FC2ブログ

    「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    エドさんと緑の森の家(童話掌編シリーズ・完結)

    エドさんと緑の森の家・9月16日

     ←6コマめ・第二回作戦会議 →7コマめ・全世界の男の敵
    「マクファースンくん」

     校長先生は、机の前に立たせたエドさんを、厳しい視線でにらみました。

    「きみは、うちの生徒に、こともあろうに遊びほうけることを教えたそうだね?」

    「わたしは別に遊びほうけろとは」

     エドさんの抗弁を、校長先生は手で制しました。

    「いや、きみは、こともあろうにうちの生徒たちに、遊びほうけてうつつをぬかせといったも同然だ。エドくん、わたしはきみに、そんなつもりでチェスを教えてくれといったわけではない」

    「……は、はい」

     エドさんはうなだれました。

    「いいかね、チェスは、なによりも頭の体操に、知性の鍛錬に役立つものだ。そうした、訓練としてわたしはチェスを子供たちに教えてくれといったんだ」

    「しかし、校長先生、子供たちは、現にチェスを楽しんでいますし、楽しみながらも学んでいます。わたしには、決してそれは悪いことではないと思えるのですが」

     夕闇の迫る中、校長先生は深くため息をつきました。

    「マクファースンくん。きみがそんな考えをしているから、わが校の成績は下がりっぱなしなんだ。今は、調整により、なんとか基準を満たしているが、それも、いわゆる粉飾決算に近いものだ」

    『そうかなあ?』

     エドさんは首を傾げました。この間も生徒から、大人も読むような、ちょっと厚めのチェスの入門書が読めるようになって嬉しい、という言葉を聞いたばかりです。

    「不満そうな顔をしているな。きみのことだ。生徒に対してチェスが好ましい影響を与えたこともあるんじゃないか、などとでも考えているんだろう。だが、しかし、現実は現実だ」

    「……すみません」

     エドさんは、さらにうつむきました。

    「きみが、まじめに授業をするためには、もうひとつ邪魔なものがある。あのグレムリンだ。チェスの時間が終わった後で、子供たちをあのようなわけのわからないものと遊ばせているそうじゃないか。それは、学校の方針としては、とうてい見過ごすわけにはいかんのだ」

     校長先生は席を立つと、窓のそばに近づき、オレンジ色に染まった空を眺めました。

    「百歩譲って、チェスの授業が終わった後に、グレムリンと遊ばせるのはいいとしよう。だが、授業中にまで、教室にグレムリンを持ち込むのはどうかと思う。どうかね?」

     エドさんは黙りこくり……校長先生の背中、特に腰、特におしりのあたりを見て、驚いて目を丸くしていました。

    「エドくん。悪いことはいわん、少なくとも授業中は、あのグレムリンをこの校長室に預けることを約束してくれんかね。これは、教育上最低限度のモラルだ。返事は?」

     エドさんは口を開けましたが、言葉が出てきません。

    「返事は?」

    「お……おしり」

    「なに?」

     校長先生は自分のおしりを触り……「あっ!」と声を上げました。

     そうです。校長先生のおしりには、いえ、校長先生に化けた悪魔のおしりには、黒くて長くて先のとがった尻尾が生えていたのでした。

    「ええと、その、なんだな、マクファースンくん」

    「芝居がばれた以上、さっさとこの部屋から出て行ってくれないか、地獄の国税局。そもそも、なんでお前たち、あんなにグレンにこだわるんだ。まったく、油断もすきもありゃしない。とにかく、わたしは妻とグレンとこの生活を守ってみせるからな。悪魔なんかにつきあってはいられないからね、さっさと帰らせてもらうよ」

     そういった瞬間、煙とともに校長先生の姿は消えました。エドさんは校長室を探し回り、すぐに机の下に倒れていた本物の校長先生を見つけて、揺り起こしました。校長先生は、頭を振って、目をぱちぱちさせました。

    「さてと、悪魔のやつは退散したことだし、ほんとうに帰るとするか。でも……」

     エドさんは苦笑いしました。平和なこの村に住んでいるからでしょうか、あの悪魔でさえ、なんとなく愉快な隣人のひとりに思えてきてしまうのです。

     しかし……。グレンに、いったい、悪魔が血まなこになって欲しがるような、どんな秘密があるというのでしょう? いろいろ考えてみましたが、答えは浮かびませんでした。



    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【6コマめ・第二回作戦会議】へ  【7コマめ・全世界の男の敵】へ

    ~ Comment ~

    Re: limeさん

    初めから「一年」を描くつもりで書いてますから。

    それにしても、週刊連載の漫画家って、すごい。超人としか思えん。掌編でさえあっぷあっぷ状態なのに。

    グレンの秘密については、カンのいい人はもう気づいているんじゃないかな。

    グレンの秘密について、ポールさんが、とんでもない秘策を持っているのか、それとももうなにかヒントが出されてるのか。

    でも、考えるのが苦手な私は、答えが出るのを待ちます。
    12月で完結するんでしたか?

    Re: YUKAさん

    いや、これはこれで悪魔は狡猾です。いったいエドさんたちにどんな陰険きわまる罠を仕掛けているか、それは語るわけにはいきません。(ヒント:考えてない)

    グレンの秘密にしても、必ずやみなさんを驚かせてみますので、だまされたと思ってしばらくおつきあいください。(ヒント:だまされる)

    懐かしいなあ嵐馬破天荒氏とファンロード……。

    おはようございます^^

    詰めの甘い悪魔(笑)

    失敗をなんだか楽しんでいる気がしてきました^^

    それにしてもグレン。

    どんな秘密が?

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【6コマめ・第二回作戦会議】へ
    • 【7コマめ・全世界の男の敵】へ