「ショートショート」
    ユーモア

    現代の政治情勢にとって正しいおとぎ話

     ←終わり →エドさんと緑の森の家・1月15日
    赤ずきん緑スカーフ

     昔、昔、ある国イランに、緑のスカーフをかぶった女の子が暮らしていました。女の子は、「緑スカーフ」ちゃんと呼ばれていました。

     ある日、緑スカーフちゃんは、遠い王宮に住むおばあさんパーレビのもとへ、お菓子石油利権をもって行くようにいわれました。

     利権を持たされた緑スカーフちゃんが道を歩いていくと、悪いホメイニが現れて、緑スカーフちゃんにお花畑で花を摘んで一緒に持って行けばイスラム革命を起こせば、もっとすばらしいだろうといいました。

     ホメイニのたくみな言葉にすっかり騙されてしまった緑スカーフちゃんは、寄り道してお花を摘んで革命運動に身を投じてしまいました。

     その間に先回りしたホメイニは、パーレビのところへ行くと、パーレビを食べてしまいました。

     革命運動を行って王宮へやってきた緑スカーフちゃんは、利権を持ってパーレビに化けたホメイニの寝ているベッドにやってきました。

    「パーレビ、なぜお耳がそんなに大きいの?」

    「それは、お前国民の声をよく聞くためだよ」

    「パーレビ、なぜお目々がそんなに大きいの?」

    「国民の暮らしをよく見るためだよ」

    「パーレビ、なぜそんなにお口が大きいの?」

    「それはね……お前利権を食べちゃうためだよ!」

     哀れ、利権はホメイニに食べられてしまいました。

     おなかがいっぱいになったホメイニが眠ると、猟師NATO諸国が通りがかりました。

     NATO諸国は銃でイラン・イスラム共和国を撃って殺し、食べられていた石油利権を取り戻しました。

     緑スカーフちゃんは反省し、これからはアメリカ合衆国のいうことをよく聞くいい子になると誓ったそうです。

     アメリカにとってはめでたし、めでたし。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【終わり】へ  【エドさんと緑の森の家・1月15日】へ

    ~ Comment ~

    Re: ぴゆうさん

    よかったよかった受け入れられて(^^)

    屋敷も構える大店の娘のお襟ちゃんと、しがない左官職人の娘のお波ちゃんが、どんな友情をはぐくむかぜひぴゆうさんの筆で……って、リクエストしちゃまずいですかね?(^^)

    お伽話が怖い話。
    怖い話はもっと怖い現実なんだものね。
    怖くなったから猫国へ帰ろうっと。

    お襟とお波は幼稚園に行っているよ。
    男子猫共にモテまくっている。

    Re: 鍵コメさん

    政治的バランスが崩れたとたんに国家もマスコミもくるりと手のひらをひっくり返す、それが現実ですからね、今も昔も……。

    正しい評価については「後世の歴史家」の言を俟たなければならんのがつらいところです。うむむむ。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: 土屋マルさん

    時事ネタ政治ネタと、R18小説は激辛料理のようなもので、過激なほうに過激なほうに流れがちなんですよね~。

    せっかく楽しいブログ空間を、炎上させたくないんですわたし(^^;)

    でも半分、この路線で同人誌はやってきたようなもんだから、気が向いたら書くかもしれん(笑)

    面白いです!
    私も皆さんと同じく、シリーズ化を希望します~!

    でも確かにこれ、いろんな意味で「危険」ですね(笑)

    Re: limeさん

    「Seiji Fuusi」だから合っています(笑)

    でも「その他」に入れるべきだったかなあ。

    limeさんの行く先々にわたしがコメントを残しているのも当然で、

    limeさんのところへ他のブログの方が遊びに来る→limeさんの記事を読む→バカで失礼なコメントばかりしているこのポール・ブリッツというやつは誰だ、ということになる→うちのブログに来る→来られたら訪問返しするのが礼儀だからわたしも遊びに行く→向こうのかたも返礼としてこちらへやってくる→往復しているうちになんとなく交流ができて常連になってしまう

    という弁証法的な運動があるのであります(どこが弁証法やねん(笑))

    それにうちのリンクとlimeさんのリンク、けっこうかぶっているもんなあ。

    まあ友達が増えるのはいいことだ! というわけで……(^^)

    Re: 矢端想さん

    これ、思うよりもけっこう書くのたいへんなんですよ(^^;)

    ぴったりとした話を探すのが骨だったりして(^^;)

    それにシリーズ化なんてしたら、わたしの危険な思想がどんどん過激になって行って、しまいにはブログ炎上(^^;)

    うむむ(^^;)

    え? SF? (と、同じ突っ込み)
    私も、シリーズ化を希望します。

    不思議な事に、私が覗いているブログ各所に、ポールさんの書き込みが^^

    守備範囲が広すぎる~~と、毎回一人突っ込みしています。

    えっ? SF!?

    お見事でした。
    おもしろくてためになるので、ぜひシリーズ化を。
    子供たちのために。(←)

    ちなみに原題「Die Rotkäppchen」はchenがついてますから、本来やはり「赤ずきんちゃん」なのでしょうね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【終わり】へ
    • 【エドさんと緑の森の家・1月15日】へ