幻想帝国の崩壊(遠未来長編SF・完結)

    断片110「昨晩」

     ←断片109「あなたは」 →断片111「高梨しずかは」
     昨晩、変な夢を見たせいか、続由美子はなんとなく食が進まなかった。

    「二百十円になります」

     レジのおばちゃんに小銭を払い、塩鮭定食のトレイを持ち上げる。正確には、塩鮭抜きの塩鮭定食だ。小ライスと味噌汁と柴漬け。

     ふと、学食を見渡すと、知った顔がいた。

    「空いてる?」

     サンマの塩焼きに揚げだし豆腐まで並べた定食の横で、分厚い法律関連の本を読んでいた高梨しずかは、顔を上げると、軽くうなずいた。

    「続、あなた、そんな禅寺みたいな食事してると、倒れるわよ」

    「食べたくないのよ」

     続由美子はトレイを置いて腰を下ろした。

    「どうしたの? ふられたような面して」

    「半分当たり。ふられたときの夢を見たの」

     高梨しずかは笑わなかった。

    「あの日本語のうまい外人さんの話?」

    「外人、なんていうと怒るだろうけどね」

     続由美子はしばらく赤だしの味噌汁をにらんでいたが、やがて割り箸を割ると、ひとすすりした。きつい赤味噌としじみの味が、いくらか脳細胞を活性化させた。

    「外国人留学生なんかとつきあうもんじゃないわよ」

    「カバ研に連れてきてくれるのを楽しみにしてたのにね、みんな」

    「あたしがバカだったのよね。わずか三日の逢瀬で、いくところまでいっちゃって。周囲に吹聴までして、気がついたら逃げられてた。我に返ったときには写真の一枚もなし。みんなの同情の視線が痛いこと痛いこと」

    「続……」

    「まあそれはいいとして、迷惑だったのが、『ふられ女は落としやすい』なんて根拠不明の迷信から迫ってくる頭の悪そうなチャラチャラしたやつら。あたしはなにか、性的欲求不満のかたまりかっつーの」

     続由美子は朝食をがつがつと食べた。

    「あいつにもう一度遭う機会があったら、絶対許さないし、グーで殴ってやらなくちゃ気が済まないけど、未だにね……」

     続由美子は茶碗を置いて下を向いた。

    「続、あなた、お人好しにもほどがあるわよ」

    「いいじゃない、本人が騙されてるって知ってるんだから。未だに、あの人は、なにか自分でもどうにもならない理由があって、心ならずもあたしを捨てたんだって幻想を抱いていてもいいじゃない!」

    「……続」

    「ごめん」

    「少なくとも、朝に学食で話すタイプの話題じゃなかったわね」

    「わかってる」

     ふたりはしばらくの間、黙って食事をした。

    「あ、続」

    「なあに?」
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【断片109「あなたは」】へ  【断片111「高梨しずかは」】へ

    ~ Comment ~

    Re: ぴゆうさん

    こういう出会いをなんの臆面もなく書いてしまうのだから、わたしはロマンチストなのかもしれない、とひとりトイレの中でつぶやいてみたり(笑)

    この出会いがどういうことにつながっていくのかはこれからのお楽しみというところです。うまくつながったらごかっさい。

    FC2、認識しないときは本気で認識しないもんなあ。かといってここを出たら行く場所ないし。

    うまくいかんであります。

    恋愛って時間でも日数でもないよね。
    温度だと思う。
    合わないなら何の変化も起きないのに、
    合うとなると途端に変化が起きる。
    凄まじく燃焼して消えてしまうものあれば
    融合して一つになるものもある。
    そんな感じがする。

    ディア、何か繋がってきた気がするどーーー

    コメが消えたーー
    二度目だからコピーしたずら、何でやねん!

    Re: LandMさん

    続さんにとっては、生涯一度というような思い出だったのでしょう。

    そんな相手に三日で逃げられたら心の傷にもなりますわな。

    まったくもう気の毒な人で……って、ほんとにそれだけの挿話で終わらせるとお思いになられていたら、それはわたしという人間を誤解している(^_^)

    ふられたときの夢というのは寝起きが悪いですね。
    それに近い悪い夢を見るときはありますけど。
    なかなかなんともいえない感じになりますね。
    ・・・まあ、10秒で気持ちが切り替わりますけど。
    そんなことを気にしていたら、私の人生憂鬱ばかりなので。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【断片109「あなたは」】へ
    • 【断片111「高梨しずかは」】へ