「ショートショート」
    ファンタジー

    赤い鳥、小鳥

     ←お知らせ →修行の道
     その子供は、無数の鳥かごの並ぶ中、無心に歌っていた。

    「赤い鳥、小鳥、なぜなぜ赤い、赤い実を食べた」

     子供はひとつの鳥かごの扉を開けた。つがいの赤い鳥が羽ばたき、空へと飛び立っていった。

    「白い鳥、小鳥、なぜなぜ白い、白い実を食べた」

     子供はまたひとつの鳥かごの扉を開けた。つがいの白い鳥が羽ばたき、空へと飛び立っていった。

    「金の鳥、小鳥、なぜなぜ智慧の、智慧の実を食べた……」

     子供はわずかに悲しみを含んだ目で鳥かごの扉を開けた。翼がもがれ、傷ついたつがいの小鳥が、鳥かごから這いだし、そのまま大地へと落ちて行った。

     子供は歌を歌いながら、次々と鳥かごの扉を開けて歩いて去って行った。

     足元で、翼をもがれた二羽の鳥は、傷の痛みに耐えながらも、自分の手と足で立ち上がった。

     穢れてしまったつがいの金の小鳥が、どこを目指して歩いて行ったかは知る由もない。このエデンの園と呼ばれる地から。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【お知らせ】へ  【修行の道】へ

    ~ Comment ~

    Re: ぴゆうさん

    創るアホウに読むアホウ、同じアホなら創らにゃそんそん♪

    v-411

    お互いが褒めあってどうすんのよ。
    二人共、アホな生き物やなぁ~
    ニャハハハ
    v-402

    Re: ぴゆうさん

    これを詩といってしまったら、ほんとに詩を書いている方に失礼な気がするであります(^^;)

    詩人の言葉の使いかたは、ほんとうに魔術的なものがあるからなあ……。

    むしろぴゆうさんの猫国ワールドのほうが、原初的な「詩」に近い豊饒なイメージを持っていると思います(^^)

    ショートショートというより、詩だね。
    一遍の深い詩を読んだ気がする。

    Re: 土屋マルさん

    どうなったかはわかりませんが、たぶんロクなことにはならなかっただろうと思われます。

    世の中そんなもんです。

    Re: 矢端想さん

    スピノザ大好きなもんで(^^)

    汚れて傷ついて翼をなくしたまま、エデンの園に留まり続けていたらどうなっていたんだろう‥‥?
    (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

    まだ子供・・・?

    「全知」でも「全能」でもなく・・・「完全」!

    スゲー!深い!なんか感動した!

    Re: 矢端想さん

    子供のうちから全知全能だったら、大人になる必要がないではありませんか。

    この子供は全知でもなければ全能でもありません。単に完全であるだけです。

    単に内面の必然性により動くだけの(以下略)

    なぜなぜ、だって?
    「全知全能」であるこの子供は金の鳥たちが智慧の実を食べることなど最初から知っていたはずだ。
    そして最後にどこへ向かうのかも、きっと知っている・・・。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【お知らせ】へ
    • 【修行の道】へ