「弱肉雑食系(ラブコメ小説、不定期連載)」
    弱肉雑食系・カット2「よくあるタイプじゃない隣人たち」

    12コマめ・とことんまで変な勘違い男(?)たちの襲来

     ←11コマめ・輪をかけて変な勘違い男たちの襲来 →エドさんと緑の森の家・9月23日
     ブザーは執拗に鳴った。

     出ないぞ。誰が出るもんか。

    「幡豆さん! 幡豆さん! ここを開けてください!」

     ぼくは、少しばかり安心して、すっかりおびえきっているカノジョに声をかけた。

    「よかったな。女の子の声だ。きっと、きみの友達だよ。今、開けてくる」

    「あっ、ちょっと、その子は……!」

     カノジョが叫んだときは遅かった。ぼくはドアを開けてしまっていた。

     立っていたのは、かわいい女の子だった。その子は、こちらがなにかいう前に、ぼくの顔に凄まじい速さで往復ビンタを見舞った。

    「な……」

    「けだもの! 変態!」

    「は……はひをふる、いや、なにをするんだ。きみはいったい、誰だ」

    「C大法学部の百合根美亜よ……これだけは覚えておいて、お姉さまに汚い手をかける男なんかを、あたしは絶対に許さない!」

    「お姉さま?」

     ぼくは部屋の奥のカノジョに目を向けた。カノジョは弱々しく首を振った。

    「カノジョも、ああいってるし……」

    「あたしの片思いだなんて、そのくらい、わかっているわよ! でも、最後には、お姉さまはあたしの愛を受け入れてくださるわ。あたし、信じてるもの」

     ぼくは部屋の奥のカノジョに目を向けた。またもカノジョは弱々しく首を振った。

    「カノジョも、ああいってるし……」

    「いいえ、あれは愛の世界の奥深さと安らぎを知らないからよ。だから、覚えていてらっしゃい。バックギャモンであなたを倒し、お姉さまの心を射止めてやるわ」

     百合根美亜は二、三歩下がると、ぼくに向かって、

    「変態!」

     と叫んだ。

     ぼくは頭がくらくらしてきた。どっちがアブノーマルなのか、わからなくなって来たのだ。そもそも、変態って、なんなのだ?

    「鏑木さんですね」

     悩んでいると、落ち着いた声の、ラフなかっこうをした男が、ぼくの肩に軽く手を触れた。ぼくは顔を上げた。

    「あなたは?」

     ライトのぼんやりとした光でもわかる、痩せ気味だがスポーツ焼けした筋肉質の男だった。顔も、意志の強さを感じさせる。

     男はにこりと笑うと、自己紹介した。

    「佐分利原夫です。原夫と呼んでください。さっきの、百合根さんと同じゼミにいる者ですよ。あの子も困ったもんだ」

     なるほど。あの娘にも、こういう人間がいたわけか。ぼくは、ふうっ、と息をついた。

    「それで、追いかけて来たわけですか?」

    「ええ、ぼくの大事な人にひどいことをしているんじゃないかと……」

     ……大事な人?

    「それって、誰のことです?」

     佐分利の手が、肩からぼくのうなじにかかった。

    「あなたですよ、鏑木さん」

     ぼくの身体中に、鳥肌が立った。ぼくは身をふりほどくと、マンションの扉をがちゃんと閉めた。

     外では、佐分利原夫が叫び続けていた。

    「ぼくはあきらめませんからね! バックギャモンでは、必ず優勝して、あなたをぼくのものにしてみせますからね!」

     ぼくはドアに鍵をしっかりかけると、塩入れに手を突っ込んで、玄関に撒けるだけ撒いた。

     佐分利原夫はまだ叫び続けていた。カノジョの前に、ぼくが男性恐怖症になりそうだ。

     ぼくとカノジョは、震えながら一晩を過ごした。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【11コマめ・輪をかけて変な勘違い男たちの襲来】へ  【エドさんと緑の森の家・9月23日】へ

    ~ Comment ~

    Re: YUKAさん

    ロボット相手に遊びすぎたせいか、明日の更新は22:20の今になっても真っ白です。

    更新されていたらおなぐさみ。なにせ自転車操業なので(^_^;)

    こっちにも^^

    わぁ~~

    そっちも来ましたか(笑)
    これは困ったもて方ですね^^

    ますます勝つしかなくなって
    追い詰められてますね(笑)

    Re: ヒロハルさん

    イヤなモテかたもあったもんです(笑)。

    笑ってもらえれば鏑木くんも本望でしょう(^^)

    Re: LandMさん

    もっと変な人間たちを考えようとしたのですが、想像力が追いつかなくて(^^;)

    古典的な連中ばかりになってしまったのが残念。食わず嫌いせずラノベを読むべきだったかなあ。

    Re: limeさん

    今回も一秒24コマでお届けいたします。あと12回を使って、恐怖のバックギャモン大会が行われます。

    楽しいゲームですよ(^^)

    Re: ダメ子さん

    とりあえず検索して「とある~」シリーズの内容をウィキで確認しましたが、

    「最近のライトノベルやアニメにはついていけん」

    という脳細胞の老化現象のみがはっきりしました。とほほ。

    吹き出さずにはいられませんでした。
    鏑木君……結構モテるじゃありませんか。爆笑。

    面倒くさい人に付きまとわれるものですね・・・。
    ってグッゲンハイムも大概ですけど。
    あまりこういう古典的なのはアレですよね。

    百合と薔薇が咲いた~w

    珍人間百選ですか。

    でも、こんなに盛り上げといて、さっさと鏑木が勝手終わりにしちゃあ、いけませんぞ。え、無理?

    御坂・黒子のビジュアルで再生されましたw

    Re: 黄輪さん

    さて、いったい大会がどうなるかは、月曜日のお楽しみ……。

    ラブコメというよりも悪趣味ギャグになりそうな面々だなこいつら(笑)

    このままだと怒涛の変人、変態グランプリになりそう。
    何とも胡散臭く、面倒臭い人たちにからまれたもんですね……。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【11コマめ・輪をかけて変な勘違い男たちの襲来】へ
    • 【エドさんと緑の森の家・9月23日】へ