと言う事は見えなかったか

    正論を言うより、おだてて楽しい気分にさせるほうが
    成功はしやすそうですけども…

    Re: limeさん

    甘いラブロマンスを続けて書いた反動だったりして(笑)

    どっちかといえば、これは「ミステリ」に入れるべきだったかなあ。歴史ミステリならぬ童話ミステリ(笑)。

    ポール・アンダースンの短編SFに、中世へタイムスリップした男が、農奴たちの悲惨な暮らしを民主主義の思想で救おうとして、当の農奴たちから「この不信心者め」と殺されてしまう、というやりきれない話があったなあ。それがちょこっとまじっているかな。タイトルは度忘れしたけど。

    いやあ~~、最高に面白い!
    このブラック加減が最高です。
    でも、確かに怖い・・・。

    こんなふうに、政治的に抹殺された人々の叫びが聞こえてきそうです。
    利口であることと、幸せであることは、イコールではないのかもしれませんね。

    Re: ぴゆうさん

    現実はもうちょっと救いようがあると思いたいです。

    「利口な人」には何が見えるのだか。

    そもそもなにが利口でなにがバカなのか。

    世の中わからないことばかりです。

    まったく、現実そのまんまみたいだわ。
    馬鹿に付ける薬は無いというけど、
    馬鹿に見える服はないと言い換えないとダメかしら。

    Re: 秋沙さん

    見えた時にはもう手遅れ、という話もあります。

    まったくもうとほほほでありますなあ。

    世の中どこに行ってもそんなもんですが。

    Re: 矢端想さん

    民主主義が衆愚政治に転化し、最終的に僭主制に移行する危険性は、二千数百年前にプラトンが警鐘を鳴らしていたとおりですが、

    「ほかの政治システムよりはよほどマシ」

    なのも事実です。

    だから我々自身が注意しないといけないのですが。

    ということとは無関係に、単に「裸の王様」をひっくり返してみれば面白いかなあ、と思って書いた作品(^^;)

    うむむ(^^;)

    面白い。だけどコワイ(^^;

    今この国に、この服が見える人がいったいどれだけいるんでしょうかね(^^;

    いや、間違いなく私も見えないんだろうけど(^^;

    悪いけど、面白い。
    ブラックだけど、なんだか可笑しい。

    こういうことは、現実にも確かに、ある。
    あるんだよ・・・。

    愚衆による民主主義は、少数の正義をころす。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【がつがつ姫とやせ薬の昔話】へ
    • 【マヤ暦の終焉】へ