「ショートショート」
    その他

    会わないか

     ←起きなさい…… →エドさんと緑の森の家・3月25日
     ネット全盛の今からでは想像もつかないだろうが、チェスの郵便対戦というものがかつてあった……今もある。

     どういうものかというと、お互いに葉書や封書で、チェスの手を相手に送り、そして盤上の駒を進めて勝敗を競うのだ。もちろん時間はかかる。今の人には信じられないくらいの時間がかかる。考えてみたまえ、チェスのひと勝負にかかる手数が、お互い五十手くらいだったとしよう。最近の郵便事情を考えて、相手のところに三日で葉書が届くとする。そう仮定しても、ひと勝負に一年近くかかることになるのだ。これが外国人とのゲームだったら、かかる時間は数倍から数十倍だ。

     昔の人はのんびりしていたんだなあ、と、呆れられるかもしれないが、これはこれで、いざやってみるとなかなか味があって楽しいのだ。

     わたしは学生のころ始めたこのゲームを、八十になった今でも遊んでいる。だから六十年のキャリアがあるともいえるが、だからといって、下手の横好きには変わらない。大学に通っている孫といい勝負というところだ。

     その日も、わたしは、郵便受けに対戦相手からの葉書を見つけて、嬉しくなった。近ごろはこれを趣味としている人間も少なくなり、いまだにわたしの相手をしてくれるのはひとりきりだ。

     ゲームは終盤戦に入っていた。わたしの絶対的優勢だ。ここで黒のナイトがどう動くかだが、相手がどうあがいても、わたしの勝ちは固いだろう。

     思った通り、黒のナイトがルークとクイーンの両取りに来た。わたしの勝ちだ。ビショップがポーンを取れば、チェックメイトで勝負はつく。

     わたしは鼻歌を歌いながら葉書を書斎に持って行こうとし……葉書の隅に書かれた一文に気づいた。

    「近いうちに会わないか」

     そこにはただ、そう書いてあった。

     わたしは自分の老躯を思い、苦い笑みを浮かべた。若いころだったら、いくらでも旅行に行けただろうが、今は……。

     でも、この相手は、どこに住んでいるのだろう?

     わたしはパソコンを立ち上げ、世界地図のソフトに送り主の住所を打ち込んだ。

     パソコンはすぐに答えてくれた。

    『該当なし』

     わたしは愕然とした。では、この何十年となく文通をしていた相手はいったいどこに?

     一瞬、手が止まったわたしだったが、すぐにすとんと腑に落ちた。

     大丈夫だ、この葉書も、つまらない老人の文通のそれとして、誰も住所など確かめずにゴミ箱行きだろう。

     こちらこそ、お会いするのが楽しみだよ、ミスター・エンジェル……。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【起きなさい……】へ  【エドさんと緑の森の家・3月25日】へ

    ~ Comment ~

    Re: LandMさん

    わたしはどのような作品が「らしい」んだろう、と、ひとり頭を抱えるのであった(笑)

    心に響いたようでよかったです(^^)

    Re: 土屋マルさん

    この話は老いたチャプリンに短編映画でやらせたかった(^^)

    べつに天本英世先生でもいいいけれど(^^)

    Re: 神田夏美さん

    たまにはこういう、ちょっとしたファンタジーを書きたくもなります。

    カフェテラスでパンとコーヒーを楽しんだときなど……(どんなカフェテラスやねん)

    Re: 面白半分さん

    よかったであります。

    ちょっと暗すぎたかな、とも思っていたので。

    Re: ぴゆうさん

    いや、喜んでいただけてよかったです。

    でも、これ、どうあがいても長編にならないんだよなあ(^^;)

    わたしはショートショートしか書けない身体になってしまったのかなあ(^^;)

    おおう。
    味のある話ですね。
    久々にポールさんらしさを感じた作品ですね。
    ポールさんの作品で感動しましたよ。
    素晴らしいの一言。

    ぬはっ‥‥何か、こう、とっても切ない気持ちにorz

    物悲しい気分になってしまう私は心荒んでいるのかしらと、ふと思いました(´・ω・`|||)
    他の方もコメントで仰っておられる通り、最後の一文がとても余韻を残して、イイお話のはずなのに‥‥。
    何か、むしろ自分の残念なお脳が残念です(笑)

    読者の読み方や想像によって印象の変わる感じのラストですね~。でも個人的には好きです!
    『該当なし』のところで、一瞬「ホラーか?」と思ったのですが、最後までちゃんと読むと後味悪い感じがなくて、むしろふんわりするような……。
    「こちらこそお会いするのが楽しみだよ~」の一文がいいのかもしれませんね^^
    楽しいチェス三昧の日々を送ってほしいものです。

    チェスの話も面白いし、
    しんみりさも好きです。

    いいや、この作品はすごくいい。
    後味も悪くない。
    余韻が残る。
    その後をいろいろと想像ができる。
    そんな作品こそ読者には嬉しいものだよ。

    Re: ぴゆうさん

    われながらちょっとモチベーションが低下しているみたいで(汗)

    ちとしんみりしすぎたかなあ。

    これならあの世も楽しそうだ。

    Re: たかのゆき先生

    楽しいチェス三昧の毎日が来るかもしれません(^^)

    こんばんは

    「チェックメイト」

    ・・・というわけですかw
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【起きなさい……】へ
    • 【エドさんと緑の森の家・3月25日】へ