「ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)」
    作戦Dを暴け(完結)

    作戦Dを暴け 3-2

     ←作戦Dを暴け 3-1 →作戦Dを暴け 3-3
     その兵士の顔は、失踪した岩崎武人に間違いなかったのだ! しかし、頬はこけ、目はぎらぎらしていて、写真を見ていなければ我輩もこの男が岩崎武人であるとは確信できなかったであろう。

    「ヴァイパー! 貴様ら、この人になにをした!」

    「ダニーズ・アクション・ダイエットの減量合宿に参加してもらっただけよ」

     シャーリー嬢は震える声でヴァイパーにいった。

    「で、でも、写真で見た岩崎さんは、こんなに、痩せた筋肉質の身体じゃなかったわ! 短期間で、どうやってこんなに!」

     我輩にはシャーリー嬢の疑問に対して答えられるだけの知識があった。いやになるような知識だった。

    「ベイカーくん、世の中には、実によく効く痩せ薬があるのだが、知っているかね?」

    「い……いいえ」

    「メタンフェタミンだ! 覚醒剤だよ。これを常用すると、どんな人間でもたちまちのうちにがりがりだ」

    「そんなの、痩せ薬っていいません!」

    「もちろんだ。人格を荒廃させ、本人どころか家族、周囲の人、それどころか行きずりの人々にまで害を及ぼす悪魔の薬だ。だが、こういった悪魔どもにはその当然の理がわからない。いや、わかっていてもやるやつらだ」

     ヴァイパーは含み笑いをした。

    「覚醒剤には、痩せるほかにも、まだまだ効能があるわ。疲れ知らずでダイエットの訓練を続けることができ、しかも敵に対しては敢闘精神が旺盛になるのよ」

     我輩は怒鳴った。

    「疲れ知らずだと! あの薬は、脳細胞の、疲れを感じる部位を麻痺させて、当然取ってしかるべき睡眠や休息を忘れさせるだけだ! あんなものでダイエットの訓練……そうか! この悪魔ども!」

     ヴァイパーはおかしそうに笑うと、我輩の言葉を引き継いだ。

    「わかってきたじゃない、ザレゴット・ダイスキー殿下。ダイエット商品で、なんとかブートキャンプというのが流行ったわね、昔。そんなことをするくらいなら、ほんとうに陸軍の訓練を受けさせれば、もっと健康的に痩せられるんじゃないのか、というのが発想のもとでね……それをさらに推し進めれば、ダイエット合宿ということで、私設の特殊部隊員を作ることができるのでは、ということを思いついた人がいるのよ。そして、そうした戦闘機械をつなぎとめるために、日本に有り余るほどある覚醒剤を使うこともね」

     シャーリー嬢の顔は説明を聞くにしたがってどこか土気色になっていった。

    「そこから先は、だいたいわかるような気がするぞ。何も知らないで連れてこられた合宿参加者は、徹底した薬物投与と、洗脳工作を受けて、命令に従う忠実なロボットになる。訓練を受けた参加者は、自分がみるみるうちに筋肉たくましく、どんどん痩せていくことに感激し、さらに忠誠心を増す……気がついたときには、物騒な知識や技能を有したジャンキー兵士、いや殺人機械がひとり出来上がっている、という寸法だ……」

    「よくできました」

     ヴァイパーは爬虫類のような目でシャーリー嬢を見た。シャーリー嬢は我輩のそばに擦り寄った。

    「いや、いやよ、覚醒剤はいや!」

    「ヴァイパー」

     我輩はいった。

    「この娘はそのまま放してやってくれんか。そうしてくれるものなら、我輩にいくら注射を射とうともかまわん」

     我輩もシャーリー嬢もよく知っていた。一度薬物を注射されたものは、どんなに意志が強くても、快感が脳細胞にしっかりと刻み込まれ、依存症患者になってしまうことを。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【作戦Dを暴け 3-1】へ  【作戦Dを暴け 3-3】へ

    ~ Comment ~

    Re: limeさん

    マジに覚醒剤は恐ろしいです。

    limeさんがおっしゃられたように、最初は、「体の疲れによく効くキャンディがあるんですが」みたいにして接触してくるそうです。「アイスキャンディっていうんですよ。すーっとしますから」なんていって。

    そこから先は、大沢在昌先生の「新宿鮫Ⅳ 無間人形」をお読みください……。

    なんか、現実に起こってもおかしくない設定ですよね。
    いや、もうどこかにそんな軍事施設、あったりして・・・。

    覚せい剤恐るべし。
    それに負けてしまう人間。悲しいです。
    ダイエットには今のところ興味ないけど、
    「これを飲めば眠らなくて済むし、頭が冴えてくるよ」というドリンク剤があったら、騙されて飲んでしまうかも。
    気をつけなければ。

    最近、ハーブと称した脱法ドラッグが出回って若者に乱用されてるみたいですね。
    法律も手が回らない場所で、どんどん腐敗が進みそうで怖いです。

    Re: 鍵コメさん

    うーん、厭世観に見えますか。(^^;)

    本人は「007風能天気アクション冒険活劇読み物」を書いているつもりだから始末に悪いというか(^^;)

    ちょうど19日でブログ開設三周年ですから、それに合わせてまあいろいろ考えてみます(^^)

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: LandMさん

    要するに、コストと効き目と中毒性ですね。

    覚醒剤は、末端価格はバカみたいに高いですが、北朝鮮でも大量生産できるくらい、製造価格はバカみたいに安い。警察の目さえくらませることができれば、高価な精神安定剤などを市価で買わなくとも、大量に用意することができます。プラントも製造法も数十年前に確立しており、安定的な供給ができると思われます。

    また、覚醒剤の効き目として、「恐怖心をなくす効果が非常に高い」ことが挙げられます。兵士にとってそれがどこまで有用かは書くまでもないでしょう。特に死んでもかまわないような使い捨ての兵士には。

    最後に、中毒性が高いことが挙げられます。いったん薬の味を覚えてしまえば、適切なマインドコントロールと組み合わせることにより、奴隷になっちまうわけですな。

    先のことになりますが、この計画の立案者は、これらにかかわった兵士や指揮官、それに探りに入ってきたまぬけな探偵など、全員皆殺しにして、自分は雲隠れするつもりでいます。だから、覚醒剤法違反で捕まることなど考えていません。現地指揮官のヴァイパーは、それを察して、殺される前にさっさと逃げよう、などと考えており、そこらへんは狐と狸の化かしあい、というところでしょうな。

    おっとっとしゃべりすぎたかな(^^;)

    覚せい剤と精神安定剤の違いってなんなんでしょうね・・・と読んでいてふと思いましたね。別に身体を荒廃させる覚せい剤なんて使わなくても、そっち系統の薬を飲めばいいじゃないか・・・と思います。
    うつ病経験者だから思うのかもしれないですが。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【作戦Dを暴け 3-1】へ
    • 【作戦Dを暴け 3-3】へ