自炊日記(ノンフィクション)

    自炊日記・その11(2012年11月)

     ←断片112「防衛省?」 →エドさんと緑の森の家・12月2日
    11月1日

     結局、昨日DVDは見なかった。ネットでうだうだしてからすぐに寝てしまう。

     6:15起床。

     起床直後計量:体重 73.7kg

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     蒸し物(白菜、塩鱈)、味ぽん
     納豆1パック
     トマトジュース(コップ一杯)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

     大根の味噌汁、思ったより簡単にできた。大根の使い方をおぼえた! ゆうしゃはレベルが上がった! とはいえ、千六本に大根を切るのは、ヘタクソにはなかなか難しい。皮のむきかたはわかったので、今度はもうちょっと練習してみたい。安い今がチャンスであろう。

     リハビリ施設を休んで映画を見に行ってしまうか、非常に悩む。熟慮の末やめる。当たり前だ、という話もあるが。

     スーパーでいろいろと買い物。ただし、豆腐屋用の豆腐代だけは空けておく。最近、うまいからというよりも、豆腐屋との何気ない会話のほうが大事になっているちと寂しい人間だったりする。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     湯豆腐(豆腐半丁、大根の千切り、昆布、塩鱈)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

     某池波正太郎先生の小説に影響を受けて、湯豆腐に大根の千六本を入れて食べてみる。結論。うまい……ような気がするが、大差はないような気もする。まあ気の持ちようである。今度は味ぽんでなく、生醤油とねぎをつけダレにして千六本入り湯豆腐をやってみたい。味ぽんをつけダレにする場合は、白菜のほうが合うと思う。変なところでB級グルメに走る男。

     認知言語学の本を読む。頭が……。

    11月2日

     7:15起床。

     起床してすぐに、昨日の晩、ご飯をしかけないで寝てしまったことに気づく。何とかしようと思ったが、頭が痛くて身体がだるい。さらには目の奥まで痛い。認知言語学の本のせいではない。これは単なる眼精疲労およびカゼの初期症状であろう。

     ぎゅーっと締め付けるような頭の痛みに耐えて米飯をセットし、電気釜のスイッチを入れる。これ一時間かかるんだよなあ。まあ、ここは、安物ながら無洗米を買っておいた先見の明を喜ぶべきだろう。この状況で、米をとぐとかやっていたら対応しきれない。

     とはいえ、冷蔵庫の中は寂しい。大根を適当に切って煮干の出汁と火にかけ、大根の味噌汁を作る。白菜の残りを塩鮭といっしょに蒸して味ぽんで食べる。ご飯には当然のごとく納豆をかける。よし、この線で行こう、と決めたはいいが、大根を切るのか、と考えただけで頭が。それでも大根と白菜を切る。後は炊き上がるのを待つだけだ。

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     蒸し物(塩鮭、白菜)
     納豆1パック
     トマトジュース(コップ一杯)
     冷奴(豆腐半丁)

     くらくらきながらご飯を食べる。食べ終わって薬を飲み、洗いものを……だめだ洗いものをするだけの根性と体力が。布団に入り、リハビリ施設に電話。今日無理です。すみません。後は、薬の効きにまかせて寝る。たとえサラリーマン生活できていたとしても、この精神力と体力じゃ、確実にドロップアウトしていたなわたし。

     13時過ぎに目を覚ます。冷蔵庫に入れておいたご飯の残りを使って、こんなときの救世主であるレトルトカレーにご登場いただく。人類史上の大発明ではないか、と、レトルトカレーを温めながら考える。頭の痛みはそれなりにおさまったものの、身体のだるさは変わらない。それでもレトルトカレーにソースをぶっかけ、ご飯とぐちゃぐちゃにかき混ぜて食べる。うまい。食後、のどが渇いたので、ヨーグルトを食べる。うまい。

     昼食のメニュー
     カレーライス(レトルトカレー、米飯(〇・五合)、ソース)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

     なんとか食器を洗って、スーパーへ買い出しに。明日の朝食はなんにするかまで考えなくてはならないのがなんである。そうでなければ、弁当を買ってきて食べました。おわり。で済むのだが。いろいろと経済的事情が。

     考えがまとまらず、スーパーでインスタント雑炊のもと99円、卵118円、野菜ミックス65円、かぼちゃ70円、グレープフルーツジュース105円を買ってくる。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     生卵一個
     味噌汁(大根)
     野菜炒め(キャベツ、もやし、きくらげ、にんじん)
     かぼちゃの煮つけ(4かけ)
     蒸し物(手羽先2本)
     トマトジュース(コップ一杯)
     グレープフルーツジュース(コップ二杯)

     食べるだけ食べる。明日の朝は、使わなかった野菜を入れて、インスタント雑炊を作ろう。かに雑炊と書いてあるが……知るかそんなこと!

     寝るぞ!

    11月3日

     昨晩は、寝るぞ、と書いて布団にもぐりこんだはいいものの、眠れなくて図書館から借りてきたDVDを見てしまった。能「土蜘蛛」と狂言「鐘の音」の入った一枚、それとスピルバーグのヒット作「インディ・ジョーンズ レイダース/失われた聖櫃」の計二枚。結果からいえば、大失敗であった。興奮してしまって寝るどころの騒ぎではなくなったのである。頭の中では笛と鼓がひょおっ、かあん、ひょおおおっ、かあんしているのとシンクロするかのように、インディ・ジョーンズのテーマがちゃーららっちゃーちゃーららーとこだましているのであった。くそっ、馬鹿にしていたけどレイダースすごく面白いじゃないか。いいのかこんな和洋のおいしいところだけ豪勢にいただいて。

     当然、起きたときはふらふら。寝ぼけ眼で雑炊を作る。雑炊しか作る自信がなかった、というのが正しいところだが、まあいいや。

     朝食のメニュー
     雑炊(米飯〇・五合、ミックス野菜(残り)、卵、インスタント雑炊のもと)
     味噌汁(大根)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     グレープフルーツジュース(市販)

     こう書いてみると、いつもよりなんとなくやけに栄養がある食事のような気がしてきた。気のせいだろう。雑炊に味噌汁は合わないのでは、と思われるかもしれないが、雑炊だけではなんとなく物足りなかったので、大根を使ってちょっと味噌汁を作ったのである。それでも足りなくてヨーグルトとグレープフルーツジュースを。どこが栄養だ。最悪の食べ方ではないか。

     図書館でDVDを返し、「ゴッドファーザー」「ゴッドファーザーPART2」の二本を借りてくる。前から見たかったのだ。とはいえ、いつ見られるかはわからないのだが。

     実家へ戻ってネットの訪問返しをする。疲れて二時間ほど寝る。それがたたったせいかつい夜更かしを。だめだこりゃ。

    11月4日

     ネット巡回、スーパーでの買い物、原稿の整理などを行ってからアパートへ。ぐだぐだ。

     ぐだぐだではなんなので、買ってきたかぼちゃと鶏レバーを煮ることにする。鶏レバーすっかり気に入ってしまった。なんたって100g38円である。貧乏人のためにあるとしか思えない。

     かぼちゃはいつもの通りめんつゆで。鶏レバーはしょうががあったので、しょうがとめんつゆで炒め煮にする。というより、しょうがを使い切らないとヤバい状況にあったのである。なんたって、先月袋を開けた根しょうがである。植物として生きてはいるだろうが、早く使わないとなあ。

     煮あがったレバーを味見。にんにくのほうが濃厚な味だが、しょうがでもいけるじゃん。鼻歌を歌いながらタッパーに移し、かぼちゃのタッパーといっしょに冷蔵庫へ。明日のメインのおかずが出来上がっているというのはなんと気持ちのいいことであろうかるんるん。

     さっさと寝る。

    11月5日

     昨晩、寝る前の体重測定および服薬をすっかり忘れたことに気づく。だめだこりゃ。ほんとだめだこりゃ。

     だめだだめだいっていてもしかたがないので、朝食の準備を……電気釜をしかけるのを忘れたことに気づく。まったくわたしというやつは。

     電気釜に米と水を入れ、スイッチを押す。炊き上がるまで、一時間ばかりやることもないので、体重を量る。その後は……ああスマホ、お前はなんという魅惑的な機械なのだ。

     起床直後計量:体重 74.1kg

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     納豆1パック
     鶏レバーの炒め煮(鶏レバー、しょうが)
     かぼちゃの煮物(2かけ)
     トマトジュース(コップ一杯)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

     起きてから電気釜のスイッチを入れたので、時間がそうとう押してしまった。薬を飲んだせいで頭もボーッとしてくる。立ち直って皿を洗うまでえらい時間が。当然リハビリ施設は大遅刻。社会適応能力がないやつである。学習効果すらないとほほほ。

     スーパーで切れていた納豆と、夕食のおかずにとコロッケを買ってくる。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     鶏レバーの炒め煮
     コロッケ(1個)
     かぼちゃの煮物(2かけ)
     納豆1パック
     トマトジュース(コップ一杯)

     食べるだけ食べる。うまい。食べ物がうまいのは闘病生活がうまくいっている証拠であろう。それともわたしがいやしいだけか。

     さて、計量して皿を洗うであります。うぬぬ。

     食後計量:体重 75.2kg

     うぬぬう……認知言語学の本でも読もう。寝る。

    11月6日

     朝起きる。本当に調子が出ない。とりあえず朝食にする。

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(白菜)
     蒸し野菜(白菜)+味ぽん
     鶏レバー炒め煮
     かぼちゃ煮付け
     納豆1パック
     トマトジュース(コップ一杯)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

     がつがつ食べるものの、食べた後で皿を洗う元気も出ない。薬を飲んでから寝床でうだうだと。結局今日もリハビリ施設へ大遅刻。わかっていても自分でもどうにもならん。

     スーパーで煮干とコロッケを買う。安いわりには大きめのコロッケなのが嬉しい。

     アパートに帰ってきてから、皿を洗い、早めの夕食に。

     夕食のメニュー
     コロッケカレー(米飯(〇・五合)、レトルトカレー、卵、コロッケ、ソース)
     鶏レバーの炒め煮
     かぼちゃの煮つけ(2かけ)
     トマトジュース(コップ一杯)

     たまには気分を変えてカレーライスに。疲れているなあわたし。

     もうやだ……。

     食後計量:体重 75.2kg

    11月7日

     起床直後計量:体重 73.7kg

     朝食のメニュー
     シリアル
     低温殺菌牛乳
     味噌汁(実なし)
     トマトジュース(コップ一杯)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

     洗濯と部屋の掃除をした後で実家に帰る。ロボ・ウォーズは面白いが健康に悪い。創作意欲にはもっと悪い。今日も更新が滞る。反省してますハイ……。

     夜にアパートに帰ってきて、体重を量るのをすっかり忘れる。これだから にんげん だめなんだ なあ みとぅを

     明日の朝食に備え、鶏皮を冷蔵庫解凍し、かぼちゃを煮てから寝る……のだが、昼食時にサ○○○○という某イタリアンレストランで飲んだエスプレッソ二杯がきいたのか、ちっとも眠れない。これはいい機会だと、書きかけのブログ原稿をスマホで更新してから眠ることにする。

     就寝時間:不明。

    11月8日

     7:15起床。

     眠い。ひたすら眠い。眠いが、電気釜がブザーを鳴らしたので起きる。

     さて、昨晩鶏皮を解凍しておいたから、たんぱく質はこれを使おう。兵力には白菜とねぎがあるから……まあ、適当に食べるか。

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     鶏皮の簡単鶏鍋風煮(鶏皮、白菜、長ねぎ、めんつゆ)
     納豆1パック
     かぼちゃ煮つけ(3かけ)

     鶏皮の簡単鶏鍋風煮……とでも呼んでおきましょうか。なに、ケチな鍋です。こびりつかない加工のフライパンに、適量の白菜と長ねぎと鶏皮を入れ、上からめんつゆ50ccを300ccの水で希釈したものをかけ、ふたをして火にかけ、煮上がったところで、お好みで七味をかける、ただそれだけの、鍋ともいえない鍋ですよ。……ほんとにケチくさいな。それをさらにケチくさく、半分ずつに分け、半分は冷蔵庫に。これはさらに明日の朝食にするのだ。

     がつがつと食らう。まあ、そこそこいけるほうか。しまった、七味を振るんじゃなくって、最初からたかのつめを入れておくんだった。後悔先に立たず。

     腹もいっぱいになって、昨晩書いたスマホの更新ぶんが気になって読んだら、ひどい以前に支離滅裂な内容になっていた。なんだかんだいって、頭は眠っていたのか。大あわてで修正する。とほほほ。

     リハビリ施設行こう……。

     いろいろと買い物をしてアパートへ。

     千早ぁッええ娘じゃあッ!

     ……まあいろいろとあったわけで。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     湯豆腐(豆腐半丁、大根、白菜、塩鱈一切れ、ねぎ、味ぽん)
     かぼちゃ煮付け

     児童文学のアイデアを考えつく。「いさましいちびのトースター」と「銀河鉄道の夜」にわたしの大好きなSFを加えて焼き上げた感じ。いや、アルファポリスのファンタジー小説賞の選評を読んで、もうなにもかもどうでもよくなったというわけで。そりゃ、本が売れるのはいいことだと思うけど、ぽっと出の新人ブロガーの初版が万単位で出るような児童文学なんて、あるわけないだろこの野郎、と。ファンタジーライトノベルは、優秀ならばたしかに一日一万人以上来るだろうけれど、児童文学で同じことができるわけもないだろ、と。夢はたしかに見せてもらったし、それには感謝しているけれど、夢を形にするのには、絶対に手は借りないからな、と。あの賞にノミネートして、死に物狂いで栄冠を目指したわたしたち参加者はピエロか、と。「童話」と「絵本」のカテゴリーは盲腸かよちくしょう、と。

     まあそんなわけで、いろいろとやけになったので散財をしたのでありました。愚行だってことくらいわかっているであります。それでもうががが。

     アイドルランクもEになったところでブログを更新して寝ることに。あっとその前に投稿作を書かなくては。

     寝る前に体重を量ろう。

     就寝前計量:体重 73.7kg

    11月9日

     7:15起床。

     起床直後計量:体重 72.9kg

     昨日が湯豆腐という、さっぱりにもさっぱりしすぎているメニューだったためだろうとな思うが、少々怖い。なんだこのいきなりの、なんの前兆もなしの72kg台突入は。

     怖いので栄養だけはつけることにする。

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(ねぎ)
     鶏皮の簡単鶏鍋風煮(前日の残り)
     冷奴(豆腐半丁)
     かぼちゃ煮付け(3かけ)
     納豆1パック
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

     千早に会いたい気持ちをぐっとこらえてリハビリ施設へ。ゲームは一日一時間。説得力がまるでないなわれながら。

     リハビリ施設からへろへろになって帰る。帰りがけのスーパーで米5kgを買ったからだ。自転車の前かごに載せるともうハンドルがふるえてふるえて。よく事故を起こさなかったものである。

     夕食のメニュー
     雑炊(米飯(〇・五合)、インスタント雑炊のもと、ねぎ、白菜)
     プリン
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

     なにも作る気がしなかったときの雑炊のもとは強い。食った気になれる。

     昨日始めたアイドル育成ゲームを少し進めた後、図書館で借りてきた「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」を見て寝る。そこそこ面白かったが、第一作のほうがよかったと思う。ハイビジョンで見ると、合成などがまるわかりなのがよりつらさを増しているというか。「最後の聖戦」は……見なくてもいいかな。

    11月10日

     思い切り寝坊した後で、シリアルで簡単な朝食。ついでにヨーグルトと昨日食べ忘れたかぼちゃの煮つけを食べる。体重……量るのを忘れた。

     朝食のメニュー
     シリアル
     低温殺菌牛乳
     かぼちゃの煮つけ
     ヨーグルト

     間違った食べ方のような気がする。

     洗濯をして家計簿をつけて日記を書いた後、実家へ。今日はゲームサークルの例会の日なのだ。さて、シミュレーションゲームを持っていくか。

     昼食を食べた後でシミュレーションゲームを持っていったら、参加者の中にいたお子さんから「海賊ブラック」はありませんか、と聞かれる。むう。今日は持ってこなかったのだ。来月まで待ってくれ、と約束したら、その後、会長様より12月がドタキャンとの報告が。「大人はウソツキではないのです。ただ間違えるだけなのです」うむう。

     夕食は行きつけのハンバーグステーキ屋で食べる。2000円の出費を覚悟していたが、いつの間にか、サラダバーライスバースープバーカレーバー食べ放題の店になっていた。やっぱり競争が激しいらしいこの業界。どうせだったらドリンクバーもつけてほしかった、と思う。うかうかと店の思惑に乗るのがつらい。わたしはこういう店に来ると食後にコーヒーを飲まないと落ち着かないクチなのだ。

     体重は量ることを考えただけでおぞけがうむむむ。

    11月11日

     ブログ巡回とロボ・ウォーズだけで日が暮れる。健康に悪い生活である。

     コメントで叱咤激励されてやる気が出る。がんばろ。とにかく、終わりまでは書こう。小松左京賞は改稿してからでいい。えらそうなことをいっているなわたし。

     アパートで味噌汁を作る。二日前に仕込んだ煮干だし汁、大丈夫かなあ。でも今晩も眠ってもらうわけにはいかなそうだからなあ。実なしの味噌汁にして飲む。うまい。

     原稿を書いてからなんだかんだで寝る。プロもつらかろうがアマチュアもつらいということで。

    11月12日

     7:40起床。

     起床時間が遅く、さっさと飯を食わなければならない、という状況であったため、体重を量るのをすっかり忘れる。そういえば昨晩も量っていないぞ。いいのかわたし。いいわけがないではないかとほほほ。

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     納豆1パック
     きゅうりの漬物(市販品)
     蒸し物(塩鮭、白菜)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

     こうして今思い出すと、けっこうボリュームがあったようでいて、そうでもないなあ。なにせ、納豆と漬物だけでもけっこういけてしまうもんなあ。日本人だなあわたし。

     食後薬を飲むとぼーっとする。皿を洗う気にもなれない。というわけで日記も書かずにブログの更新をする。間違っている男である。更新を済ませてからようやく皿を洗う。この怠惰ぶりをなんとかしなくてはなあ。

     リハビリ施設へ行って昼食を食べた後、もろもろの理由で近所のバーミヤンへ。海老春巻と割引のドリンクバイキング、それにタダ券でゴマつき団子を食す。282円にしちゃリッチな気分である。どこがだ、なんていうのはなしである。

     アパートに帰ってきてから、これは昼飯だ、と自分に言い聞かせながらもろもろの理由でポテトチップスを一袋食べる。本来の昼食時に薬を飲み忘れたのだ。胃を傷めないように、腹を炭水化物で満たしてから薬を飲もうという魂胆である。とりあえず薬は飲んだ。しかし、インターバルをおくために夕食まで四時間は空けなくてはならない。その間に、夕食のメニューをとっくり考えるとするか。

     夕食のメニュー(仮)
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     蒸し物(ししゃも3匹、白菜)
     納豆1パック
     かぼちゃ煮付け(4かけ)
     きゅうりの漬物

     という戦略は立てた。このアパートに来て、ししゃもを実戦投入するのは始めてである。
    「このモビルスーツ、初めて見るな……」
    「足がないから、性能的には八十パーセントというところでしょう。しかし、大佐の能力は未知数ですから」
     ずっと以前にガンダムのRPGをやったとき、ジオン軍にさせられたのは不服だったなあ……ジムだなんて贅沢はいわん、ボールやフライマンタ、いやただの歩兵でいいから地球のために戦わせてくれ、というくらいに連邦軍派なのになあ……。

     何を口走っているのだわたしは。とにかく、その前にやるべきことをやるぞ!

     やるべきことをやっていたら、夕飯にも遅い時間となってしまった。とほほ。

     ししゃもと白菜の蒸し物は、微妙、というところだった。白菜からの水分が強かったせいか、ししゃもの塩味がかなり抜けてしまったのだ。うぬぬぬ。うまくいかないものである。

     かぼちゃは、煮たものをその場で食べてみたが、うむむ、これまた微妙、というところだった。なんとなく、味の染みが悪いのである。かぼちゃをもうちょっと小さく切るべきだったか、それともあと一、二分よけいに煮るべきであったか。今後の課題である。まあほくほくしていたのは確かだからもってなんとやらだが。

     しかし眠れない。ミクシィをやって、遅くまで起きる。明日大丈夫かわたし。

    11月13日

     起床時間 8:15

     どう考えてもいいわけのしようがない起床時間である。リハビリ施設への遅刻は覚悟するしかない。

     起床直後計量:体重 74.1kg

     これまたどう考えてもいいわけのしようがない体重である。とほほ。

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     ししゃも3匹(蒸したもの)
     きゅうりのパリパリ漬け(市販品)
     かぼちゃ煮付け(4かけ)
     生卵1個

     まあこんなところである。

     ちなみにいっておくが、ししゃもを素のままシリコンスチーマーで500ワット4分蒸すと、スチーマー内部で爆発するから気をつけること。水を入れるか、青物入れよう。

     まあそれでもがつがつと食らう。もしかしてわたしはものすごく健康なのかもしれん。

     今日は百円ショップで米びつの虫除けと、スーパーでパンか低温殺菌牛乳を買わねばならない。そうしないと、明日の朝は悲惨なことになる。うむむむ。

     夕食では、とにかく冷蔵庫の野菜を使いきりたい。というわけで、冷蔵庫の野菜を根こそぎ動員だ。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     豚コマ野菜炒め(豚コマ、白菜、ねぎ)
     きゅうりのパリパリ漬け(市販品)
     かぼちゃ煮付け(4かけ)

     戯れにスマホで写真を撮ってみる。パチリ。……わたしが使っていた普通のデジカメよりも性能がいい。道具の性能は日進月歩だなあ。面白いからこれからは写真もサムネで載せてみよう。

    20121113夜リサイズ

     野菜も悪くなる前に使い切り成功。こう野菜室が空っぽになると、どこか爽快な気分である。

     眠くなったのでブログ更新をさぼって寝る。

     就寝前計量:体重 74.1kg

    11月14日

     8:00ごろ起床。ゴミ捨ての日なのにダメじゃん。

     起床直後計量:体重 73.7kg

     慌しく朝食をとる。今日は洗濯もしなくてはならないのに。

     写真を撮るような朝食ではないが、これも健康管理のためだ、とパチリ。

    20121114朝リサイズ

     朝食のメニュー
     シリアル(イチゴ味)
     低温殺菌牛乳500ml
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

     初めて買ったイチゴ味だが、うん、なかなかいける。季節限定なのが惜しい。ヨーグルトをデザート代わりに食べ、これでトマトジュースがあったら完璧だったのになあ、とぶつくさ。

     掃除と洗濯をすませてから実家へ。今日は床屋へ散髪にも行かなくてはならないし、図書館へ本も返しに行かなくてはならないし、えーと野菜と納豆の買出しにも行かなくちゃな。そしてもちろん、実家のパソコンでロボ・ウォーズを。ダメ人間街道まっしぐら。三日に一度しかできないから成長が遅いのなんの。でもアパートがネットと本格的につながったら、わたし破滅だと思う。心が弱いにもほどがある男。

     なんとなく「スティング」が見たくなって借りてきたが、時間あるかなあ。

     かぼちゃをいつもどおり煮た後、ふと興を覚えてかぼちゃの種も食べてみることにする。スマホを充電しているのでネットにアクセスできず、どうやったらパンプキンシーズをおいしく食べられるのかわからないが、とにかく、炒ったらいいんだろ、炒ったら。

     かぼちゃの種をわたから外し、流水とざるでよく洗ってぬめりを取ってみる。……こんなもんでいいのだろうか。フライパンに油をわずかに入れ、よく熱してからかぼちゃの種を投入。……こんなもんでいいのだろうか。後はぱっちんぱっちん跳ねるまで愚直に加熱。……こんなもんでいいのだろうか。

     不安にしか思えなかったので、とりあえず二、三粒ほど炒りたてを食べてみることにする。皮が硬い。口に残る。まずくはないが……これだけで食べるのはつらい、というところだな。普通ならここで食べるのをやめるところだが、貧乏人にはそんな選択肢などない。冷蔵庫からウーロン茶のボトルを取り出し、飲みながら酒のつまみのように食べる。

     ……うん。まあ、いいんじゃない? 思ったほど食べられない、というもんじゃないな。今度はネットで作り方を調べて、そのとおりやってみよう。それにしても四分の一カットからは、あまりたくさん種が取れないもんだなあ。もうなくなっちゃった。

     なくなるまで食べてしまう、ということ自体がおかしいのでは、などとはいわないように。本人がいちばんわかっているのだ、そんなこと。

     さて、23時も回ったし、そろそろ寝るか。もしかしたらわたしは日記にこだわりすぎなのではなかろうか。うむむ。

     就寝前計量:体重 75.2kg

     うがあああああ。

     就寝時間 23:15

    11月15日

     7:20ころ起床。眠い中で体重を量る。

     起床直後計量:体重 74.2kg

     三歩進んで四歩下がる、というペースである。どうしようもない。一年近く、おんなじようなことばかり書いているような気がする。

     気を取り直して朝食の準備。

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     蒸し野菜(ししゃも、白菜)
     かぼちゃ煮付け(3かけ)
     納豆1パック
     トマトジュース(コップ一杯)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

     写真に撮る。撮るとなかなかゴージャスに見えるものだ。手抜き料理のくせに。

    20121115朝リサイズ

     ししゃもを蒸す前に塩こしょうしたらけっこういい味になってくれた。こんどはそうすることにしよう。

     今日はスーパーで三角コーナー用ゴミネットを買ってこなくては。

     今夜は週に一度の豆腐タイムである。塩鱈を解凍して白菜と大根とねぎで湯豆腐だな。麻婆豆腐も考えたけれど、レトルトは値段が高い。ビンボ。とほほ。

     というわけで、リハビリ施設からの帰り道、スーパーへ寄って大福などをちょっと立ち食い。賞味期限切れ寸前のやつが35円で売っていたのだ。大福の一気食い……ああなんと幸せな言葉なのでしょう。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     湯豆腐(豆腐半丁、大根、白菜、昆布、長ねぎ、味ぽん)
     かぼちゃ煮付け(3かけ)
     ヨーグルト(小鉢一杯)
     トマトジュース(コップ一杯、写真には入っていない)

    20121115夜リサイズ

     毎週、湯豆腐なんか食べていていいのだろうか。ふと疑問に思うが、そんなことではやっていけないのであるこの生活。

     食後の薬を飲んで、ぼーっとしながら大学時に買ってぱらぱら読んだ「はじめてのインド哲学」を再読。感想。わたしはインド哲学をやるにはペシミスティックにすぎているらしい。インド哲学の基本が、バラモン教の「梵我一如による個人的救済」にしろ仏教の「縁起の止滅による個人的救済」にしろ、思索を伴った「行動」による個人的救済を目標としている以上、わたしの趣味には合わない。なにせわたしは行動することが嫌いな怠け者だからだ。とはいえ、どうしてオウム真理教があんなことをしでかしたのかはわかった。根本に、「行動」による個人的救済がある以上、テロだかポアだか知らないが、「行動」したくなったりさせたくなったりするのは避けられない。某宗教学者の肩を持つわけではないが、オウム真理教はインド哲学から派生したひとつの確固とした「宗教」であることには間違いないだろう。怠け者のわたしは、「現状を認識」すればなにもしなくても後は勝手に救われるスピノザ哲学のほうが趣味に合っている。問題があるとすれば、スピノザ哲学の場合、ごくまっとうな常識内で生きている人間にとっては、「いったいどこが救われているのか」わからない、というところだろう、などと、現在書いている「幻想帝国の崩壊」についてのちょっとしたネタバレ。ネタバレになっているのだろうか。といいつつ半分ミスリードを誘っている陰険な男。

     さて、皿を洗って原稿書いてから風呂に入って寝よう。そうしよう。

     就寝前計量:体重 75.0kg

     就寝時間 22:30

    11月16日

     起床時刻 5:40

     起床直後計量:体重 73.6kg

     昨日は風呂に入ってすぐ、早く寝て早く起きる作戦をとったはずだった。そのためでかい音をたてる洗濯機の予約までしたのだ。おかげで早く目が覚めた。よって朝食も早くできた。そこまではよかった。しかし、薬を飲んでぼーっとしている間に無常にも時計の針が二時間も進んでしまうとは誰が考えただろうか。考えなくてもわたしが悪いのか。とほほ。

     ところでそのときのメニュー。

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     豚コマと野菜の煮物(豚コマ、白菜、ねぎ、卵一個)
     納豆1パック
     かぼちゃ煮付け(3かけ)
     冷奴(豆腐半丁)
     トマトジュース(コップ一杯)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

    20121116朝リサイズ


     この中で、実際に鍋で料理したといえるのは、豚コマと野菜の煮物、それに味噌汁だけである。後は冷蔵庫から出したか、すでに起きたときに予約状態だったかのものばかりだ。

     豚コマと野菜の煮物のつくりかた? そんな難しいことじゃない。用意するものは浅いフライパンに、豚コマ50g、白菜ひとペラ、ねぎ2/3本、卵一個、それにめんつゆ50ccだけだ。フライパンにめんつゆと水200ccを入れる。そこにひと口大に切った白菜とねぎを入れる。解凍した豚コマは切るのがめんどくさいからそのまま入れてしまう。ふたをしてぐだぐだと煮、それだけじゃあまりになんだから仕上げに溶き卵を入れる。火にかける前、アクセントにたかのつめをぱらぱらと入れておくとちょいと味が締まるような気がする。それを朝と晩の二回に分けて食べるのだ。ケチな料理である。まったくのところ。

     ガスコンロが一台しかないからけっこう困ったりもする。とはいえ、煮るのを電子レンジで成功させるのはかなりの腕がいることもわかっているので、レンジは基本的に温めること専用に使っている。そりゃあたまにはオーブン機能でとうもろこしを蒸し焼きにして食べたりもするが。

     味噌汁も用意してがつがつと食らう。満腹になって、薬を飲む。あとは先ほどにも書いたとおりだ。いばることじゃないな。

     かくしていつものとおりリハビリ施設に遅刻。とほほ。

     スーパーで低温殺菌牛乳の半額品を飲んで栄養補給。これ以上たんぱく質を取ってどうするんだ、という気分ではあるが。

     リハビリ施設で昼飯を食べ、栄養士に撮った自作のメニューの写真を見てもらう。問題はないそうだ。でも自分ではちょっとオーバーカロリーかな、とも思わないでもないが……問題がなかったんだったらいいか。

     帰りがけにスーパーにもう一度行き、低温殺菌牛乳を買う。これはもちろん、翌日の分である。ついでに漬物を買おうとしたのだが。パン屋のフランスパンに負ける。意志が弱い男である。でもこのパンはうまいし、パンの耳のおまけもしてくれたし、いいじゃないか別に。

     ちょっと、リサイクルショップをのぞいてみたくなる。孔明の罠ではあるが。店の扉をくぐってうろうろしていたら、棚の隅から、「スーパーイントロクイズ ひらめきどん」なる昔の電源不要ゲームを発見。そのシステムたるやバカバカしいにもほどがあるものであった。しかも、二回遊べるようなシステムではない。「380円」という、いかにも孔明が設定したような罠に、罠と知りつつハマってしまう。わたしのストライクゾーンのど真ん中なゲームなんだよなあ。いいのかこんな散財ばかりして……。

     アパートに戻って、おやつにフランスパンの半分ほどをもぐもぐ。食べながら「謎解きはディナーのあとで」を読む。テレビで軽薄な1時間ミステリドラマを見ている気分だった。毎回、執事が毒舌を吐くのが見せ所であるが、問題は、その毒舌が謎解きとまったく絡んでいないことなのだ。例えば第一短編「殺人現場では靴をお脱ぎください」で、「お嬢様はアホでいらっしゃいますか」といったなら、どこがどう『アホ』だったか、その『アホ』な行為とからめて謎解きと有機的に結び付けないと、ただの悪口に過ぎないだろう。テレビドラマだったらインパクトのあるシーンになるかもしれないが、小説だとつまらないギャグだとしかいいようがない。この事件においては、真相には気づかなかったものの、ヒロインの女性刑事も、犯人も、それぞれにおいて「アホ」な行為はなにひとつしていないのだから。やるのなら、「失礼ですが、お嬢様はアホみたいに浮世離れなさっておられます」みたいなことをいわせたほうが、読み手に「この刑事の判断の、どこがどう浮世離れしているのか」を想像させるだけまだマシではと思う。「趣喜堂」の舞ちゃんだったら鼻で笑うところだ。テレビドラマのシノプシスとしてみるのだったら、それなりに達者だし謎解きもしっかりしているのだが。これなら、90年代の新本格のほうが、大馬鹿なトリックを平気で繰り出しているだけ面白いんじゃないだろうか。

     それはそれとして、米の飯を食わなければ食った気にならん。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     豚コマと野菜の煮物(朝の残り)
     かぼちゃ煮付け(3かけ)
     納豆1パック
     トマトジュース(コップ一杯)

    20121116夜リサイズ

     気がついてみると朝よりカロリーがダウンしている内容だな。まあ最近の研究では、夜を少なくしたほうがダイエットにはいいそうだし……。夕食前にフランスパンを半分食べた人間のセリフとは思えないな我ながら。

     計量だ!

     食後計量 75.1kg

     やはりフランスパンはきつかったようだ。寝よう。

     就寝時間 22:30

    11月17日

     起床直後計量:体重 73.8kg

     今日はチーズフォンデュのもとを使って優雅に溶かしチーズとフランスパンの朝食。ふふふちょっとリッチだぜ。食べたりないので卵をフライパンで焼き、目玉焼きめいたものを作ろうとして大失敗する。ポーチド・エッグみたいになてしまた。

     朝食のメニュー
     フランスパン1/2本
     溶かしチーズ 45g
     目玉焼き(卵一個)
     トマトジュース(コップ一杯)
     低温殺菌牛乳500ml
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

    20121117朝リサイズ

     いつものことで実家へ戻る。ロボ(以下略)

    11月18日

     この日も特別書くことはない。どれだけわたしが日ごろたるんでいるかの証拠みたいなものである。

    11月19日

     起床直後計量:体重73.8kg

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(切り干し大根、ゴマ)
     漬物(てっぽう漬け、市販品)
     かぼちゃ煮付け(3かけ)
     納豆1パック
     トマトジュース(コップ一杯)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

    20121119朝リサイズ

     リハビリ施設へ行く。むちゃくちゃ眠い。

     近所の本屋でレンタルコミックを借りる。イカ娘。相変わらずバカで面白い。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     蒸し物(ししゃも、白菜)
     納豆1パック
     漬物(てっぽう漬け、市販品)
     かぼちゃ煮付け(3かけ)
     トマトジュース(コップ一杯)

    20121119夜リサイズ

     食後計量:体重 76.1kg

     うわあああああ。

    11月20日

     起床直後計量:体重 74.3kg

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     蒸し物(塩鮭、白菜)
     かぼちゃ煮付け(3かけ)
     漬物(てっぽう漬け(市販品))
     納豆1パック
     トマトジュース(コップ一杯)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

    20121120朝リサイズ

     本屋の半額コーナー(これは出版社の厚意により提供されているもので古本ではありません、と書かれていた。たぶんそうなのだろう)に、ナルニア国物語がずらっと並んでいるのに気づく。いかんとはわかっていても……ああ孔明の罠だとわかっていても、思い切り買ってしまう。よく考えたら、これまでの人生で、ナルニア国物語を通して読んだことがないのであった。まあそのうち読むだろう、と買ってすぐ押入れ直行。よくある話である。

     夕食のメニュー
     チャーハン(米飯約〇・四合?、ねぎ1/3本、白菜、卵一個)
     味噌汁(大根)
     漬物(てっぽう漬け(市販品))
     かぼちゃ煮付け(3かけ)
     トマトジュース(コップ一杯)
     牛乳(コップ一杯)

    20121120夜リサイズ

     ゆうしゃ は インスタント チャーハンのもと の つかいかたを おぼえた! ゆうしゃ は レベルが あがった!

     われながら何をやってるんだか。しかしこれにより米びつを空にすることに成功。明日からはしばらくアパートでは米以外のものを食べることにする。

     食後計量:体重 75.0kg

    11月21日

     起床直後計量:体重 73.9kg

     朝食のメニュー
     シリアル
     低温殺菌牛乳
     トマトジュース

    20121121朝リサイズ

     一気に楽になった。実家へ帰り、ロ(以下略)

    11月22日

     起床直後計量:体重 74.3kg

     朝食のメニュー
     シリアル
     牛乳
     目玉焼き(卵一個)

    20121122朝リサイズ

     これでシリアルも牛乳も卵も完食。残るのは野菜だけだが……リハビリ施設でのリハビリが終わったら、無視して実家へ帰ることに。

     これから楽しい連休だ! 週末には合宿だ! さてとロボ・ウォーズに精を出すか。出さなくていいか。

    11月23日

     合宿のために荷物をまとめる。電車の中で読むために、でっかい認知言語学のハードカバーを抱えていく。重くはないけれど邪魔になるなあとほほ。

     合間を縫ってロボ、じゃなかったブログの更新に励む。

    11月24日

     湯河原温泉でのゲーム研究会合宿へ出発。どかどかゲームを持っていく。ゲームファンの宿命である。まず食欲に任せて駅の立ち食いで月見そばを食べる。すでにここから勝負は始まっているのだ。

     電車の中でひたすら認知言語学の本を読んで過ごす。まあ、分厚いハードカバーだとはいっても、要するに入門書というか教科書であるから、すらすら読める。いろいろと勉強になる。というか、小説を書き始めてからこの本を読むなんて、泥縄というもひどいんじゃないのか?

     川崎で降りる。待ち合わせ場所は駅ビルである。不意打ちを食らう。ビルの一階に、丸善があるではないか。待ち合わせ時間までふらふらしつつスピノザ「国家論」を買う。読みたかったのだ。

     宿へ。宿泊費を払い、風呂へ入り、飯を食う。カツ丼。味噌汁。ついでにソフトクリームまで頼んでしまう。余は満腹じゃ。満足してからサークルの先輩と「龍虎三国志」をプレイする。ふつう多人数でプレイする三国志を、「二人」でやってしまおうというすさまじい代物である。どうなることかと思っていたら、実にうまく三国志のあの世界が再現されていたのに驚く。特に、「敵の軍師の陰謀で同盟国間に不和や裏切りが生じてとんでもないことに」という事態の再現度については、これまでプレイした三国志ものの中でもずば抜けていた。シミュレーションというよりはロールプレイングゲームに近い。曹操と孫権が赤壁の戦いを劉備抜きで行い、曹操が大敗したところで、「もう十分遊んだからいいか」とゲームを終わらせることに。いや、面白かった。

     その後軽いゲームをプレイしてから寝る。

    11月25日

     ぼんやりした頭で起き、寝ぼけながら朝食を食べ、宿をチェックアウト。

     そのまま帰るのもなんなので、サークルの先輩とともに秋葉原と神保町をぶらつくことに。

    「眠いっすね。コーヒーでも入れますか」ファーストキッチンに入ってコーヒーを飲む。

     秋葉原のイエローサブマリンへ。ゲームトレイとカタンカードゲームを買う。やはり危険だゲームショップ。

     神保町の古本屋で、D・ペノーのホイット・ピンチョン捜査官ものの警察小説を4冊買う。やはり危険だ神保町。

     サイゼリヤで昼食にする。シーフードグラタンとセットプチフォッカ、それにドリンクバーで軽い食事。やはり危険……でもないか。

     御茶ノ水駅で先輩と別れた後、そこから田町駅に向かい、参加している映画サークルの、無声映画上映会に滑り込み参加。かかっていたのは1927年度作、ポーラ・ネグリ主演の「帝国ホテル」。パンフレットのストーリーを読んであまりにベタな戦争メロドラマ、いや、愛国心高揚映画ぶりにちとがっかり。

     見る。

     ……面白い映画だった。まさか自分が愛国心高揚映画で涙ぐんでしまうとは思わなかった。これじゃ今の日本でプロパガンダ映画がかかっても容易に涙ぐんでしまうに違いない。気をつけよう。でもそれを抜いても面白い映画だった。ハリウッド映画なのだが、監督から主演女優から、ヨーロッパ出身のため、画面はほとんどヨーロッパ映画。重厚なオーストリア帝国の様子が臨場感たっぷりに伝わってくる。加えて俳優陣も熱演し、これがまたもうあなた。

     たっぷり楽しんでから、ファーストフード店に寄ってフィッシュバーガーを食べて帰途に。いいのかこんなに浪費して。それにしても楽しかった。

     体重? 量れんよ、こわくて……。

    11月26日

     もろもろの理由で実家で朝食を食べてからリハビリ施設へ行く。買い逃していた「ライオンと魔女」を、ハードカバーで買い、読むものもないのでスーパーの休憩コーナーで、カップ式自動販売機で淹れたココアを飲みつつ優雅に……なんだこれは。ムチャクチャおもしろいではないか。どきどきしながら読み進めてしまった。でもこれは、小説だから面白いんだろうな。現実世界であのアスランの演技ができるライオンがいたら顔を拝みたい。だから映画は見ない、と。

     知人数名とカタンカードゲームをプレイ。やはりいい意味でいやらしいゲームだ。壮絶な街道の奪い合いと騎士の奪い合い。カタンじゃあないけれどカタンらしい。いいゲームである。

     もろもろの理由で実家に帰宅。要するに、次の日には遠出して別な病院へ行くからだが。

     遅くまでパソコンと戯れる。

    11月27日

     「カスピアン王子のつのぶえ」を持って病院に。順番を待っている間、手に汗握ってはらはらしながらひたすら読む。リーピチープ、なんというかっこいいやつだ。ネズミにしておくには惜しい。まあネズミだからかっこいいというのもあるが。

     とりあえず薬で様子を見ましょうということになり帰る。帰りがけに昼食に立ち寄ったショッピングモールの本屋で「シャーロック・ホームズ」の下巻を買う。この上下巻で「緋色の研究」から「最後のあいさつ」「シャーロック・ホームズの事件簿」まで全編揃うのだから洋書の古典は安い。日本とバンタムブックス、どっちがあこぎな商売をしているのかは知らないが。

     帰ってきてからパソコンと戯れる。最近ショートショートを書いていないので腕がむずむずしており、ブログの更新にはちょっとどいてもらってショートショートを書いてしまう。原稿用紙五枚で結末まで書ける話はやっぱり書いていて楽しい。コンスタントに書いていこうか。

    11月28日

     もろもろの理由で朝食も実家で。食後ひさしぶりにアパートへ帰り、掃除に片付けに……恐怖の家計簿つけ。じぶんの浪費ぶりを見て深く反省。悪銭身につかずとはよくいったもんだなあ。とりあえず、倹約にはげんで収支をプラスに持っていくことに決める。みんな世界経済が悪いんや。

     もろもろの理由で実家へ帰り、パソコンと戯れる。ショートショートのアイデアが湧くんだよなこんなときって。教育問題ネタでショートショートを書く。アイデアとオチはなかなかのものだと思うのだが、いまいちパンチが足りないんだよなあ。考える必要がありそうだ。

     夕食を食べて風呂に入った後、アパートに帰りかぼちゃと鶏レバーを煮る。かぼちゃは100g18円という、これ食べてほんとに大丈夫なのか、という値段だった。いちばん安い1/4カット69円というものを買ってきたが、えらく食べでがありそうだ。それよりも、これをさらにカットするのはひと苦労だった。レバーは氷水にさらして血抜きをしたが、うーん、これでいいのだろうか。どちらもめんつゆで煮た後、タッパに入れて明日のおかずに。

     寝る前にブログを更新しようと思ったが果たせず。翌日に回す。無念。

    11月29日

     起床時間 7:00

     半睡半覚醒で朝食の準備。それでもこうして写真を撮れたから落ち着いてはいたのだろう。

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     鶏レバーの炒め煮
     かぼちゃ煮付け(3かけ)
     納豆1パック
     トマトジュース(コップ一杯)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

    20121129朝リサイズ

     がつがつと食らう。まあわたしにしては上出来なほうか。大根が古いが……あたりはしないだろうきっと。

     洗濯を忘れていたことに気づく。洗濯機を回す。待っている間に時間が過ぎ、リハビリ施設に大遅刻する。ぜんぜん成長していない。とほほ。

     スーパーでスポーツドリンクを飲む。飲んでいるうちに気が滅入ってくる。

     午後のほとんどは気が滅入ったまますごす。リュックを探したが頓服がない。どこかへ忘れてきたらしい。自分の馬鹿さかげんにさらに気が滅入る。

     もしも人が機械人形だったなら
     苦しむことなくばらばらになれるのでしょうか
     神様は人を作ったけれど
     人はあまりにも機械人形に似ていたので
     どう苦しいのかもわからない神様は
     気楽に死へと追いやれるのでしょう

     などとぶつぶつとつぶやきながら午後を過ごす。だめだわたし。アパートに帰って頓服を探すが見当たらない。これはあれだ、実家に忘れてきたか、または旅先で忘れてきたのだ。どうしようもない。

     アパートへ帰ってきても気が晴れない。こういうときはあれだ。代替薬はあれしかない。というわけで、パンの耳をオーブントースターで焼き、ママレードをたっぷり塗ってかじる。人心地がつく。豆腐屋のトラックから豆腐を一丁買うとさらに人心地がつく。落ち着いたところでブログの更新。更新したところで夕食の支度にとりかかる。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     湯豆腐(豆腐半丁、白菜、塩鱈、ねぎ、味ぽん、昆布)
     かぼちゃ煮付け(4かけ)
     トマトジュース(コップ一杯)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

     腹が減っていたのだろうか、食べるのに夢中になって写真を撮り忘れる。おろか。

     食後計量:75.0kg

     就寝時間 22:00

    11月30日

     起床時間 7:50

     あれだけ寝たのにまだ眠い……などと思っていたら、冷厳なる事実の前に、「やる気」がことごとく失せてくるのを感じる。

    「ご飯が無いチンゲール!」

     いや、米はあるのだが、電気炊飯器にセットし忘れたという。パンにしようか、だがそれだと、スタンバっている豆腐はどうなる。もう封を開けてしまったぞ。熟慮の末、今の時間から炊きなおすことにする。重い決断である。大遅刻、すでにここで確定。とほほ。とほほといっていてもしかたがないので、布団を畳んで味噌汁を作ることにする。あっその前に計量だ。

     起床直後計量:体重 74.0kg

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     レバー炒め煮
     かぼちゃ煮付け(2かけ)
     冷奴(豆腐半丁)
     納豆1パック
     トマトジュース(コップ一杯)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

    20121130朝リサイズ

     この中で事実上「調理」の必要があるのは味噌汁だけ、そうでなかったら調理だけで死んでいる。そそくさと食べて皿を大急ぎで洗い、リハビリ施設へ着いたときにはやはり大遅刻。だめだわたし。とほほほ。

     リハビリ施設にたどり着いたとたん、再び眠気が襲ってくる。かくして午前中はひたすら死んだように眠る。どこまでもだめな男である。もっとも、これで耐えられるようだったら病人でもなんでもないが。

     昼食の後でまた眠り、半分うつらうつらしたまま午後を過ごす。ようやく頭が回転してきて、スーパーへ行ってフランスパンと溶かしチーズとコロッケを買ってくる。フランスパンを買ったらパンの耳もくれた。儲け。

     アパートへたどり着き、なんか身体に力が入らないのでパンの耳をこんがり焼いて、ママレードをつけてさくさくと。とりあえずほっとする。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(大根)
     コロッケ一個
     レバー炒め煮
     かぼちゃ煮付け(3かけ)
     納豆1パック
     トマトジュース(コップ一杯)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)

    20121130夜リサイズ

     ショートショートの賞への応募を勧められたので、夕食後その気になって書く。普通だったら推敲を何度もやるところだが、それをやっているときりがなさそうなので、「兵は拙速を尊ぶ」とばかりに、明日、実家に帰り次第に投稿してしまうことにする。いいのかこんなことで。お暇なかたはpixivで「ブリッツ」の投稿小説をごらんください。「ひとりごと」というタイトルであります。

     そんなこんなで気がつけば22時だ。寝ることにする。その前に計量しなければ。

     就寝前計量:体重 75.3kg

     うっ……。聞こえない聞こえないアーアー。かくして11月も終わる。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【断片112「防衛省?」】へ  【エドさんと緑の森の家・12月2日】へ

    ~ Comment ~

    こんにちわ^^

    ご訪問ありがとうございました^^ 「お囃子つきインディ・ジョーンズのテーマ」が聞こえる気がして爆笑しました。ひょおっかあん、という的確な擬音語がツボでした。私は最近ハリソン・フォード主演の「パトリオット・ゲーム」を見て、ハリソンの真面目さを見直しました。彼のいつも深刻っぽい顔つきがまた能っぽくていいかもしれません(爆)

    「謎解きはディナーの」そうですね、本編の展開に関わりのない、その場かぎりの笑いを追求してはいけないんだ…というのは、私は最近になって『平清盛』を見て気づきました(あのドラマの第一部、第二部にはその傾向が顕著でした)ホームズの原作など、全く無駄がないのに面白いですものね。

    そしてライオンと魔女! 私もドキドキしながら読みました。古典はやっぱりいいですね^^

    Re: しのぶもじずりさん

    >カーマスートラ

    興味はあるけど彼女がおらへん。(^_^;)

    Re: 矢端想さん

    本当だったらカセットコンロを使って熱々のところを食べたいのですが、火事が怖くてねえ……。

    とろろ昆布やおぼろ昆布はあまり好みではないです。ちときつい味がする。

    学生時代は一人鍋といったら水炊きかもつ鍋でした。たまにやろうかなとも思いますが、予算が(^_^;)

    しかし、尿酸値ですか。痛風とはつらいですね……。

    インド哲学にひっかっかったのなら、せっかくですから、カーマスートラにでもはまってみては?
    元気が出るかも。

    こうしてビジュアル化されるとわかりやすい(生々しい?)ですね。
    なかなかゴージャスな食卓ではないですか。

    湯豆腐にはやっぱりとろろ昆布でしょう。
    学生時代は冬に炬燵でひとり鍋の湯豆腐つつきながら熱燗ちびちびやるのが至福でありました。膝にギターおいて適当な音鳴らしながら。当時は昆布ダシにポン酢だけの「プレーン湯豆腐」でしたが。

    私は一人暮らしだとどうしても定食系ではなく酒のアテ系の食事になってしまいます。主従が逆というか。スーパーのいっぱい入って安い冷凍の焼き鳥とか、いっぱい入って安い冷凍の餃子とか大好きで。ほっといたらいくらでも偏った食生活になってしまいます。それでも今ほぼパーフェクトな健康体なのが不思議だ(尿酸値だけは薬で抑えているけど)。

    Re: LandMさん

    カロリー計算はやり始めるとハマりますからやめました。かわりにバランスには気を付けているつもりですが(←とどの口が言う(笑))

    私は結構カロリーを計算して食べていますからね。この時期は夕食は湯豆腐オンリーとかもよくありましたね。
    必要な栄養素をある程度摂取していたら、夕食はおまけみたいなものでいいですからね。・・・というダメな考え方です。もっとも、体調管理も大切ですが。お身体気をつけてくださいませ。

    Re: レバニラさん

    うまそうです。やってみよっと。その前に、梅安シリーズ読み直さないとなあ。

    自分は「仕掛人・藤枝梅安」に出てきた大根と油揚げを鶏ガラで煮た物が好きでした・・・
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【断片112「防衛省?」】へ
    • 【エドさんと緑の森の家・12月2日】へ