名探偵・深見剛助(冗談謎解きミステリ掌編シリーズ)

    名探偵・深見剛助 最後の事件

     ←銀河農耕伝説(リレー小説)/第四回 →君はなにを見ていたのか?
    『名探偵・深見剛助 大学寮殺人事件』



    第15回 (承前)



    「わからないのですが、深見さん、この歌はいったいなにを意味しているんでしょう」

     赤塚刑事の問いに、剛助は首を振らざるを得なかった。

    「それさえわかれば、この事件も解決できると、ぼくの勘は告げているのですが……」




    「先生、お電話です」

    「後にしてくれ」

     おれはワープロのキーボードを叩きながら、秘書兼お手伝いの内村さんに叫んだ。今、原稿がのりにのっているのだ。



     剛助は像を見た。

    「待てよ、ひょっとして……」

    「なにか、思いつかれたのですか、深見さん?」




    「いえ、先生、編集部のかたからで……」

     おれは舌打ちした。

    「携帯をくれ」

     内村さんからスカイプのヘッドセットを受け取ると、おれは頭にはめ、自由な両手でキーボードを打ちながらマイクに叫んだ。

    「もしもし!」



    「ぼくたちは、この歌の、一面しか見ていなかったのかもしれません。この大学の校歌ということにとらわれて、これが明確に意味していることを見落としていた」

     剛助は、言葉を切った。

    「剛助さん、それは!」

     赤塚刑事が、声を上げた。剛助はうなずいた。

    「そうです、赤塚さん、『歌詞』です」




    「……先生ですか?」

    「そうですが」

     電話の主は、思った通り、編集長だった。

    「今、連載中の作品ですが、単行本化の際は、タイトルを変更したいと思いまして……」

    「はあ。それで、そちらの案は?」

     おれはキーボードを叩きながら聞いた。

    「『名探偵・深見剛助 最後の事件』ということにしたいと、編集会議で一致しまして」

     おれはキーボードを打ち損ねた。



    「歌詞!」

    「そうです。その出だしにすべては明らかに示されていたのです」

     剛助は、低く、低く、歌い出した。

    「都の西北、早稲田の隣り……」

     赤塚刑事も声を合わせた。

    「バカ田、バカ田、バカ田、バカ田、バカ田、バカ田、バ




     おれはうろたえた。

    「ちょ、ちょっと、それって……」

     電話の先の声は無情だった。

    「先生、最近の深見剛助シリーズは、ちょっとやりすぎですよ。名探偵の前で『けじめをつける』といった犯人が、その場で身に着けたプラスチック爆弾で爆死したり、ひとりの人間を殺すためだけに超高層ビルをまるごと爆破したり」

    「だって、だって、それは編集部のほうでも、面白い、ミステリ史上これまでにないって絶賛……」

    「でも、ノベルスの読者は、もっと安心して読める作品を求めているらしく、売れ行きがその。それはこれまでのシリーズにも影響しているらしく、シリーズ全体の売り上げがその。ということで弊社としては総撤退をその」

    「そんな、なんとかならないんですか、家だってまだローンが。このパソコンも、スカイプも」

     電話は切れた。



    シリーズ最新作にして最大の難事件! 『名探偵・深見剛助 最後の事件』緊急出版!



     この本、プロ野球のマイナー選手の引退試合みたいに、売り上げだけは良かったそうだ。

     でもおれには、あれからどこからも仕事の話は来ない。

     内村さんもやめてしまった。

     どうしよう。


    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【銀河農耕伝説(リレー小説)/第四回】へ  【君はなにを見ていたのか?】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    最初は単発作品で終わりにするはずだったのですが、つい欲が出て(笑)

    でも勢いでアルファポリスのミステリー大賞にこのシリーズを放り込んだ去年の夏は、我ながらどうかしていた(笑)

    膨らませて鮎哲賞を狙うんだった……かもしれん(^_^;)

    NoTitle

    本格ミステリーかと思ったらメタ落ち展開(笑)
    初手からこのシリーズはどこに行くのかと思わせる見事な展開でした(笑)

    Re: limeさん

    苦し紛れに書いたのにウケてしまうとは……。

    やはりわたしはラブロマンスよりギャグの人間だったのか(^^;)

    さようなら恋愛小説で一獲千金の夢(笑)

    バカ田、バカ田、バカ田、バカ田・・・・

    いや、もう、笑わせていただきました。最高です。
    血も涙もないどす黒い結末じゃないのに、ポールさんらしくて最高です!

    カット割りして5分のミニドラマにしたいです。

    昔、無かったですかねえ、6時55分くらいから始まる4分くらいのミニドラマ。

    あんなの、ふいに作りたくなりました。
    脚本はポールさんね。私、監督w。製作費ないから、役者は無名の劇団員で。

    Re: 矢端想さん

    とぼけたフレーズの天才は、絶頂期の火浦功先生でしょうね。

    「トリガーマン!」第一話の最後、

    『(かわいそーに)』は印象的だったなあ。

    自覚がなかった…。そうとは思わなかったけど、
    むしろ僕の方で潜在的に「カリ城」があったのかも。
    …そういえば前記事のコメントに「どうしよう」って自分で書いている!

    ともあれ、こういうとぼけたフレーズが好きなのです。
    太宰作品のなんかにあったラスト、
    「この世でいちばんしょげてしまいました。」とかね。

    Re: 矢端想さん

    ふふふ「カリ城」の影響だろうと思っただろう。

    しかしこれは、東野圭吾先生の「超税金対策殺人事件」の影響なのだっ!

    わははは……ってイバることかい(^^;)

    いいですねえ。
    「早稲田の隣り」もいいけど、
    最後の「どうしよう。」が僕はいちばん好きです。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【銀河農耕伝説(リレー小説)/第四回】へ
    • 【君はなにを見ていたのか?】へ