FC2ブログ

    幻想帝国の崩壊(遠未来長編SF・完結)

    断片205「少年はかくも美しい人を」

     ←断片204「詩人は鉄筆を取り」 →断片206「なにもかも捨てた」
     少年はかくも美しい人を見たことがなかった。

    「あのかたはどなたですか?」

     平伏から身を起こした少年は、すぐそばでこれまた同様に平伏から身を起こした衛兵に尋ねた。

    「お前みたいな子供が目にできるようなかたではないのだぞ」

     衛兵の声も、どことなくぼんやりとしていた。

    「あれは、陛下の奥方さまだ」

    「えっ? じゃ、じゃあ、あの方が、王妃さまなの!」

    「そうだ。難しい言葉を知っているなあ、小僧」

    「もう、小僧なんていわれる歳じゃないぞ! ぼくは『本読み』なんだからな! まだ十だけれど」

     最後のほうが小声になっていたことを見逃す衛兵ではなかった。

    「男なら、もっとビシッとしゃべれ、ビシッと。しかし、お前さんだったのか、二年で『本読み』に認められた神童、っていうのは」

    「ぼくを知っているの?」

     少年は驚いた。

    「知っているとも。噂話をすることでは、おれたちは料理女よりもひどいからな」

     衛兵はにやりと笑った。

    「これで、おれはちょっとしたネタを拾ったわけだ。図書館の神童、十にして奥方様の忠実な戦士となる」

    「ぼくは『本読み』で、戦士じゃないったら!」

    「そのふりはしておいたほうがいい」

     衛兵が真面目な顔になったのを見て、少年ははっとした。

    「どういうことなの?」

    「恨みを買わない限りで、小賢しく生きろ。おれからの忠告だ。小賢しい人間、つまり小物は、誰からも『役に立つ道具』としてしか見なされない」

    「いっている意味がよくわからないよ」

    「じきにわかるようになる。小僧、お前は、まつりごとに関わるような人間じゃない。一生を本を相手に仕えていたほうが幸せな生活を送れるだろう」

    「まつりごとなんかに関わりたくないよ、ぼく」

     衛兵は首を振った。

    「もう遅い。お前は、奥方様を見てあんな目になっちまった。小賢しく生きて、誰からも小物扱いされるよりほかに、長生きする道はないだろう」

    「ほんと、なにいってるんだかわからないや。これなら、本を読んでいたほうが、よっぽどわかりやすいよ」

     衛兵は笑った。

    「そう、その調子だ、小僧」

    「からかうのはやめてったら!」
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【断片204「詩人は鉄筆を取り」】へ  【断片206「なにもかも捨てた」】へ

    ~ Comment ~

    Re: ぴゆうさん

    この小説を書くことでわたしは自分の抱えていることのうち、いろいろなことに対して決着がつくと思っていました。決着をつけるためにどうしても書かなければいけなかったのですが……はたして決着がついたかどうか、「あとがき」で書こうと思います。

    パズルのような、
    神経衰弱のような
    そんな楽しみを見つけて読んでいこう。
    現代があって、
    幻想帝国の過去と未来
    それを繋ぐのが詩人なのかな?
    むぅ〜
    難しい。
    今はわからないけど、きっと面白い答えが待っている。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【断片204「詩人は鉄筆を取り」】へ
    • 【断片206「なにもかも捨てた」】へ