FC2ブログ

    「ナイトメアハンター桐野(二次創作長編小説シリーズ)」
    2 闇は千の目をもつ(完結)

    闇は千の目をもつ 12-4

     ←闇は千の目をもつ 12-3 →闇は千の目をもつ 13-1
     臥せっている高宮秋子の枕元に座布団を持ってきて、そこに正座した。別にあぐらでもよかったが、それではサマにならない。
     不安でなかったかといわれれば、それはもちろん不安だった。不安材料は先に島田春江に列挙した理由ばかりではなく、他にもあった。
     わたしは鈴木道徳と遭遇するのが怖かったのだ。
     ペストに高宮秋子とつながった以上、鈴木道徳の介在を認めないというのは筋が通らない。やつは、死んだわけでも退場したわけでもないのだ。夢の世界に身を潜め、しっかりとわたしたちを狙っているに違いない。それが鈴木道徳自身の意思なのか、または取り憑いた夢魔の意思なのかは判断のしようがないが。
     夢魔を狩るという行為に、自分の中の問題はなかった。わたしが恐れていたのは、そういった倫理的な問題ではなかった。
     わたしが完全な体調だったあのときでさえ、鈴木道徳をどうにかするのにあれだけ手こずった以上、精神力も回復しておらず体調もよいとはいえない今の状態で、はたしてどれほどのことが自分にできるのかという即物的な問題だった。
     正直、精神的に死ぬかもしれないとまで思った。戦いによって、精神力を一定限度まで削られてしまったナイトメア・ハンターは、肉体的には死ぬことはないが精神的には回復不能な狂気の闇に沈み込むことを、わたしは外部から精神に刻み込まれた記憶によって理解していた。
     普通だったら、ここは精神力の回復を待ち、体調を全快させてから夢に入るというのが常道というものだろう。
     わたしにそれをさせなかったのは、臥せった高宮秋子と、それを心配そうに見守る島田春江の存在だった。特に、島田春江の存在は大きかった。研修医時代にいろいろと親切にしてもらい、あるときには身の上相談のようなことにまで乗ってもらえたという事実が、わたしに夢に入らないという選択肢を取らせなかった。
     わたしは目をつぶった。
     睡眠導入剤を使う必要がなかったのはありがたかったが、それでもはたして高宮秋子が夢を見ているのかという問題はあった。夢に入るには、相手が眠っていないと無理なのは当然の話である。
     まあいい。挑戦してみればわかることだ。考えていても仕方がない。
     わたしは頭の中にいつものように青い正六角形を思い描いた。右に六十度回転させ、色を緑に変える。さらに六十度回転させて色を黄色に。六十度回転、オレンジ。六十度回転、赤。……紫、また青……。
     回転が最高潮に達し、色が混ざり合って白色となったその一瞬……。
     わたしは夢に入った。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【闇は千の目をもつ 12-3】へ  【闇は千の目をもつ 13-1】へ

    ~ Comment ~

    Re: 有村司さん

    道徳さんというひとはほんとにかわいそうな人で……。

    そろそろだいたい半分というところでしょうか?

    むぐぐ。

    おはようございます

    桐野先生、決死の覚悟…とまではいかないでしょうが、相当なリスクを背負って夢に入る決心をなさったようですね。

    自分の研究と説を夢で叶えよう、証明しようとしている残留思念道徳さん…?

    何にしてもすごく厄介そうです…桐野先生ファイト!!

    >佐槻勇斗さん

    いや、絶対、夢は見ていますよ。
    見ても忘れてしまうだけです。
    たぶんわたしの小説よりも数倍は面白い内容だったかと……(^^;)

    あらまあ(^ω^;)
    大好きな夢の中を12話では見ることが出来ませんでしたね。ざんねん。
    夢といえば、最近夢なんて見てないなーとふと思いました。

    どうしても小さい店なんかはつぶれてしまうのですよね。シャッター通りとか言うんですか?? 
    やはり大型店には敵わないのだ……田舎の小さな商店街なんてorz
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【闇は千の目をもつ 12-3】へ
    • 【闇は千の目をもつ 13-1】へ