FC2ブログ

    幻想帝国の崩壊(遠未来長編SF・完結)

    断片005「帝都の雑踏」

     ←断片004「従者に手渡した」 →断片006a「わからなかったが」
    (欠落)

    (ルジェは?)帝都の雑踏を歩いていた。買わなければならないものがあったのである。

     しかし……。

     なんとも、妙な光景だった。二重に情報が見えるのだから。知っていた「字」と違う、「文字」が、風のように視覚をふるえさす。

     今、入ろうとしている店の戸口からは、慣れ親しんだ視覚メッセージとして「嗜好品扱います。香り扱います。煙扱います……」と読み取れたが、同時に、目には「くくくくく……」という「文字」が飛び込んできたのである。

    「くくく、か」

     意味するところはまったくわからないが、「文字を読む」ことを学んだ目は、あちらこちらから「意味不明」な情報のつながりを「読み取って」しまうのだ。

     横腹に『X二X』と刻んであるゼリー状容器をつかみ、親指を舐めて己が舌から唾液を半滴取り、棚に押し当てた。

     それにより、この店の主人である落花生型半植物は、受粉には欠かせない遺伝情報を得たのだった。妥当な交換条件だ。

     ゼリー状容器は、ぶるりと身じろぎをすると、二の腕に絡みついた。

    「店主。この店の装飾は、『くくくくく……』という意味なのを知っているか、そう聞きたいのをこらえ、店を後にした。

     ゼリー状の容器の中には、光が納められていた。宇宙開闢の瞬間、そのときに起きた苦悶の叫びが、明白な形で記録された光だ。重度の苦悶中毒症患者が、自らの神経細胞と引き替えに交換する商品なのだ。

     『結晶楼閣』において、自分がなすことを思い、わずかに、(動揺?)したので(ある。?)

    (欠落)
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【断片004「従者に手渡した」】へ  【断片006a「わからなかったが」】へ

    ~ Comment ~

    Re: ぴゆうさん

    いえ、あれは「意味なのを」でいいのです。「意味であることを」のほうがよかったかな。

    要するに、装飾として「<<<<」と刻まれている紋様が、「書き文字」を知ってしまったルジェくんには「くくくく」と見え、「読めて」しまうということだからです。

    このとき、知識として伝わっているアルファベットが日本語のそれなのには、特に意味はありません。歴史の紆余曲折によるものです。

    ここらへんからこの小説はぐちゃぐちゃになってきます。作者のわたしとしては手綱を握っているつもりですが、どこまで制御しているものやら……(^_^;)

    アップの準備もできたので、また遊びに来ましたザマス。
    むう、二回読みなおして理解した。
    難しいノォ〜

    下から五行目の(意味なのを)って(意味を)だよね。
    最初、諱のことかと思ったけど違うよねぇ。

    宇宙開闢以来・・・
    ビッグバンみたい。
    苦悶中毒症患者・・・
    すごい患者だわ。
    言葉も面白いよなぁ。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【断片004「従者に手渡した」】へ
    • 【断片006a「わからなかったが」】へ