FC2ブログ

    「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    エドさんと緑の森の家(童話掌編シリーズ・完結)

    エドさんと緑の森の家・2月5日

     ←急患その2:致死性不整脈 →作戦Dを暴け 1-1
    「煙突をそうじするんですか」

     そう聞いたエドさんは胸を叩きました。

    「任せてください。これでも、煙突そうじには年季が入っています」

     このお屋敷の執事を勤めるバーナビイ老人はエドさんを頼もしげに見上げました。

    「そういわれるとこっちも安心だ。なにしろ、このインフルエンザときたら、わたしを除く屋敷じゅうのものを寝込ませてしまったのだからな。本来ならば、毎年の習慣としてわたしがこの栄誉ある仕事をするところなのだが、持病の神経痛か腰があいたたた」

    「横になっていてください。きちんとそうじはしておきます」

    「ところで君は、どこで煙突そうじを?」

    「探偵の仕事で、煙突からサンタのように……い、いえ、まあ、わたしもいろいろなことを経験しましたから。だいじょうぶです。あなたのところの煙突を、ひとつ残らずぴかぴかに磨いておきましょう」

     エドさんは、さっそく仕事に取り掛かりました。それにしても、煙突そうじなんて久しぶりです。しかも、後ろ暗いところのない煙突そうじなんて。エドさんは、分厚いマスクの下で、鼻歌を歌いながら煙突を磨いていきました。たまりにたまったすすで、エドさんの作業着はたちまちのうちに真っ黒になってしまいました。

     しばらく、鼻歌を歌っていたエドさんですが、ふと、目をしばたたきました。

     エドさんは、眉間にしわを寄せながらすすを払っていきました。眉間にしわを寄せるのは、エドさんが深く考え込んでいるしるしでした。そう、あたかも、探偵のように……。

     エドさんは、むっつりと黙りながらすべての煙突そうじを終えました。



    「わたしに煙突そうじをさせた理由をお話し願えませんか」

     エドさんは、すすで真っ黒になった手紙の束を取り出しました。

    「読んではいません」

     エドさんがそういうと、バーナビイ老人は目を丸くしました。

    「読まなかったって?」

    「その通り。これは煙突から出てきた手紙です。火の粉をかぶらないようにうまく隠されていましたが、ちょっとでも真面目に煙突をそうじすれば、誰にでも見つけられるところに置いてあった。これまで煙突そうじを続けてきたバーナビイさん、あなたが気づかないはずはない。あなたはこの手紙の存在を知っていたんだ。存在を知りつつなにもしなかったということは、あなたはこの手紙を書いた人間のことも知っていると見ていいでしょう。その場合、書いた人間の第一容疑者は、ほかならぬあなたということになります」

    「頼んだ相手を間違えたみたいだな。本来なら、うちの使用人の誰かにやらせれば、すぐにでも村中の噂になると思ったんだが」

    「やっぱり、わたしは、この手紙を読むためだけに雇われたんですね。できれば、その理由もお話し願えませんか。わけもなく人の秘密を吹聴して歩く男ではありません」

     バーナビイ老人はふっと笑いました。

    「四十年、いや、五十年前になるか……ひとりのぱっとしない若者と、お世辞にも美人とはいえないような、不器量な乙女がいたと思ってくれ。若者は乙女のことを愛していた。容姿ではなく、その精神と知性を愛していたのだ。だが、若者は屋敷の使用人だったから、思いを打ち明けることはできなかった。そのうち、乙女に恋人ができた。結婚を誓い合ったということだった。若者は仕事に没頭することにした。乙女あてに書いたものの出すことができなかった手紙を、煙突に隠して」

     バーナビイ老人は、目を閉じました。

    「その男が結婚詐欺師だとわかったときには遅かった。物心両面ともに手ひどく裏切られた乙女は、こころを病んでしまったのだ。それ以来、ずっと病院にいる。いや、いた」

     エドさんは言葉もありませんでした。

    「亡くなったと聞いたのが三日前だ。今は老いた若者は、あの乙女のことを覚えている誰もに、あの乙女をこころの底から愛していた人間がひとりはいた、ということを伝えたかったのだ。年寄りの身勝手ではあるがな」

    「だったら、どうしてもっと前に……」

    「乙女のこころは、すでに人を信じることができなくなってしまっていたのだ。そんなときに若者がなにをいおうと、乙女を傷つける以外の結果にはならなかっただろう。エドくん、わたしはどうすればよかったのかね?」

    「天上のその乙女に、許しを請う手紙を書くことですね。きちんと宛名を書いて、切手を貼って、ポストに入れることです」

     エドさんは窓の外に目をやりました。

    「……五十年前にやるべきだったことを」


    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【急患その2:致死性不整脈】へ  【作戦Dを暴け 1-1】へ

    ~ Comment ~

    Re: 鍵コメさん

    あっちくしょうその手があったか(汗)

    老人の当初のプランが頭にあったので思いつかなかった(汗)

    今日はヤケウーロン茶飲んで早めに寝ます。くそうわたしのバカバカバカ(T_T)

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: 土屋マルさん

    探偵だった時のエドさんだったら中身を読んでいたでしょう。

    しかし、エドさんは探偵を廃業したのです。

    読まなかったのにはそういうエドさんなりの理由があるのです。

    こういう、ちょっと切ないお話、私は好きです!
    エドさんってやっぱり素敵♪

    もしも私なら‥‥絶対、誘惑に負けて手紙を開けてしまいそう(汗)

    Re: るるさん

    さすがのコブラでも無理ですな。

    今度は救われるのを書こう。

    救われない……。

    あうあうあうですよ、ポールさん。

    Re: 有村司さん

    タイバニのタイトルだけは知っているが、生来のヒネクレ者のせいかタイバニもまどマギもけいおん!もエヴァもとんと見たことがない(^^;)

    いやあプリキュアは楽しいなあ(爆)

    はいな、はいはい

    「タイガー&バニー」という去年一世を風靡して、今年劇場版から舞台化までする大人気アニメです^^;
    その主人公の相方が「バーナビー・ブルックスJr」と言います。
    ついでに公式サイトはココ↓
    http://www.tigerandbunny.net/

    ポールブリッツさまがご存じないとは…意外でした…!

    Re: 有村司さん

    すすまみれの作業着で、あまりカッコよくはないですけどね。

    しかし便利屋としても有能ですなエドさん(^^)

    ところで、バーナビイという登場人物が出てくる最近のアニメって、なに?(?_?) なにせプリキュアしか見ていないもので……(^^;)

    Re: YUKAさん

    登場人物にとっては、ただ単に苦くてつらいだけの話のように思えます(^^;)

    なにせ誰ひとりとして救われていない話ですから……。

    Re: semicolon?さん

    泣かせる話よりは笑わせる話を書きたいものですが、ちょっとこれを書いた時にはバイオリズムが落ち込んでいまして(^^;)

    どうして老人がこんなことを? と考えたら、こうなってしまったのであります。

    うむむむ来週はどうしよう……。

    探偵エドさんが戻ってきた!!

    エドさーん!!あなたカッコいいです!!
    やっぱりエドさんはいい!!
    最後のセリフもびしっと決まったし。

    しかし老人の名前が最近大流行のアニメの主人公と同じなのは偶然??

    私はクリスタルの断章迷子。。。^^;;;

    素敵なお話だ。。。。

    「……五十年前にやるべきだったことを」

    エドさん、カッコ良過ぎです><

    これは泣いてしまいますよ。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【急患その2:致死性不整脈】へ
    • 【作戦Dを暴け 1-1】へ