FC2ブログ

    「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    エドさんと緑の森の家(童話掌編シリーズ・完結)

    エドさんと緑の森の家・12月2日

     ←自炊日記・その11(2012年11月) →断片207「この女を買おう」
     年の終わりの月がやってきました。この月を乗り切れば、悪魔は立ち去るでしょう。それまでの勝負ですが……。

    「ねえ、クロエ」

     その日の早朝も、クロエさんはキャンバスに向かって一心に絵を描き続けていました。徹夜でした。昨日で二日目でしたから、今日も描けば三日三晩ということになります。

    「おい、クロエ」

     クロエさんは振り返ることもしませんでした。ぼさぼさの髪に、化粧もしない肌。それほどまでに、絵に集中していたのです。エドさんは、クロエさんと相談したいことが山ほどありましたが、対象に没頭している芸術家を変に刺激することはやめたほうがいいこともよく知っていました。

     とりあえず、自分の考えをまとめようと思って、冷静になるため、台所でウイスキーでも飲もうと思った時です。

     いきなり、クロエさんが振り向きました。

    「あなた」

     その射すくめるかのようならんらんとした視線に、エドさんは一瞬、たじろぎました。

    「ど、どうしたんだい、クロエ」

    「できたわ」

     そうとだけいうと、クロエさんは、よろっと立ち上がり、エドさんのほうへ二、三歩歩きました。

     それが限界でした。クロエさんは、そのままエドさんの腕の中に倒れこみ……すうすうと寝息を立てて、眠り始めました。

     エドさんは、ほっとするのと同時に、いったい妻はなにを描き上げたのだろう、と、キャンバスを覗き込みました。

     そこには、なにか合理的な法則にのっとって、線や面や色が、精妙に組み合わされて描かれているようでしたが……残念ながら、エドさんには、現代芸術はまったくわからないのでした。



     夜も遅くに起きてきたクロエさんに、エドさんは、火傷しないよう、ぬるめにしたトマトのスープを出しました。クロエさんは、寝ぼけ眼でひとさじすくって口に入れ、次の瞬間、目をぱっちりと開けました。

    「目が覚めたかい。おはよう。夜だけど」

    「あ、あなた、ちょっとこれ、なんなの?」

     目をぱちぱちさせるクロエさんに、エドさんはにやりと笑いかけました。

    「うまいだろ。そこらで売っている缶詰のスープに、ヒューイットさんの料理店でもらってきた、東洋渡来の秘伝のスパイスをたっぷりと加えてみたんだ。なんでも東洋では、暑い盛りに激辛料理なるものを食べるらしい」

    「今はどう見ても冬よ」

     軽くエドさんを睨んでから、クロエさんはまたもスープに取りかかりました。

    「辛いけれど、これはこれでおいしいわね、このスープ。でも、あとで見てらっしゃい」

    「そんなことより、きみと、思い切り話し合いたいと思っていたんだ。まず、きみが描いたあの絵は、なんなんだい」

    「素敵でしょ。『家庭の団欒』というのよ」

     エドさんはかぶりを振りました。

    「どこが『家庭の団欒』なんだかよくわからないが、きみがそういうんだからそうなんだろうな。あとそれから、どうしても頭にひっかかっていることがあるんだが、そのひっかかっているものがなんだか、よくわからないんだ。聞き役になってくれないか」

    「いいけど……わたしで勤まるの?」

    「きみでないと、いい考えが浮かばないような気がするんだ。まず、ううんと、なぜ、伯爵は、グレンに対して、貴族としての礼なんかとったんだろう? そんなことで戯れるような人じゃ、なかったと思うんだが」

    「ああ、あなたの話していた推理。さあ、推理が正しければだけど、グレンにも、貴族の親戚かなにかがいるんじゃない」

    「グィド老人の話では、そうとうな大貴族、王侯レベルのそれだったようだぜ。わたしの知り合いに、そういうやつが、そういうやつが……ちくしょう、そういうことだったのか! ほかに考えようがないじゃないか! 伯爵閣下がグレンに対して王侯としての礼を取ったのは、グレンが王侯貴族だったから、無意識にそうしたんだ! それ以外ない!」

    「あなた。なにをいってるのか、さっぱりわからないわよ。もっと冷静に……」

    「待ってくれ。なぜ悪魔はグレンをあれほど執拗に狙うのか? それはもちろん……」

     ドアをノックする音がしました。エドさんはクロエさんと顔を見合わせてから、戸口へ行ってドアを開けました。

    「……わらわの子に会わせよ、人間の男よ」

    「やはりあなたのお子さんだったんですね」

     戸口に立っていたのは、妖精の国の女王様、その人に間違いありませんでした。


    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 読書日記
    【自炊日記・その11(2012年11月)】へ  【断片207「この女を買おう」】へ

    ~ Comment ~

    Re: YUKAさん

    ……惜しい(笑)

    こんばんは^^

    王侯貴族~~

    というか、王族?
    グレンは王子様だったのですね^^

    だんだん年末に近づいてきました^^
    先が楽しみです^^

    それにしても・・・クロエさんの絵が鑑賞したいです^^
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【自炊日記・その11(2012年11月)】へ
    • 【断片207「この女を買おう」】へ