FC2ブログ

    「ナイトメアハンター桐野(二次創作長編小説シリーズ)」
    2 闇は千の目をもつ(完結)

    闇は千の目をもつ 13-4

     ←闇は千の目をもつ 13-3 →闇は千の目をもつ 14-1
     鳥を追っていく間に、森はさらに変化を遂げていた。木々は、すでに原生林のカリカチュアのようになっていた。ふしくれだった太い幹が柱のように乱立する中を、毒々しい色の草花がなにかの信号を思わせる形で咲き乱れる。そこに、わたしの行く道が間違っていないと思わせてくれる白骨死体がアクセントをつけ、わたしは自分が悪夢のただ中にいることを理解した。
     どこだ?
     どこにいる?
     わたしは鳥を探した。だが、なかなか見つからない。それもそうだ。あたりは日が差さぬ暗闇に変わっており、空がよく見えなくなっていたからだ。
     常識的に考えれば、そんな中で草花や白骨死体が見えるわけがないのだが、ここはそれ悪夢である。そういうことは、「よくある話」なのだった。
     鳴き声が聞こえた。
     わたしははっとして、その方向に視線を向けた。
     闇の中に、光るものがあった。
     鳥の瞳だ!
     そしてその下には、白骨死体とはその様相を異にする白いなにかが。
     わたしは山刀を物象化させて、道を切り開きながら大急ぎで前進した。
     鳥が鳴いた。
     鳥はふわりと舞い上がると……。
     わたしめがけ舞い降りてきた。
     そのくちばしと鉤爪を見る限りにおいて、友好的意思があるとはまったく感じられなかった。
     わたしは山刀を振り上げた。
     はるか少年のころの昔に読んだ、ジャングルの探検記に書かれていた道具だ。刃渡りは約三十センチメートル。先端が重く作られており、その慣性で薮やら竹やらを次々と伐採していく。普通は先端が四角いのだが、わたしが物象化させたものは、先端が普通の刀のようになっていた。
     たしかに戦闘用の代物ではないが、まあいい。刃もついているし、それでなくても重い金属の棒には違いないのだから、最悪の場合でも鈍器の代わりくらいにはなるだろう。
     わたしは大声を上げながら山刀を振り回した。
     すぐに逃げるかと思ったら、相手の鳥は執拗だった。普通のカラスよりもふた周りくらい大きく、身体に不気味な斑紋がついている。なんという鳥かはわからない。そもそも、現実世界に存在する鳥なのかどうかもわからない。
     わかっているのは、ここでなんとか追い払わないと、高宮秋子も白骨死体の仲間入りをしかねないということだけだ。
     延々と奮闘を続けた結果、ついに鳥は飛び去った。わたしは倒れている高宮秋子とみられる身体のそばに駆け寄った……。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【闇は千の目をもつ 13-3】へ  【闇は千の目をもつ 14-1】へ

    ~ Comment ~

    Re: 有村司さん

    そこいらへんからあなたは虚実の淡い境目へと入っていくのです(^^)

    けっこうここらへんの設定には凝ったつもりであります。

    こんばんは!

    室町時代…というと、日宋、いや、もう日明貿易が始まった頃でしょうか?
    時代はズレますが、戦国末期には、日本人もジャカルタとか「ジャングル・熱帯雨林」のある所に居た筈…うーん馬鹿ですみません。

    もし、日本のペスト流行が現実に起きていたとしたら、海外の移民村での可能性があるかな?と思った次第です。

    それにしても、あの不気味な鳥は何でしょう?「鳥葬」を連想しました。

    >佐槻勇斗さん

    桐野くんはやるときはやる男ですから(^^)
    でもこの後桐野くんにはとんでもないことが起こるのであった(^^)

    すでに秋子の体は嘴につつかれて無惨な姿になっていた―――なんてv(´∀`○)キャ
    桐野先生、全快してないのに刀物象化よくできましたね!
    頑張った!

    ああ、続きが気になる(^ω^)
    また来ます♪
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【闇は千の目をもつ 13-3】へ
    • 【闇は千の目をもつ 14-1】へ