昔話シリーズ(掌編)

    魔法のブーツの昔話

     ←サービス →信じなくともよいのだぞ?
     昔、昔、神々の山のふもとに、老いた靴作りの神と、その弟子の小神が小屋を作って暮らしておりました。靴作りの神には美しい娘がおり、弟子の小神と、互いに好き合うておりました。靴作りの神も、弟子の真面目な働きぶりをまことに気に入っておりましたので、ゆくゆくはふたりをめあわせてやろうと考えておりました。

     こうして幸せに暮らしていた三人の神のもとへ、ある日山頂近くより美の神がやって来ました。

     美の神は、靴を作ってもらうつもりでありましたが、靴作りの神の美しい娘を見ると、自分の嫁にせよと靴作りの老神に迫りました。位階のうえでは美の神に及ばなかったものの、娘をこの神と引き合わせれば、他の女神たちと同様、弄ばれて捨てられるだけだ、と悟るだけの賢明さはあった靴作りの神は、首を横に振って拒絶しました。

     美の神は烈火のごとく怒り、靴作りの神をののしれるだけののしると、靴作りで勝負しようといいました。自分が勝ったら、娘をよこせというのです。

    「負けたら?」

    「この山の頂近く、自分の神殿のさらに上に、お前の神殿を建ててやる!」

    「いいだろう」

    「いいな! 靴をたくさん、民人に売ったほうが勝ちだぞ!」

     そう叫ぶと、美の神は頼れる友を頼って、山の頂へと登って行きました。

     どうしましょう、と不安がる弟子に、靴作りの神は微笑みました。

    「ふもとで暮らして長いわれらに比べ、あの神は商売というものをわかっておらん。まあ見ておけ」

     山頂近くの神殿で、美の神は友達の力を借り、究極の靴の製作に取りかかりました。それは優美さと実用性とを兼ね備えた魔法のブーツで、一度履くと二度と脱げなくなってしまうのでした。

     これならあの老いぼれに負けるわけがない、意気揚々と下界に降りてきた美の神は、魔法のブーツを売り始めました。ブーツは飛ぶように売れました。美の神は、満足しきって神々の山に帰りました。

    「よし、行くぞ、弟子よ」

     美の神が帰ったのを見計らうと、靴作りの神と弟子は、山のような靴を担いで下界に降りました。

     人々が寄ってきました。

    「爺さん、それ、なんだい?」

     美の神のブーツを履いた男が尋ねました。

    「靴じゃよ。靴の上に履く靴じゃ。この靴を履くと、そのブーツが、とてもとても魅力的に見えるうえに、履き心地もさらによくなる。しかも、いくつもあるので、履き替えもおしゃれも自由自在じゃ。……ほれ。押すな。押すでない。靴は、まだまだたっぷりあるぞ……」

     翌日、勝負の結果を見に、神々が山を降りてきました。勝敗は誰の目にも明らかでした。靴作りの神の完勝で、美の神は大いに面目を失いました。

     約束通り、美の神は靴作りの神のために神殿を作らねばなりませんでした。いや、もう、靴作りの神ではありません。神々の王の裁定により、靴作りの神は、新たに『商売の神』になったからです。

     靴作りの神の座は、真面目なのが取り得の弟子が跡を継ぎました。そして娘と契りを交わし、靴を作りながら仲むつまじく暮らしたそうです。

     めでたし、めでたし。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【サービス】へ  【信じなくともよいのだぞ?】へ

    ~ Comment ~

    Re: kyoroさん

    目指せ松下幸之助ですね。

    日本の未来は子供たちにかかっていますし。

    でもその前に、誰か絵本にしてくれる人~(^_^;)

    こんにちは

    弱いものでも頭を使えば勝てる。
    こんな話は子に読んで聞かせてあげたいものです
    絵本になるといいなぁ

    Re: 名無しさん

    商売をするには人の心理の底を読むのが大事……なのかもしれません。

    それを考えると、やっぱりわたしには商売は向いてないみたいです(^^;)

    Re: ダメ子さん

    二次創作でも売れないものは本当に売れないんだお。(^^;)

    アイデア商品

    アイデアでおおもうけするカリスマ主婦が、頭をよぎりました。美の神さまはさすがにいいの作り増すが、芸術性ばかり
    頭が行き勝ちで、そこから派生させて考えるのが苦手そうです。大体のクリエイターが当てはまりそうな罠ですよねこれ。

    オリジナルより二次創作の方が人気だったりとか…

    Re: 面白半分さん

    「優れたものをひとつ」作るよりも、「手軽なものをたくさん」作ったほうが儲かる、ということで……。

    わたし小説書くよりベンチャー企業を立ち上げたほうが出世したのかなあ(そして三ヶ月で潰れる(笑))

    Re: 山西 左紀さん

    商才なんかありません(^^;)

    思いつきはあったとしても完全にアイデア倒れです(^^;)

    それはわたしの同人誌の売り上げが何よりも雄弁に語っています(^^;)

    商売をやっていたら確実に破産してますよ(笑)

    めでたく終わってホッとしました。

    モノ作りよりも転がすほうが利益が大きいという話ですね。
    (↑違うな)

    めでたしめでたし……って
    ポールさんって希少鉱物小惑星のお話とか商才がありますね。
    こういうお話大好きです。
    ハッピーエンドだし。

    Re: 矢端想さん

    えっ、わたしは「赤い靴」からヒントを得てですね(大ウソ)

    しかし商売というのも奥が深いですなあ。

    わかります。「魔法の黄色いブーツ」ですね。(若い人にゃわからないか)

    裸足族の島に流れ着いた二人の靴のセールスマンの寓話を思い出しました。マーケティング論の話ですね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【サービス】へ
    • 【信じなくともよいのだぞ?】へ