FC2ブログ

    「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    エドさんと緑の森の家(童話掌編シリーズ・完結)

    エドさんと緑の森の家・1月8日

     ←七草がゆ →取調室の食事
    「行ってくるよーっ!」

     エドさんがいつものように自転車で雪道を飛ぶように走っていくのを見送って、奥さんのクロエさんは腕まくりをしました。

    「さてと」

     まずはこの家の掃除と洗濯です。クロエさんはこまねずみのようにきびきび働き、午前中のうちにすべての家事仕事を終えました。昼食に肉とチーズのサンドイッチをかじったクロエさんは、服の上にぼろを着ました。

    「さてと」

     いよいよ、クロエさんの本当の仕事の時間です。クロエさんは、アトリエがわりの、外の風景がよく見える部屋にこもり、絵筆を走らせ始めました。



     エドさんは、鼻歌を歌いながら、自転車にくくりつけたリヤカーを引いて、町の店から戻ってくるところでした。珍しくも、アリントン夫人が依頼してきたのです。

    「強力粉ひと袋、薄力粉ひと袋、オートミールひと袋、インスタントラーメンひと箱に野菜たくさん……アリントンさん、本気でこれだけでこの一月を乗り切るつもりじゃないだろうなあ」

     ひと袋、といっても、その重さと来たら十キログラム。荷物を全部合計すると、大人ひとりを運ぶのと同じくらいの重さです。

    「このリヤカーの限度いっぱいまで買って来い、なんてなあ。あの人も無茶いうなあ」

     エドさんが、将来、子供が生まれたときのために買っておいたリヤカーは、実に便利な道具として、大活躍をしていました。

    「しかし、あのアリントンさんが、わたしに依頼とはねえ。明日は雨でも降るんじゃないかなあ」

     エドさんがそうつぶやいたとき、だんだんと空が雲でかげりはじめました……。



     クロエさんは、完全に無心になって絵筆を走らせていました。もとから、夢中になると、三時間でも四時間でも絵筆なり鉛筆なり木炭なりを走らせて飽きないという性格でしたので、干してある洗濯物のことなど、すっかり頭から消えていました。



     愛妻のそういう性格は、もちろんエドさんも知っていました。今日は洗濯するわ、と出がけにいっていたことも、記憶にありました。

     空が分厚い灰色の雲で覆われたのを見て、エドさんはペダルを漕ぐ足に力を込めました。しかし積んでいる荷物は五十キログラム、雪道ということもあって、なかなか自転車は思うように走ってくれません。

     エドさんは、本降りになる前に村に帰らなければ、と、それだけを思ってペダルを踏みました。



     アリントン夫人は、暖かい部屋で、お菓子を食べながら紅茶を飲んでいました。

    「降りそうね」

     その言葉に答えるように、ペットの犬は、「わん」と吠えました。

     アリントン夫人は窓を見ました。

    「降らないかもね」

     犬は、お行儀よく「わん」と吠えました。



     クロエさんは、すっかり絵の世界に没頭していました。目の前の景色は、複雑かつ面白みをもった曲線や直線となって、どんどんイメージを広げていきます。それがクロエさんにはなんとも楽しい時間なのでした。



     ようやくエドさんが村にたどりついて、アリントン夫人に買い出しの荷物を渡してお金をもらった時には、雨はいつ降り出してもおかしくないような天気になっていました。

     エドさんは自宅に自転車を走らせました。ようやくたどり着いた家の扉に手をかけたとき、ぽつり、ぽつりと雨が降ってきました。

    「おーい! おーい!」

     エドさんは青ざめた顔で奥さんのアトリエの扉を開けました。その叫びにクロエさんは振り向いて、にっこりと笑いました。

    「あら、あなた、お帰りなさい」

     エドさんは、息を切らせていいました。

    「洗濯物……」

    「ああ、陰干ししといたものね。それがどうかしたの?」

    「陰干し……」

     エドさんは、足から力が抜け、へたへたと床に座り込みました。

    「天気予報で、午後から崩れる可能性があるとかいってたから、お昼前に全部部屋に入れちゃったわよ。待っててね、きりのいいところまで描いたら、スープを作るから」

     エドさんの足の筋肉痛は翌日まで続きました。便利屋もつらい!


    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 読書日記
    【七草がゆ】へ  【取調室の食事】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    ファンタジーですから(キリッ(`・ω・´)b)

    わたしが結婚してもこんな優しい夫になれる自信ないです……。

    NoTitle

    エドさん、いい旦那さん過ぎる!
    クロエさん、幸せ者ですね。うらやましい~。

    Re: YUKAさん

    ファンタジーですから(^^;)

    エドさんはどうしてもフィリップ・マーロウになれるタイプの男ではなかった、ということで(^^;)

    こんばんは♪

    あはは^^
    結構しっかり者のクロエさん
    完全に愛妻家のエドさん

    素敵な夫婦ですね^^

    Re: 土屋マルさん

    エドさんを気に入っていただけてまことにありがたいです。

    今は平凡な日常ですが、ほんとうに不思議な日々が始まるのはこれから……のつもりです。

    「探偵エドさん」とは違って、今回はこの村の住人を、レギュラーメンバーをぞろぞろ登場させようと思っています。

    とりあえずめざせ一年間の毎週更新。そのつもりで正月から始めたもので(^^)

    エドさんはやっぱり素敵です♪
    探偵さんだった頃とは違って、ゆっくりとお話が進むのがいいですね。

    そしてクロエさん、時間を忘れて没頭しやすい自分をよくわかってらっしゃるのですね(笑)
    いい夫婦だなあ。

    Re: limeさん

    ファンタジーですから(←ぶちこわし(^^;))

    あくまでも本小説が目指しているのはコボちゃんかサザエさんのような世界で、間違っても『渡る世間は鬼ばかり』のような世界ではありませんので(笑)。

    ははは。なんとも微笑ましい夫婦。
    ちょっと、(やはり)クロエさんの方が、上手でしたね。

    しっかし、エドさんのような優しい旦那さん、いいなあ~~。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【七草がゆ】へ
    • 【取調室の食事】へ