FC2ブログ

    「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    エドさんと緑の森の家(童話掌編シリーズ・完結)

    エドさんと緑の森の家・6月10日

     ←百円ショップ →おだやかな昼下がり
    「ええと、町まで新発売のキャットフードをひと缶」

    「そうじゃ。わかっとるな、便利屋」

    「……はあ。キャットフードだけを買うと見せかけて、その近所の煙草専門店で、パイプ煙草の葉っぱをひと缶」

    「頼むぞ、便利屋。うちでは、女房が……」

    「わかってますよ。でも、奥さんの気持ちもわからないではないんですけどね。ドライサーさん、その齢になって、パイプ煙草は控えたほうがいいんじゃないでしょうか」

     ベッドで半身を起こしたドライサー老人は、心配そうなエドさんの声に苦笑いで答えました。

    「この齢だからやるんじゃよ。もうお迎えが近いのに、わずかなパイプ煙草を倹約してどうする。数少ない、わしの楽しみなのに、まったく女房ときたら……」

     ドライサー老人のいいたいこともよくわかるエドさんでしたが、それでも後ろめたいことではあります。

    「今回きりですよ」

    「大丈夫。次があるとはわしも思っとらん」

     ますます後ろめたくなるエドさんでしたが、確かにここで断ることも老人にとっては酷でしょう。

     これで、老人が明日に生きる気力をつないでくれるなら……。

    「わかりました。買ってきます」

    「頼むぞ、便利屋。女房のやつは、わしのたったひとつの楽しみを理解しないで、わしの宝物の海泡石のパイプを隠しおって、まったく……」

    「はあ」

     ふと、老人は耳をそばだてました。

    「しっ! 女房だ! 頼んだぞ、便利屋!」

     エドさんは、ドライサー夫人にあいさつするのも早々に、家を後にして町へと自転車を漕ぎ出しました。



     町へたどりついたエドさんは、さっそく大手のスーパーマーケットで新発売のキャットフードの缶をひと缶買い、そして自転車を路地裏にすすめ、ドライサー老人が「世界最高のパイプ煙草店」と主張する小さな店で、パイプ煙草の小さな缶を買いました。

     なんとなく、後ろめたい気分で自転車を漕いで帰るエドさんでしたが、緑の森の村に帰りつくと、待っていたのは、ドライサー老人ではありませんでした。



    「主人から依頼を受けたそうですね」

     深い憂いを帯びた、ドライサー老夫人のやつれた顔を前にして、エドさんは言葉に詰まりました。

    「申し訳ありません。あの、ご主人は?」

    「あの人は発作を起こして、今は町の総合病院に行っているはずです」

    「発作……」

     エドさんは、息を呑みました。

    「申し訳ありません」

    「あなたが謝られる必要はありません」

     ドライサー夫人は、エドさんから、ふたつの缶が入った袋を受け取りました。

    「あの人も、こんなものが大好きになって」

     ドライサー夫人は煙草の葉の詰まった缶を開けました。

    「便利屋さん。マッチはある?」

     エドさんはポケットをごそごそやって、店でもらってきたマッチ箱を取り出しました。

     ドライサー夫人は、なんともいえぬ色合いをした、海泡石のパイプを取り出しました。

    「それは……」

    「主人の宝物ですよ。くだらない、宝物ですよ。こんなものに夢中になって!」

     ドライサー夫人は慣れた手つきでパイプに葉を詰めると、マッチで火をつけました。

    「わたしがやってあげてたんですよ。あの人は、火をつけるのが下手で、このパイプも何度壊しそうになったことか」

     ドライサー夫人は、ふかぶかと煙を吸い、わずかに涙を流しました。煙たいから流した涙ではなさそうでした。

     エドさんは無言で老夫人を見ていました。



     三か月後、老人は奇跡的に回復しました。

    「便利屋、この間の件だが……」

    「ああ、代金はいただいたから大丈夫です」

     エドさんは、目を丸くした老人の前で、海泡石のパイプを取り出しました。

    「わたしはこういうものを集めるのも好きでしてね。奥さんからは深く感謝されました」

     怒りのあまり口をぱくぱくする老人に、エドさんは微笑みかけました。

    「わたしの家にいらしていただけるほど元気が出たら、いつでも喫いに来てください」

     さっさと部屋を出たエドさんは、老夫人に一礼し、満足げに家へと帰っていきました。


    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【百円ショップ】へ  【おだやかな昼下がり】へ

    ~ Comment ~

    Re: YUKAさん

    今回はあまりにネタが浮かばず、なにも見えてこなかったため、30分も締め切りをオーバーしてしまいました(^^;)

    書き上がった作品は気に入ってますが、不覚だったであります。(^^;)
    • #8281 ポール・ブリッツ 
    • URL 
    • 2012.06/11 16:12 
    •  ▲EntryTop 

    こんにちは^^

    うん、良い話しですね^^


    エドさんを読むと心が温かくなり気がします^^

    Re: limeさん

    いや、それが人情ですって(^_^)

    全部を損得勘定で割り切れたら、そいつはゴルゴ13だ(笑)

    わたしも老後に、トマトジュースにタバスコ入れて飲みたいなんていって、ホスピスの看護士を困らせているかもしれないであります。(^^;)
    • #8277 ポール・ブリッツ 
    • URL 
    • 2012.06/10 20:18 
    •  ▲EntryTop 

    これも、皆のおもいやりですねえ。ずいぶんセーブできることでしょう。
    いいお話です。

    でも私は、自分の楽しみを堪えて長生きするよりも、好きなことしたいなあ・・・なんて思っちゃうんですが。

    でも家族には、好きなことを我慢しても、健康で居てほしいと思います。(わがままかな^^)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【百円ショップ】へ
    • 【おだやかな昼下がり】へ