FC2ブログ

    「ショートショート」
    ユーモア

    修行の道

     ←赤い鳥、小鳥 →プロローグ
    「野球か……」

     おれはショーウィンドーのテレビに映った、色とりどりのユニフォームの選手たちが打ったり投げたり走ったりしている画面に、しばし目を奪われていた。

     三秒後、はっと我に返ったおれは、米をかついで、師匠が待つ山へと足を向けた。

     野球には、昔から……そう、三歳にもならないころからあこがれを抱いていた。

     だが、父の考えは違うようだった。

     おれを、知る人ぞ知る高名な武術家のもとに預けたのだから。

     野球など、やっている暇はなかった。なにせ、師匠の使う古武術では、歩き方から座り方から、腕を上げ下ろしするまで、その武術の理論にのっとった身体の動きをしなければならないからだ。

     小学校、中学校と、おれは学校から帰るとすぐに師匠のもとで古武術の鍛錬をした。

     高校となると、行かせてさえもらえなかった。代わりに、師匠が家庭教師の代わりまでしてくれた。おれが大検を通れたのも、あのコンピュータのような頭脳を持つ師匠のおかげといってもいいかもしれない。

     野球か……。おれは頭を振り、その考えを追い払った。

     すでにおれは古武術の印可を受けるまでになっていた。武術の楽しさも、ようやくわかりかけてきたし、今さら、スポーツなどをやる気にはなれなかった。

     小さな掘っ立て小屋である修行場に戻ると、そこには、正装をした師匠と、その横で正装をした父が待っていた。

     おれは師匠の前に座った。

    「免許を与える。わが流派の秘伝七十二の型とその崩し、紛い、それらはすべて教えた」

    「ははっ」

     おれは嬉しかった。後は皆伝を目指すのみだ。奥義、おれがまだ目にしたこともない奥義を、これから学ぶことができるかもしれない。

    「父上」

     おれは父に向かって一礼した。

    「このような修行の道へ入らせてくださったことを感謝します」

    「うむ」

     父もまた泣いていた。

    「これで……これで、わたしの夢への第一歩を踏み出すことができる」

    「第一歩?」

     おれは首をかしげた。

    「わたしの夢、お前をプロ野球選手にするために、古武術の身体の動きを徹底して叩きこんでもらったのだ。その動きを使えば、投球も打球も捕球も全て思いのままだろう。よくがんばってくれた」

     そういって父がポケットから出したのは、野球のボールと、漫画「アストロ球団」の一冊だった。

    「さあ、野球の練習を始めよう」

     もちろんおれは気合いとともに、その口に渾身の蹴りを見舞った。

     おれの人生を返せ。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    【赤い鳥、小鳥】へ  【プロローグ】へ

    ~ Comment ~

    Re: ぴゆうさん

    まあそういうのは話半分ということで。

    戦場で首をねじ切ったりすることに無駄な時間を使っていては殺されてしまうので、首級を取るときにはきちんと短剣の鎧通しを使ったそうですな。

    いっぺん鎧をつけて戦う古武術の模擬戦を見てみたいです。

    米俵ニ俵を担いで競争した親父の若いころ。
    昔話を思い出した。
    とか
    戦国時代には首をねじ切って腰にぶら下げていた。
    とか・・・
    昔の人は全てにおいて強かった。
    今の人はどうなんだろう。
    どーでもいいことを書いている・・・
    まっいいか。
    へへ

    Re: limeさん

    「無駄な努力」はないですが、「間違った努力」はあります(笑)

    世の中そんなもんです(笑)

    Re: たかのゆき先生

    えへへ(^^)

    だ~~。そうきたか。

    こういう、一発殴って終わる的なギャグが結構好きだったりします・笑

    いや、この場合、一発じゃすまないかな。

    ま、無駄な努力はない!

    ずるいw

    Re: kyoroさん

    「かげ腹」でも切らないと、「おれ」の怒りは収まらんでしょうな。それにしても、伊集院球三郎、いくら拳法の達人でも、盲目の身体でボールを打つのは無理だよ(笑)

    Re: 土屋マルさん

    間違った星一徹ですな(笑)

    こういうくだらないの大好きです。また書きます(^^)

    こんにちは

    お父さんのバイブルが他でもなくアストロ球団とは・・・
    お父さん、免許をもらった蹴りを受けたりして・・・お顔大丈夫かしら・・・

    くくくく、本気でウケました(笑)
    余韻が、余韻が残ります(´艸`*)プププ
    こういうオチで落とす系の面白いお話、すごい好きです♪

    お父さん‥‥。
    そりゃないよぉ(笑)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【赤い鳥、小鳥】へ
    • 【プロローグ】へ