「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    エドさんと緑の森の家(童話掌編シリーズ・完結)

    エドさんと緑の森の家・8月26日

     ←怪しさ大爆発 →アイデアの出ない日
    「おや、便利屋さん。あなたが、教会に相談に来るとは珍しい。懺悔でもなさりに?」

    「うちの宗派じゃ懺悔の受け付けはやってないでしょう。それはそれとして、お聞きしたいのは、悪魔のことについてです」

     ステンドグラスの明かりのもとで、エドさんは、この村でたったひとりの聖職者である若い司祭と顔を突き合わせていました。

    「悪魔ですか。便利屋さん、あなたがいうそれが、自分の心の弱さのことなら、それは、神様がそうお作りになられたのであり、あなたにどうこうできることではありません。あるがままの自分を見つめ、自分の弱さと強さを認識し、最後に神様が恩寵によりお救いになられることを……」

    「いえ。そうじゃなくて。ほんものの悪魔」

    「ほんもの?」

     司祭さま……田舎の村ですが司祭の位はほんものです……は、顔をしかめました。

    「あなた、ほんものの悪魔なんかに知り合いがいるんですか?」

    「恥ずかしい話ですが、三匹ばかり」

    「いけませんね」

     若い司祭はかぶりを振りました。

    「悪魔なんかと付き合っても、得るものはなにもありませんよ。それどころか、あなたの心が毒されていくばかりです」

     そういった後で、司祭はふっと息をつきました。

    「でも、ほんものの悪魔なら、追い払っても追い払ってもやってくるでしょう。なんとかいう戯曲家の言葉どおり、最近の悪魔は平気で聖書でもなんでも読みますからね。たちが悪いですよ。小説に出てくる悪魔の話ですけれどね、もちろん」

    「こっちは実際に迷惑をこうむっているんです。なんとか、早急に、どこかへ行ってもらう方法はありませんか」

     若い司祭は、正直に答えました。

    「そんな方法があるのであれば、この世界の聖職者は半分の数で済むでしょう。わたしも、司祭ではなく、思想家とか哲学者とかになっていたかもしれません」

    「いいんですか? 神に仕える人がそんなことおっしゃって……」

    「うちの宗派が最も重視しているのは寛容の精神ですから」

     えほん、と、司祭はひとつ咳をしました。

    「さて、悪魔への対処法についてですな。それについては、わたしもずいぶん考えたし、神学部でもさんざん議論したものです」

    「それで、初心者にも簡単にできる、うまい対抗策はありませんか?」

    「あることはありますが、わたしは悪魔を見たことがないので、机上の空論であることは頭の隅に置いといてください」

    「それでもいいです。どんな方法ですか?」

     エドさんは身を乗り出しました。

    「肝心なことはひとつ、『悪魔とはどんなささいなことについても約束をしない』ということです」

    「約束をしない……?」

     司祭はうなずきました。

    「わたしが読んだ教会の記録では、口約束であれ、やつらは人間と、『約束』を積み重ねて、最後にはその犠牲者をのっぴきならないところまで追い込むものです。それを避けるためには、どんな『約束』も『取引』もしないことです。もしも、あなたが奥さんとか、あの小さなグレンくんを悪魔の手から守りたいのなら、それを忘れないことです」

     エドさんはうなずきかけて、はっと頭を上げました。

    「どうして、それを……?」

    「単純な推測ですよ。あなたがそんな深刻な顔で相談に来るとしたら、あのふたりに関わること以外、なにがあるというんですか」

    「司祭さま、探偵もおできになりますよ。わたしのもとに現れた悪魔は、グレンを、自分の血族だと……」

    「グレンくんが悪魔の血族だったら、聖人のステンドグラスに触れただけで蒸発していますね。悪魔と対決するときに気を付けることがもうひとつ。悪魔がいおうとしていることの要点を見抜いて、それについてはいっさい信じないことです」

     エドさんは深く頭を下げました。

    「ありがとうございます、司祭さま。いくらか、相手に立ち向かう勇気が湧いてきました。それにしても、司祭さまは、どのような議論の末にその結論に達したのですか?」

     若き司祭は、笑顔で答えました。

    「わたしのパソコンに、毎日毎日、性懲りもなくやってくる、迷惑メールを処分しているうちにひらめきましてね……」

     エドさんは、ちょっと不安になりつつ教会を後にしました。まあ、たしかに迷惑メールも悪魔みたいなものには違いないのですが。



    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【怪しさ大爆発】へ  【アイデアの出ない日】へ

    ~ Comment ~

    Re: けいさん

    悪魔の本格的な攻撃はここからですよ、ふっふっふっ(^_^)

    緑の森の村を開村以来の大騒動に巻き込んだ三ヶ月をお楽しみください!

    グレン・・・ムギューってハグしたい。
    夢に出るほど、司祭に話しをしたいほど、愛されていますねえ。
    けど、単純にかわいいだけじゃないんですね、この子。わけあり?

    迷惑メールはクリックひとつで蒸発していただいております・・・

    Re: YUKAさん

    わたしの乏しい脳味噌では、これ以外に抵抗する手段が思いつきませんでした。

    でもこれでかえって「ルール」が明確になった一面もあるから、結果オーライかな(^_^)

    エドさんの日^^

    司祭様~いいこといいますね^^

    迷惑メール、くると結構凹みます(笑)

    Re: 矢端想さん

    残念ながらこれは「ゴッドサイダー」ではないので、神魔血破弾みたいな超能力バトルにはなりません……って、何人がわかるんだこのネタ! 齢がバレる~(^^;)

    次回はいよいよエクソシストたる若き司祭と悪魔との熾烈極まる対決編ですね!わくわく。
    そしてエドさんのとった驚くべき行動とは・・・!?

    Re: fateさん

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%8A%E8%A7%A3

    ということだそうです。プロテスタントでも「罪の告白」はできるみたいですね。秘蹟とはみなされていないだけで。

    もうちょっとよく調べてから書くんでした(汗)



    悪魔との戦いは、人間、誰でも一生ものの戦いではないでしょうか? 宗教的な意味でなくとも。

    まあわたしは決定論者ですから、こうして好き勝手なことが書けるのですが……。

    Re: レルバルさん

    まったくです。ただでさえ人間は自分自身を持て余し気味だというのに……。

    うちの宗派じゃ懺悔の受け付けはやってないでしょう

    ↑そ、そういうモンなんですか?
    どこの教会でも懺悔って出来るのかと思ってた~~~!

    と、ちょっと驚愕したので、思わず、久々にエドさんにお会いしてしまった(^^;

    追い払っても蹴飛ばしても(あ、それはしてない?)しつこくやってくる。
    ・・・なんとなく、宗教的でいて、リアルな何かを示しているような気がしますね。
    惹かれ合うのは、近いからだと聞いたことがあります。
    類友の原則で。
    エドさん、悪魔を追い払う、厳密には相手が近づいてこないようにするのは難しいかもな。
    エドさんの仕事ってそういう、悪魔が喜びそうなことにどうしたって関わってしまうものだから。

    さて、エドさんはどうやって対決するのかなぁ。
    恐らく、一生モンの闘いだろうなぁ(^^;

    悪魔……。
    本当にいたらいやだなぁと……。

    そう思いました。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【怪しさ大爆発】へ
    • 【アイデアの出ない日】へ