FC2ブログ

    「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    探偵エドさん(童話掌編シリーズ・完結)

    エドさん探偵物語:10 盤をはさんで

     ←エドさん探偵物語:9 ペンは剣より →エドさん探偵物語:11 バッジを見つけろ
    盤をはさんで



    「このチェスセット、いいじゃない」

     なじみの古道具屋さんで、エドさんは、古いチェスセットに目を留めました。

    「お安くしときますよ」といって、古道具屋さんは電卓を叩きました。文字盤を見たエドさんは、思わず、「買った!」といいました。いってから後悔しました。あまり流行らない私立探偵のエドさんに、余分なお金はそれほどなかったからです。でもいってしまったらどうしようもありません。

     しかたなくお金を払った後、包んでもらいながら、なんでこんなに安いのか、と訊ねると、古道具屋さんは、声をひそめました。

    「あなただからいいますがね、これ、あのキーツ家のチェスセットだったんですよ」

    「あのキーツ家? ああ、論文を捏造した教授が自殺した、あのキーツ家ね」

     十年ほど前です。この街の大学で医学を教えていたサム・キーツ教授は、ある日、深刻な表情をして、本家の主である双子の兄のデイヴ氏のもとを訪れました。生まれてから四十年、仲の良い兄弟だった二人でしたが、教授は訪れたわけを語ろうとはしませんでした。珍しくチェスを戦わせてから、サム教授は無言のままで姿を消しました。そして次の日、自殺死体で発見されたのです。デイヴ氏にとってショックだったことに、サム教授は、論文を捏造したとして告発されてしまっていたのでした。『こんなことなら』と、デイヴ氏は涙をにじませながら語ったそうです。『最後の勝負で、あいつに負けてやればよかった。あいつはチェスでは誰にも一度も勝ったことがないんだから』

    「起こるんですよ、それ以来」

    「怪奇現象が? 道理で安いわけだ。まあ、一人で遊ぶぶんには、悪さもしないだろう」

     エドさんは、本屋に立ち寄ると、安いチェスの棋譜集を買いました。棋譜というのは、チェスや将棋などの試合の様子を記録したものです。今晩、仕事が終わった後に、有名なチャンピオンの戦いを、一人で盤上に再現しようというつもりでした。

     夜になって、暇になりました。探偵事務所のドアに鍵をかけて、お酒を用意したエドさんは、棋譜を見ながら、クイーンの前の白のポーンを動かしました。

     すると、黒のポーンが、見えない手で動かされたかのごとく、ついと滑り、今動かしたポーンの手前で止まったではありませんか。

    「あれ?」

     エドさんがキングの前のポーンを動かすと、黒のポーンが、またひとつ、盤の上を滑りました。勝負をしようというのでしょうか。

    「面白い」

     チェスにはいささかの自信があったエドさんは、そう呟くと、ビショップに手をかけました。

     見えない相手は強敵でした。エドさんは、汗水を流しながら三回戦って、三回ともころりと負けてしまいました。歯噛みしましたが、腕が違いすぎたようです。

     四回目の勝負のために駒を並べ始めたとき、ふと手が止まりました。いつしかエドさんは真剣に考え込んでいました。しばらく考えた後、机に向かうと、自分の名前を伏せて、警察に手紙を書き始めました。それはこういう風に終わっていました。



    『……デイヴ氏にサム教授を殺す動機がないのは認めます。しかし、教授にはデイヴ氏を殺すだけの理由があるのです。彼はキーツ家の主の座のことで、デイヴ氏を羨んでいました。しかも論文捏造の疑惑までかかっていたのです。教授がデイヴ氏を殺した後、デイヴ氏になりすましたと考えるには充分です。教授は医学の知識を使って、サム教授と思われていた人物の死を自殺死に見せかけることもできました。この疑惑を裏付ける方法がないわけではありません。教授はデイヴ氏の演技をやっていける知能の持ち主でした。しかし、彼は、昔からチェスにだけは弱かったのです。デイヴ氏が、チェスの腕は達人並みだったことを証言してくれる人なら、探せばたくさんいるはずです。警察のかたで、チェスに覚えがある人がいれば、今、キーツ家でデイヴ氏と名乗る人物と手合わせをしてみることをお奨めします。その腕が、彼の正体をおのずから語ってくれるでしょう』



     書き終えて封をしたエドさんは、ほっと息をつくと、盤に向かって、「デイヴさん、これでいいですか」といいました。黒のキングが、うなずくように、ことりと動きました。

    「それじゃ、天国へ行く前に、もうひと勝負お願いします。今度は負けません」

     エドさんは腕まくりして、白のポーンに手をかけました。しかし、今度もまた、見えない相手には、手も足も出なかったのでした。

    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 読書日記
    【エドさん探偵物語:9 ペンは剣より】へ  【エドさん探偵物語:11 バッジを見つけろ】へ

    ~ Comment ~

    Re: 西幻響子さん

    エドさんのもとには、これからも、奇妙な依頼人(?)が次々とやって来ます。

    なかでもすごいのは、「あれ」でしょうね。お楽しみに。ふっふっふっ(^_^)

    エドさんの探偵シリーズのほうを読み進めています。
    うーん、やっぱり面白い、エドさんシリーズ。
    こういう世界、好きなんですよね。

    とくに雪だるまと缶詰と拳銃の回が好きです。
    あそこで雪だるまが出てきたときは、ひっくり返りそうになりました(笑)
    缶詰のはラストが秀逸だったし、拳銃の回もエドさんの優しさが垣間見えてほんわかできました。

    Re: ヒロハルさん

    ニッチ産業というやつでしょうか、そういう店って結構長く続くもんです。そこしか店がないから、リピーターがそれなりに来るものなので。

    とはいえ、「気がついたらなくなっていた」ということも往々にしてあるのがそういう店なので、興味があったらひやかしでいいからのぞいてみたらいかがでしょうか。ハマっちゃったりして(^^)

    ポロリと漏らした一言が……。

    死人に口ありか。

    そう言えば、我が家の近所に、チェス屋さんらしきお店があります。
    生活していけるのだろうかと余計な心配をしています。

    Re: ダメ子さん

    わたしもチェスのオープニングと、将棋の駒の囲いかたはどうしても覚えられません(^^;)

    囲碁の定石になると、どうしてあんな複雑なものが覚えられるのか、さっぱり……(^^;)

    とりあえずまたウィンドウズの付属ゲームでチェスをやって負けることにするか。

    ボードゲームは好きだけれど弱いんだよなあ(^^;)

    これは全く予想できなかった
    完敗です

    チェスはオープニングが覚えられなくて…

    Re: fateさん

    不定期になるかもしれませんが、アイデアが底を突いても続けます!

    だってほかにやれることがないんだもん!(^^;)

    双子って、難しい…

    「昨日は疲れからか、相互さんとブロともさんのネット巡回をし終わった後ぶっ倒れ、丸一日ぐーすか寝てました。」

    ↑っていうか、ポールさん、お身体大切にしてくださいね!!!
    いきなりブログ更新なくなったら、fateは泣きますよ~!

    Re: YUKAさん

    チェスはわたしも好きです♪

    ウィンドウズ7のおまけでついてくるチェスソフトの「初級」でやってもボロ負けする程に弱いですが(^^;)

    こんばんは♪

    面白かったです!!
    どういう風に結論づけるのかなと思いましたが
    さすがだなぁ^^
    完全に短編ミステリーを読んだ気分です。

    私、チェスも好きなんですよね~~
    ――弱いですけどね(笑)

    Re: 有村司さん

    ありがとうございます(^^)

    やっぱり10作をシリーズで投稿するのは無理だったなあ。涙を呑んで1作に絞っていればまだなんとか……。

    早朝から失礼します。

    おはようございますー。

    うーん…!これは…!と唸った一篇であります。
    エドさんシリーズやっぱり面白い!
    童話大賞への応募作、一本に絞れなかったお気持ち分かります。
    どれもこれも面白いうえに作品への愛情を感じます^^

    Re: ぴゆうさん

    この回は書いているのがほんとに楽しかったです。ボードゲームと謎解きミステリ、という、趣味に走りまくった回なので。

    これまでの最初の10篇を、JOMOの童話コンテストにまとめて応募したところ、ひとつ残らずボツになってしまいました。

    一作品に絞ればまだよかったのでしょうが、そのときはまだブログも作っておらず、書いた作品がみんなかわいくて絞りきれず、つい……(T_T)

    エドさんにはしばらく手をつけていませんでしたが、そろそろ続きも書こうかな……。

    NoTitle

    うんまいなぁ~~
    落ちもいいよね。
    すっきりしてる。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【エドさん探偵物語:9 ペンは剣より】へ
    • 【エドさん探偵物語:11 バッジを見つけろ】へ