「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    エドさんと緑の森の家(童話掌編シリーズ・完結)

    エドさんと緑の森の家・7月22日

     ←ECMさん暑中見舞い! →12コマめ:健交活動委員会の戦い・玉砕戦
    「……ねえ。伯爵のこと、どう思う?」

     水着姿もまぶしいクロエさんに訊ねられ、エドさんは、ううん、と首をひねりました。

    「昔、なにかたいへんなことがあったんじゃないか、わたしにはそう思えるね。食事なんかのときにうちのグレンを遇するにも、まるで同じ貴族に対するようなやりかただし。苦労ってものを知ってるよ、あの人は」

     グレンはといえば、ふたりの思いを知ってか知らずか、飛び回ったり、水に触れたり、戻ってきて甘い飲み物に口をつけたりと、大はしゃぎです。

    「グレンになにか、秘密でもあるのかしら」

     エドさんは、またも首をひねりました。

    「秘密か……あったとしても、わたしたちの知るべきことじゃないだろう。わたしは、探偵として生きてきた中で、たくさんの秘密を暴いてきた。大きいものから、小さいものまでね。そこで結局わからされたことは、不必要な秘密を暴くと、絶対にひとりふたりは泣く人が出てくる、ということなんだ。探偵として駆け出しのころは、そういうことばかりだったなあ。それに対して、今の便利屋という職業は、なにをやっても、泣く人が出てこない。わたしにとっては、天国みたいなものだよ」

     エドさんは、ソフトドリンクの入ったグラスを手に取ると、ひとすすりしました。

    「わからないといえば、いろいろとわからないことだらけだが、わたしはあの伯爵と、アリントン夫人の誠意を信じる。あの人たちは、決して、腹黒いことを企むような人じゃないさ。探偵としての勘みたいなものだけどね。もっとも」

     エドさんは、クロエさんに、かすかに笑ってみせました。

    「はやらない探偵の勘だから、当てにしていいかどうかはわからないけれど」

     グレンは、また、海のほうに飛んでいきました。それを、クロエさんは不安そうに見つめ、いいました。

    「信じたいけれど……なんとなく、グレンが心配なのよ。いつか、どこか遠くへ行ってしまうような気がして、しかたないの」

    「それはグレンの決めることだ」

     エドさんは、真顔になりました。

    「もし、グレンが、どうしてもどこかへ行きたい、というのなら、行かせてやるべきだ、とわたしは思う。わたしたちにできることは、グレンがいつ戻ってきても、温かく迎えてやることだけだ」

    「父親みたいなことをいうのね」

    「きみだって、母親みたいだぞ」

     ふたりは顔を見合わせると、ぷっと吹き出しました。

    「伯爵には、お子さん、いるのかしら」

    「ここへ来る前に、ネットの情報を読めるだけ読んできたんだが、お子さん、じゃなくて、お孫さんだな。今は、伯爵家を継ぐために、大陸の大学に留学中だって書いてあった」

    「その息子さんご夫婦は?」

    「お孫さんを産んですぐに、なにかの事故で他界したってさ」

     クロエさんは、それを聞いて、ぴんと来たようでした。

    「もしかしたら、伯爵は、その事故の原因がグレムリンのせいじゃないかと思って……」

    「事故から二十三年も経ってから復讐に来たって? それもまったく関係ないだろう公算のほうが高い、うちのグレンを? それは理屈に合わないな。もう、これでいいんじゃないのかな。伯爵は、うちのグレンのことを聞いた。どこかのつてをたどって、アリントン夫人のもとに招待状を送ってよこした。ただ単に、伯爵はうちのグレンとの会食を楽しんでいるだけだろう。国の最重要人物として多忙な毎日を送る生活の、ちょっとした息抜きとしてね」

    「そういえば、けさも馬を走らせるときに、グレンをいっしょに連れて行ったわね」

     エドさんは目を閉じました。

    「そういうことさ。わたしは、伯爵の気持ちもわかるような気がするよ。貴族だから、家族に対する教育も、そりゃ、わたしたちの想像を絶するほど厳しいものだったろう。帝王学っていうのは、思うほど楽な学問じゃないらしいからね。こうして、たまには息抜きをさせてあげてもいいんじゃないのかな。さて、昨日の会食のときに話題に出たけれど、ここから見る夕陽は最高だそうじゃないか。それまでに、ひと泳ぎ、行くかい?」

    「あたしのほうが速いわよ、あなた」

     ふたりとグレンは、海のほうへ駆けて行きました。

    『別の考えもあるけど……伯爵は、そこまで冷徹なお人かなあ?』

     エドさんは、クロエさんにわからないよう、そっと心の中でつぶやいたのでした。


    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【ECMさん暑中見舞い!】へ  【12コマめ:健交活動委員会の戦い・玉砕戦】へ

    ~ Comment ~

    Re: 土屋マルさん

    終わるのは7月特別編だけで、エドさんの物語はまだ続きます。今年じゅうは楽しんでいただけると思います!

    エドさん大好き♪

    ご無沙汰している間に、こちらのエドさんのお話、もうすぐ最終話なのでしょうか?
    飛んでしまった分を遡って読んでここまで追いつきましたが、あと‥‥二つ?
    伯爵がグレンをどんなつもりで招待したのか、ここまで来てもまだ全然想像がつきません~><

    んっふふ、実はアルファポリスさんの「童話大賞」でエドさんをお見かけしたついでなのですが、さっそく一票投じておきました(*´ω`*)テレ
    1位だなんて、ポールさんすごい!
    応援しています、エドさん大好き!
    頑張って下さいね(´∀`)9

    Re: 矢端想さん

    グレンをどうするかについては今のところトップシークレットですので明かせません(^^;)

    グレンの風貌についてですが、こうもりのような翼をつけて、「シンプソンズ」の主役一家の子供のような顔をした、醜いけれどもどこか憎めない風貌をした小妖精をイメージしています。小妖精というよりは小鬼みたいなものですか、グレムリンですし……(^^;)

    > 秘密
    さすがエドさん、いいこと言います。人付き合いにおいて相手のことを何もかも知る必要なんてないですね。

    今は二人の子供みたいなグレンですが、本当の子供ができても遊び相手になるまでずっと居てくれたらウルトラハッピーなんですけど。生まれた時から小妖精がいる環境で育つなんて貴重です。

    ・・・ふと思うけど、「探偵エドさん」の挿絵を描いた行きがかり上、いつか水着のクロエさんとか、いろんなものを描く覚悟をしておかなくちゃいけないのかなあ、とかいらんプレッシャーを感じてしまいます。グレンなんてどうするよ・・・。

    Re: YUKAさん

    水を差すようでなんですが、七月特別編は来週の更新で終わりです(^^;)

    八月からはいつものエドさんをお楽しみください(^^)

    おはようございます^^

    母のようなクロエさんと、父のようなエドさん。
    グレンは幸せな息子ですね^^

    でも、これからきっと何かある。

    それが楽しみでしかたないです♪

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【ECMさん暑中見舞い!】へ
    • 【12コマめ:健交活動委員会の戦い・玉砕戦】へ