「弱肉雑食系(ラブコメ小説、不定期連載)」
    弱肉雑食系・カット2「よくあるタイプじゃない隣人たち」

    10コマめ・さらに変な勘違い男たちの襲来

     ←9コマめ・変な勘違い男たちの襲来 →11コマめ・輪をかけて変な勘違い男たちの襲来
     またあいつらが引き返して来たのか。ぼくは居留守でも使おうかと思った。

     そのとき、台所側にも小窓があることに気づいた。蛍光灯の光というものは、つねづね強すぎると感じていたが、これでは居留守も使えない。

     ぼくはあきらめてドアに向かった。

    「はい?」

    「鏑木さんですか。お話ししておきたいことがありまして」

     どことなく弱々しいが、真面目そうな男の声だ。

     信頼してもいいだろう。ぼくはドアを開けた。

     立っていたのは、学生服に渦巻き眼鏡という、こいつはいったいどの世界から来たのか、と悩むような姿の男だった。ぼくもカノジョから「枯れ木」などと呼ばれたくらいにやせ細った男だが、目の前のやつは、そんなぼくを上下から引っ張って、伸ばしたようなやつだったのだ。

    「ぼ、ぼくは、諏訪蓮太郎といいます」

     蓮太郎というより、パスタ郎だ。

    「それで、なんでぼくのマンションへ?」

     パスタ郎は眼鏡を神経質にいじくりまわした。

    「謝っておかなければならないからです。すみません」

    「どうして、ぼくがきみに謝られなくてはならないんだ?」

    「勝ってしまうからです」

     パスタ郎は断言した。

    「は?」

    「言葉をこうして交わしていてもわかりますが、ぼくの知能指数は、鏑木さんより二十は高い。である以上、ぼくが鏑木さんにバックギャモンで勝つことは、朝と呼ばれる時刻に地表のこの面が太陽の側を向くことと同様に疑い得ないことです」

     素直に朝になって陽が昇るようにといえんのかこいつは。

     パスタ郎の独演会は続いた。

    「残念極まりないことですが、ぼくは、女性と交際したことがありません。しかも、あのような美しいかたとは。だから、決勝では、ぼくは配慮してゲームをするべきなのでしょうが、手加減はいっさい抜きで、全力でひねりつぶします。そうでないと、あの女性と同棲し、生殖行為におよぶことができません。ですから、謝らなければならないのです」

     ぼくは開いた口がふさがらなかった。妙な自信もさることながら、その行動が本能そのままであることに呆れかえったのだ。

     なにかぼくがリアクションにおよぶ前に、パスタ郎は一礼してさっさと姿をくらましてしまった。

     ぼくは本気で玄関に塩をまこうと、台所の食器棚をごそごそとやった。

     玄関のブザーが鳴った。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【9コマめ・変な勘違い男たちの襲来】へ  【11コマめ・輪をかけて変な勘違い男たちの襲来】へ

    ~ Comment ~

    Re: YUKAさん

    この大学街には奇人変人ばっかりだって、前作の最後で断っておいたはずですが(笑)

    みんな、ぞろぞろ尾行して来たんでしょうね。ヒマなやつらです。(^_^;)

    みんななせ、家まで知っているんだ?!

    もはやスト―キング(笑)

    しかもどんだけヘンな人ばかりなんだ、この大学は(笑)

    Re: しのぶもじずりさん

    こういうのはトランプや麻雀と同じで、「イケメン来い、イケメン来い」と念じていると、たいていスカが来るものなのです(^_^;)

    Re: レルバルさん

    「枯れ木」くんにそういわれてしまうのだから、その細長さ果てしなし(笑)

    Re: ヒロハルさん

    まだ三人しか来てないじゃないですか(笑)

    千客万来ですね。
    まねき猫よりバックギャモン。

    カッコイイ イケメン 来い!

    名前はやはり体を現す……ってパスタ……。

    つまりひょろひょろなんでしょうなぁ……

    何人来るんですか!? 笑。

    Re: limeさん

    じゃあ、まじめでかっこいい男を出しますか。

    しかし、これはわたしの小説なので、どうなることやら……(笑)

    へんなやつ、続々と登場w

    パスタ郎ってネーミングがいいですね。
    しかしパスタ郎、表現が生々しい。
    ああ~、みんな、不気味だ~。
    一人くらい、まともでかっこいい男は出てこないのですか!
    (なんの要求だ)
    こりゃあ、鏑木くんが勝つしかないじゃないですか。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【9コマめ・変な勘違い男たちの襲来】へ
    • 【11コマめ・輪をかけて変な勘違い男たちの襲来】へ