「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    エドさんと緑の森の家(童話掌編シリーズ・完結)

    エドさんと緑の森の家・3月11日

     ←自炊日記・その1 →震災から一年を迎えて
    「うーん」

     エドさんは、なにか苦いものを食べたときのような顔をして自転車をこいでいました。奥さんであるクロエさんと、つまらないことで大喧嘩をしてしまったのです。

    「どうしよう」

     エドさんは、アトリエがわりの一室に閉じこもって鍵をかけてしまったクロエさんを残して、頼まれていたミルさんの家の屋根裏部屋の雨漏りと電気コードの修繕に出かけたのですが、頭に浮かぶのは、怒りよりも、どうしてこんなことになってしまったのか、という後悔の念ばかりでした。

     もやもやした頭でミルさんの家に着いたエドさんは、仕事用具一式を抱えて屋根裏部屋に上がりました。なぜエドさんが屋根の修理のコツややりかたを知っているのかというと……まあ、もと探偵というのはいろいろと人にいえない知識を持っているものなのです。

     半分、物置のようになっている屋根裏部屋で作業を始めたエドさんは、ふと、一冊の古びた革装の本が埃をかぶっているのに気がつきました。なんだろう、と本を見ると、表紙には「迷った時に開くべし」と書いてありました。

     エドさんには、ああ、と思い当たることがありました。お祈りをするときに、目をつぶって聖書をめくり、そのページに書かれたことを神託として受け取る、というやりかたがあるのです。たぶん、この本も、昔の誰かが同じように使うために書いたのでしょう。

     好奇心も手伝って、ほめられたことではないと知りつつも、エドさんは目をつぶって、えい、とページを開き、ぱっと目を開けてちらりと見ると、またぱたんと閉じました。

    「なにを示そうとしているんだろう……」

     エドさんは自分が見た文を繰り返しぶつぶつと呟きながら、屋根と電気コードの修理をしました。

    『ラティマー牧場の幸運のチーズ』

     修理を終え、ミルさんからお金をもらったエドさんは、とりあえず、この神託にすがってみることにしました。隣村にあるラティマー牧場は、無理をすればなんとか自転車で行って帰ってこられる距離です。

     春にしてはまだ寒い、細い裏道を通って、エドさんはペダルをこぎにこぎました。牧場に着いた時には、やや日が傾いていました。牧場主のラティマーさんにわけを話すと、いぶかしげな顔をされました。

    「幸運のチーズ……?」

     首を捻っていたラティマーさんでしたが、やがてぽんと手を叩きました。

    「そういやあ、倉庫にあったような……ちょっと待っていてください」

     エドさんは、椅子に座って、ひたすら待ちました。じりじりして、じりじりして、じりじりしたころにラティマーさんは大きなチーズのかたまりを抱えて戻ってきました。

    「これが……?」

     エドさんは何か神々しいものを目にするかのようにそのチーズを見ました。

    「死んだ祖父が、昔、ことあるごとに作っていたチーズなんですよ。『幸運』って書いたスタンプを押してね。いやあ、懐かしいなあ。まだ覚えていてくれた人がいたんだ」

    「譲っていただけませんか」

    「いいですけど、ちょっと値は張りますよ」

     エドさんは、今日の稼ぎを全部吐き出してチーズを買いました。

     また、延々とペダルをこいで自分の家に戻ってきたエドさんは、門のところで、これまた外から帰ってきたらしい、パンを山ほど抱えたクロエさんと鉢合わせしました。

    「どうしたんだい、そのパン」

    「どうしたの? そのチーズ」

     顔を見合わせた二人は、どちらからともなく笑い始めました。

    「今晩の食事は決まりね」

    「チーズ・フォンデュなら任せてくれないか。これでも……」

    「あれって、けっこう繊細な料理なのよ。それに、そんな高価そうなチーズなら、芸術家が調理するべきね。飛び切りおいしいものをこしらえてあげるわ」

     ふたりは仲良く家に入っていきました。



     数日後、ミルさんに会ったエドさんは、この間の非礼を詫び、それにしてもあの本のお告げは役に立った、といいました。

     怪訝な顔のミルさんに、こういう本だとエドさんが説明すると、大笑いされました。

    「それって、この辺りの村を紹介した、いわば昔のガイドブックですよ。宿屋とか、特産品とか。だから、チーズのことも載っているし、『迷った時に開くべし』なんですよ」

     それでもエドさんは思うのです。やはりあれは、神託だったんじゃないかと……。


    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【自炊日記・その1】へ  【震災から一年を迎えて】へ

    ~ Comment ~

    Re: るるさん

    あまりネットで夜更かしすると睡眠と起床のバランスが崩れますよ(^^;)

    ちなみにわたしはコンピュータRPGに夢中になりすぎて睡眠バランスを崩してひどい目にあったことがあります。あれはつらい……。

    チーズフォンデュが食べたくなってきました。
    この時間帯にこれは卑怯だーっ

    Re: 矢端想さん

    さて、どうでしょうねえ。ふふふふ(イヤらしい笑い)

    ブログ巡回終わったら続きに取り掛かります。とはいっても今月分はすでにできてますが(^^;)

    今回もお見事でございました。うまいこと話つくりますなあ。

    クロエさん・・・これはお約束の展開?

    Re: YUKAさん

    しかし残酷無比な作者はこの愛し合う二人の前に恐るべき試練を……別に用意してません(笑)

    Re: limeさん

    そのうちどうしてクロエさんがここまで情緒不安定になっているかについても書きます。

    たぶん……。

    おはようございます^^

    いい話しだ~~


    でも愛し合っている素敵な2人には、

    神託がなくても幸せなのかもしれませんね^^

    いいお話でした^^

    確かにこれは信託ですね。
    気のきいた神様です。
    もう、ケンカしないでね、エドさん。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【自炊日記・その1】へ
    • 【震災から一年を迎えて】へ