「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    エドさんと緑の森の家(童話掌編シリーズ・完結)

    エドさんと緑の森の家・5月6日

     ←なにが面白いのかわからない →欲しいもの
     エドさんは、はしごの段に手をかけながら、真剣な表情をしていました。

    「便利屋さあん、頼みましたよお!」

     エドさんは、ステンドグラスなんかを発明したやつはいったいどんなやつなんだろうと思いながら、教会のてっぺんに立ちました。

     エドさんがなにを思おうと、便利屋として仕事を請け負ってしまったからには、やり遂げなくてはいけません。腰に命綱を巻いて固定し、エドさんは、深く息を吸いました。

     下を見下ろすと、童話に出てくる小人のように小さくなった司祭さんが、こちらを見上げています。心なしか、心配そうな表情にも……。エドさんは奥歯を噛んで、依頼を思い出していました。



    「いつもは専門の職人にまかせているのですが、あいにくと病気だとかで。あなたが便利屋をこの村で開いたのも、神の深いおもんばかりでありましょう」

     司祭さんはそういっていました。

    「で、そのステンドグラスの汚れとやらは、どこについているんですか?」

    「尖塔のてっぺん付近です。聖人の顔に当たる場所に、なにかがべったりと。これでは主教さまをお迎えするのに面目が立ちません」

     ということで、エドさんはそのなにかをふき取るために、ひとつ間違えばまっ逆さま、という危険な仕事に臨んでいるのでした。



     遠くから見るとわかりませんでしたが、その汚れは、しっかりと形を持っていました。

    「鳥かなにかの巣みたいだな。取り壊すのはかわいそうだけど……依頼を受けてしまった以上は、取り払わないといけないからなあ。でも、これ、いったいなんの巣だろう?」

     エドさんは、中に卵が入っていないことを祈りながら、そばまで降りて行き、ひょいと中を覗き込みました。

     見知った顔がそこにありました。

    「あっ! お前は!」

     その驚きが伝わったのでしょうか、下から、司祭さんの大きな声が聞こえてきました。

    「便利屋さあん、いったいなにが見つかったんですかあ? 危険なものですかあ?」

     危険というかなんというか。。

     巣の中でエドさんと目を合わせていたのは、かつて、ガレージで不凍液をなめでいた、あの醜い妖精、グレムリンだったからです。

    「いい子だから」

     エドさんはこわばった声でいいました。

    「ここから出て行ったほうがいいぞ。なにせ、ここは、神様に祈りを捧げる場所だ。そんなところに巣を構えたら、ばちが当たるぞ」

     グレムリンは、理解しているのかいないのかよくわからない顔をしていました。

     エドさんは、巣をグレムリンごと叩き落とそうかどうしようか、迷いました。相手は翼が生えているものの、巣を壊されたら怒るでしょう。そうでなくとも、もしここでエドさんにかみつきでもしたら、最悪の場合、下の地面にまっ逆さまです。それに、なんとなくですが、このグレムリン、それほど悪さをするようなやつとも思えないのです。

     エドさんは、ポケットを探りました。いろいろな経験から、ポケットには常に飴玉をひとつ忍ばせてあるのです。

     エドさんは、片手で器用に包み紙を開けると、グレムリンに差し出しました。

    「こんなところにいても、みんなから嫌われるだけだぞ。どうだい、一緒にうちに来ないか? 悪ささえしなければ、追い出したりしないと約束するよ」

     グレムリンは、申し出を理解したのか、その手の中の飴玉をしっかりとその小さな手で抱くと、エドさんの肩にとまりました。

    「よし、いい子だ。じゃ、すまないが、こちらは処分させてもらうよ」

     エドさんがへらと雑巾を使って、その巣を壁から削り落としたときです。

    「あっ……」

     ふいに肩からグレムリンが飛び立ちました。エドさんはなすすべもなく、どこか遠くへと飛び去っていくグレムリンを見送るしかありませんでした。



     ステンドグラス拭きの仕事を終え、子供たちにチェスを教えたエドさんが自宅へと帰ると、食堂からはいいにおいがしていました。

    「お帰りなさい、あなた。今日はあなたの好きな、きのこのシチューよ。それに、お客様もみえてるの」

    「へえ……」

     食堂に入っていったエドさんは、そのお客様を見て、口をあんぐり開けました。

    「違うよ。こいつは新しい家族の一員さ」

     小鉢の前でお行儀よくしているのは、あのグレムリンに間違いありませんでした。


    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【なにが面白いのかわからない】へ  【欲しいもの】へ

    ~ Comment ~

    Re: YUKAさん

    このグレムリンはしゃべらないから使いにくいキャラクターかもしれません。

    うむむ(^^;)

    なんとか無事、落ち着くところに落ち着けてあげたいであります。

    日曜日はエドさんの日♪

    家族が増えましたね~~^^

    なにか。。。やらかしてくれそう^^
    お行儀のいいグレムリンが、何だか凄く可愛い^^

    ホント、エドさんは話が広がっていくいい物語です。
    イラストをつけて、童話として売れると思うんですけど。

    子供への読み聞かせでもいい、素敵な物語ですよね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【なにが面白いのかわからない】へ
    • 【欲しいもの】へ