「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    エドさんと緑の森の家(童話掌編シリーズ・完結)

    エドさんと緑の森の家・8月19日

     ←三人揃えば →密人殺室事件
    「便利屋さん、いらっしゃいますか?」

     どこか聞き覚えのあるその声に、エドさんは目を覚まし、あくびをしながらベッドから起き上がりました。

    「誰だろう、こんな夜遅く……」

     ぶつぶついいながら玄関に出て行くと、エドさんは明かりをつけ、扉を開けました。

    「はい。なんでしょう……あっ、お前は!」

     エドさんの目が、ばっちりと覚めました。そこに立っていたのは、一見したところ、役人のような顔つきをした、思い出したくもないあいつだったのです。

    「地獄の国税局!」

     そうです。そいつは、かつてエドさんをきりきり舞いさせた、地獄から来た、本物の悪魔に間違いありませんでした。

    「いえ、わたくしは同じ悪魔でも、兄たちと違って税金を払うほうでして」

     悪魔はいけしゃあしゃあといい放つと、エドさんが閉めようとしたドアに、素早く足を突っ込みました。

    「少しくらいわたくしのお話をお聞きになられても……」

    「お前たちの話など二度と聞くもんか!」

     とはいえ、足を突っ込まれていては扉が閉まらないのも事実です。エドさんは、緊張した面持ちでドアを開けました。

    「話すだけ話したら帰ってくれ」

    「もちろんですとも。今晩おうかがいしたのは、グレムリンのことなんですよ。ほら、あなたがグレンと呼んでいるあの小悪魔」

    「グレンは小悪魔なんかじゃないぞ。素直で頭のいい、妖精だ。我が家の家族の一員だ」

     悪魔はいやみたっぷりにいいました。

    「妖精ならば、どうして、こうもりの翼なんかをつけているのですか?」

    「こうもりの翼をつけていようが、とんぼの羽をつけていようが、蝶の羽をつけていようが、妖精は妖精だ。そもそも、翼を持っていない妖精もいる。決め手にはならないね」

     悪魔は自分の額をぴしゃりと叩きました。

    「なるほど、それは理屈だ。だが、あのグレムリンが、われわれの血族であることだけは事実です。あれをこのまま家に置いておくと、なにをしでかすかわかりませんよ」

    「あの子はいたずらざかりのようだけれど、これまでに、なんの深刻な悪さもしていないぞ。せいぜい、わたしのシチューやスープを盗み飲みするくらいだ」

     悪魔は、にたりと笑いました。

    「だったらどうして、あの妖精は、聖なる教会に入っていけなかったんです?」

     エドさんは、グレンが巣を作っていた、あのステンドグラスを思い出しました。

    「誰にでも、苦手なものはあるさ」

    「そりゃあ、ありますよ。例えば、わたしは人界のこの空気と光が嫌い。故郷の、真っ暗で、硫黄のにおいが立ち込めるあの世界が恋しいですなあ。そして、あのグレムリンも、そうなのですよ。心のどこかで、硫黄と熱と闇を好んでいるのです。それがわからぬ、あなたでもないでしょう、便利屋さん?」

    「なんといわれようと、わたしの答えは変わらない。グレンにも、わたしにも、妻にも、この村で生きるひとりひとりにも、この地球に、いや、宇宙にあるすべての存在物にも、お前たちは手を出すな!」

    「ひどいおっしゃりようですなあ。しばらく、おひとりで考えてみてはいかがでしょう? ほら、こうした闇の中で……」

     悪魔が指を鳴らすと、家じゅうの明かりがふっと消えました。物音ひとつ聞こえない闇の中で、エドさんは叫び続けました。

    「グレン、グレン、グレンっ!」

    『……あなた、あなた、どうしたの!』



     汗をびっしょりかいたエドさんがはっと目を覚ますと、ベッドの横で、クロエさんが心配そうに見つめていました。

    「どうしたの、あなた?」

    「ひどい夢を見たんだ……」

     エドさんは、額をぬぐいました。

    「疲れているのよ。何か飲みましょう」

     ふたりは支え合うように、階下へと降りて行きました。

    「あら? 電灯がつけっぱなし、扉も開けっぱなしだわ。戸締りをし忘れたのかしら」

     エドさんは、背筋がぞおっとしました。

    「グ、グレンは?」

    「ほら、そこでクッキーを食べてるわ。まったく、行儀が悪いんだから」

     エドさんは、平和そうな顔でクッキーをかじるグレンを見て、ほっと息をつきました。

    「グレンは、悪い子なんかじゃないよな」

    「こんないい子はいないわよ、あなた」

    「そうだよな、はは、そうだよな!」

     急にエドさんに抱き上げられて、グレンはきょとんとした表情をしていました。


    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【三人揃えば】へ  【密人殺室事件】へ

    ~ Comment ~

    Re: YUKAさん

    正しい生活を送るための原則その一。

    「悪魔のささやきに耳を貸さない」

    ご了解いただけましたかYUKAさん(^_^;)

    こんばんは^^

    あわわ^^;;

    グレンは悪魔の血族だったのですか~~

    そういえば、悪戯するし、機械は壊れるし。。。

    どうなるのか、楽しみです^^

    Re: 山西 左紀さん

    いつの間にか、グレンはこの小説の最重要人物……じゃなかった、最重要妖精になってしまいまして。物語の終わり、12月には、きちんと収まる場所に収めますので、どうかお楽しみに。

    どう動くんでしょう?
    気になります。
    少し意地悪なポール・ブリッツさん?

    失礼しました。
    このシリーズまた覗きにきます。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【三人揃えば】へ
    • 【密人殺室事件】へ