幻想帝国の崩壊(遠未来長編SF・完結)

    断片118「准教授がなにをいっているのか」

     ←断片117「スパゲティが敵に見えた」 →証拠
     准教授がなにをいっているのか続由美子は真意をつかみ損ねた。

    「走らせられないなんて、現にあのスパコンでSELは走っているじゃないですか!」

    「そう考えてくれたのなら、われわれも予算を使った甲斐があった」

    「予算って……あれを一台買うのにどれだけすると思ってるんですか!」

     続由美子の叫びに、中島准教授は簡単に答えた。

    「はした金だ」

    「はした金って……」

     なおもいいつのろうとした続由美子は、相手が話しているのは国家予算だということに気づいて口をつぐんだ。

    「たしかに、きみの身体に将来生じるであろう癌細胞と、将来的にそこから抽出できるだろう加工しやすく培養させやすいIPS細胞は重要な戦略物資であり技術だが……きみは言語学者としてSELをどう思う?」

    「SELですか。もうわけがわからない、というのが正直なところです。なぜ、あんな人工言語が吐き出した文を、准教授みたいな人が巫女の託宣みたいにありがたがって聞いているのか、さっぱりわかりません」

    「あの出力された内容を、真実とみなしていい証拠はある」

    「どこにそんな証拠があるんですか」

    「すぐに見せてやれるから、安心したまえ」

    「……すぐに? 見せる?」

     ついていけない。そんな表情を浮かべてしまったのか、中島准教授は苦笑して続由美子にいった。

    「わたしがいったのは文字通りの意味だ。百聞は一見にしかずというやつだよ」

     エレベーターの扉が開いた。

     そこは、巨大な竪穴への入り口だった。むっとくる地下の高温に、続由美子はくらっと来るものを感じた。

    「シェールオイルの掘削実験の途上で発見された竪穴だ。そこでわれわれは、シェールオイル以上の戦略物資を掘り当ててしまったんだ。もっと近くで見たほうがいいんじゃないかな?」

     いわれるまでもなかった。ライトがあってもまだ薄暗い中を、続由美子は竪穴の中央へとゆっくりと歩いていった。

     そこには、小山のようななにかがあった。生物とも岩石とも金属ともつかない堆積物の巨大な山。そこからは、無数のケーブルが延びていた。

    「これは……いったい?」

    「われわれは、『情報媒体』と呼んでいる。こいつを素子と呼んだらいいのか、どうかすらわからないのだ。ただわかっているのは、こいつのかけらひとつには、われわれが所持する最高の超LSIとは桁違いの量の情報が詰め込めるということだよ」

     続由美子はあえぐだけだった。息が苦しい。

    「われわれはこの情報媒体を使って、生体コンピュータの雛形を作った。このコンピュータを組み上げるのもひと苦労だったが、もっと苦労したのは、そのコンピュータに走らせる言語を組み上げることだった」

    「それが……SEL?」

     続由美子の問いに、中島准教授は首を振った。

    「SELは単なるプロトタイプにすぎない。それでも走らせるふりをさせるのにすらあんなスパコンが必要だった。この生体コンピュータで走っている言語は、SELがもとになってはいるが、もっと複雑で貪欲に自己を再構成、再合成してしまう。われわれは、それを超多様膨張言語、Super Various Expansioned Languageと呼んでいる。略語は、わかるな?」

    「SVEL……SVELですって!」

    「そう。われわれはその言語を、スヴェル、と呼んでいるのだ」
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【断片117「スパゲティが敵に見えた」】へ  【証拠】へ

    ~ Comment ~

    Re: 鍵コメさん

    そこらへんはまた後で整理します。それにしても我ながらややこしい話を書いているもんだなあ(^^;)

    これからまた話がこんぐらかりますのでよろしく(よろしくじゃないって(^^;))

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: 矢端想さん

    ドヤ顔(^^)

    の割には反響が少なくてちょっとがっかりもしていたりする(^^;)

    なあるほど。
    「SEL」と「スヴェル」の関係まではまったく想像が及ばなかったなー。

    ・・・こいつはますます目が離せないぞ!!
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【断片117「スパゲティが敵に見えた」】へ
    • 【証拠】へ