「紅探偵事務所事件ファイル」
    雑記録ファイル

    証拠

     ←断片118「准教授がなにをいっているのか」 →断片213「詩人は古の歌を聞いていた」
     おれは最新型のサイクロン式掃除機と、大手掃除会社御用達の使い捨て雑巾、それに大量の洗剤とアルコールで、部屋の大掃除にかかった。

     別に、おれの部屋が汚いというわけではない。どちらかといえば、おれの部屋はきれいなものであるほうに分類されるだろう。だがしかし、おれには、どうしても部屋をゴミはおろか塵ひとつないぴかぴかの状態に磨き上げておく必要があったのだ。

     その理由は、ここから百キロメートルは離れた山中に埋まっていた。名義上のおれの父親である。むろんのこと、すでに息はしていない。死んで埋まってもらう必要があったのは、おれがその莫大な財産の一部をいただくためだった。海外から帰ってきた、品行方正以外なにもとりえのない妹に比べれば極端な放蕩者であるおれに対する分与など、遺言書からはすでに削られていることは前々からことあるごとにいわれていたが、ありがたいことに、法律では親族には最低限の取り分が保証されているのだ。パイがじゅうぶんに大きければ、かけらもそれに比して大きくなるというのは自明なことだ。

     さて、おれもすぐに遺産がもらえると思うほどバカではない。七年間、ゆっくりと時を待つつもりだった。知っているとは思うが、死体さえ発見されなければ、人間が行方をくらましてから死亡が認定されるまで七年かかる。それはたしかにマイナスの面もあったが、プラスの面もあった。つまりだ。単なる失踪事件のそれと、殺人のそれとを比較すれば、警察の初動捜査には天と地の開きがあるということなのだ。

     誰にも見られない隙をついて、おれはあの父親を略取すなわち暴力をもって自分のマンションへ連れ込んだ。人間、背中にナイフを押し当てれば、後はロボットみたいに動くものだ。あらかじめビニールシートを引いていたマンションで、おれはすぐに父親を殺した。使ったものは鈍器だ。正確には穴を開けたバレーボールに詰め込めるだけ詰め込んだ、大量の硬貨である。死体が発見されても、警察にはなにを使ったのかはわかるまい。バレーボールもなにもかも、すぐにゴミに出してしまうつもりだし、硬貨は山から帰ってくる途中でコンビニをはしごし、小分けして募金箱に入れてきた。わざとアリバイ工作などは行わなかった。そんなことをして、目をつけられてしまったらどうするんだ。

     その代わりに心血を注いだのが、「物証」の抹消である。死体の輸送に使ったランクルは、キーを抜いたうえで二十四時間駐車場にわざと置いてきた。人気の車種のため、今頃は勤勉な外国人によりばらされてウラジオストックあたりへ行っていることだろう。父親を殺したときに着ていた洋服やその他、手がかりになりそうなものはことごとくユニクロで買ったどこにでもあるものだし、どのみちそれらもゴミ捨て場行きだ。警察が本格的な調査に乗り出す前のタイムラグに、おれはこのマンションから、殺人に関わった物的証拠は微粒子ひとつ残さず処分してしまうつもりだった。



    「……そんな用心深いお前さんが、どうしてこんなところにいるんだい」

     おれは刑務所の雑居房で、トイレの隣にござを敷いて座っていた。

    「妹が、父親がいなくなってすぐに私立探偵を雇ったんだ。私立探偵は、まず真っ先におれのマンションへ来ると、おれが夜遅くに大掃除のようなことをしていることに気づいた。捜査令状を持った警官がおれのマンションへやってきて、にこにこしながらおれの掃除機とゴミ袋とその他いっさいがっさいを押収したのはその直後だった。後は鑑識の仕事だったそうだ。おれになにができたっていうんだ」

    「でも、一介の私立探偵に、そこまで警察が動かせるものなのか?」

     同房の空き巣狙いが聞いた。おれは首を振った。

    「わからん。そもそも、妹は海外留学を終えて帰国したばかりで、私立探偵なんかにコネがあるとは思えないんだ。ヨーロッパのお嬢様学校だぞ。お友達だとかいっていたが、警察も一目置くような私立探偵の友達が、そんなお嬢様学校にいるだなんて反則だ」

    「なんて探偵なんだ?」

    「たしか……『紅探偵事務所』とかいっていたが……」
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【断片118「准教授がなにをいっているのか」】へ  【断片213「詩人は古の歌を聞いていた」】へ

    ~ Comment ~

    Re: 小説と軽小説の人さん

    いろいろと考えてはいるんだけれど妄想の域を出ない、という……(^^;)

    大学のころからのつきあいなのでもっと冒険譚を書きたいんですけど、なかなかうまく書けません。本格ミステリムズカシス。

    紅探偵と最後に書かれていて、「?」となったのですが、シリーズ物だと知り、過去作品を読んで納得しました。

    バレーボールに硬貨を……の辺りで、くすりと笑い、ほほうと感嘆。

    次回も匂わせる終わらせ方でしたね。
    • #9767 小説と軽小説の人 
    • URL 
    • 2013.01/14 20:22 
    •  ▲EntryTop 

    Re: らすさん

    実はこれ、シリーズ物の一作でして、主人公の探偵である紅恵美ちゃんの生い立ちその他はほかの作品内で語られています。

    いちおうこちらにはこれを含めて五作ほどUPしてあります。目次のURLがこちら。


    http://crfragment.blog81.fc2.com/blog-category-23.html

    短い作品ばかりですのでお暇があればどうかご一読ください(^^)

    こんばんは(^_^)

    面白いですね~
    殺人事件の犯人視点で完全犯罪までの経緯が語られていくのかと思いきや、
    実は捕まっちゃってたんですね~

    犯人の妹の直感も鋭いですが、
    彼女が雇った探偵もヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ!

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【断片118「准教授がなにをいっているのか」】へ
    • 【断片213「詩人は古の歌を聞いていた」】へ