FC2ブログ

    「ショートショート」
    ホラー

    長い夕焼け

     ←密人殺室事件 →そんなささいなこと
     交通事故で入院することになった。ギプスで身体中を固定され、身動きひとつ取れない状態で個室に入れられた。目まで包帯で覆われているのでわからないが、どうやら西向きの部屋らしい。

     なんでも、ここに運ばれてきたときに医者が簡単にしてくれた説明だと、身体だけではなく、頭も打ってしまったので、明日は脳波も測るそうだ。

     動けはしないが、包帯ごしに、部屋が夕焼けのオレンジ色に染まっているのがわかる。

     いい色だ、と思う。

     時計が見えないせいか、いつもより時間の流れが遅くなったように感じられてしかたがない。

     身体が動かせないせいもあるだろう。

     時間が止まっているのかも、という馬鹿馬鹿しい妄想も覚える。

     時間が止まっているのなら、そもそも、外界を認識し、考えることすらできないはずだ。どうせ馬鹿馬鹿しい妄想だったら、こういうのはどうだ。わたしは、頭を打ち、一年に二回、夕焼けの色がこの色になる日にしか意識を取り戻さなくなった、というものだ。

     こうして夕焼けの色を感じているうちに、外界では何年も、何十年もの時が流れているのでは。

     それではまるでリップ・ヴァン・ウィンクルじゃないか。新手の怪談話になるな。退院したら、誰かに話してやろう。

     包帯とギプスのせいで、外の様子も、身体の様子もわからない。

     それにしても、長い夕焼けだ。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【密人殺室事件】へ  【そんなささいなこと】へ

    ~ Comment ~

    Re: 面白半分さん

    妄想癖が強いせいか、こういう空想、よくするんです。

    美しいとおっしゃってくださりありがとうございます。

    Re: いもかるびさん

    ほんとうにそんなことってあるんですね。

    事実は小説よりなんとやらですが、

    イイハナシダナー(T^T)

    Re: 矢端想さん

    わたしは、スキーで腕を骨折したとき、腕をついて立ち上がろうとして、腕を回したが、あるはずの位置に腕が見えない。びっくりしてよく見たら、腕は感覚とは別な方向にだらんと伸びていて、そうか「仮想現実」も、これと同じ原理をウルトラ化したものなんだ、人間の感覚、あてにならない! と、妙なところで感心したものであります。

    デ・ラ・メアばりの説明のない物語?

    でもなぜか美しい余韻を感じてしまいました。

    昔の仕事の同僚で交通事故で半年間眠っていたという方が
    いました。目が覚めたらなんと結婚していたという。

    奥様が一生目を覚まさない可能性の方が高いというのを
    覚悟された上で籍を入れられてたという
    ほとんど邦画ばりの話ですが。

    今では小さなお子さんと3人の幸せそうにくらしてらっしゃる
    年賀状が独り身のもとに送られてきます。
    ちょっとそれを思い出してしまいました

    これって、彼が「勝手にそう思ってるだけ」話ですよね。

    昔、病院で一緒になった男に聞いた話。
    バイクで事故った友人が、手がちゃんと生きてるか確認のため、見えない状態で指を一本ずつ動かしてみて感覚があったので「ああ良かった」とそのまま気を失って、病院で目覚めたら肘から先がなかったという。

    Re: YUKAさん

    そんなことしたら興ざめじゃないですか(^_^;)

    手品の種明かしを見せているみたいで(^_^;)

    おはようございます^^

    なるほど~~^^

    ここで終わらせるのが憎いところ^^

    彼を取り巻く外の様子バージョンも読みたいところです^^
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【密人殺室事件】へ
    • 【そんなささいなこと】へ